正田佐与の 愛するこの世界

神戸の1位マネジャー育成の研修講師・正田佐与が、「承認と職場」、「よのなかカフェ」などの日常を通じて日本人と仕事の幸福な関係を語ります。現役リーダーたちが「このブログを読んでいればマネジメントがわかる」と絶賛。 現在、心ならずも「アドラー心理学批判」と「『「学力」の経済学』批判」でアクセス急増中。コメントは承認制です

2006年09月

ダーリン42歳。

会社でレイアウトの仕事をしている。この9月にちょっとした部署変えがあったが、もう担当者の仕事はここ1−2年で、あとは育成とか管理の仕事になるという。


私「現物をさわっていると、脳がきいんととがってくる感じになって快感なんだろうね。その感じは管理するがわになるとないだろうね」


夫「そうなんだ、特に締め切り1時間前になると、それまであれこれ考えてたことが、急に整理がついて、こう仕切りにぱたぱたと収まる感じになって。そのときは脳が冴え冴えとするね。スイッチが入る感じ」


私「それって、ほかの人にわかってもらうことはできるのかな」


続きを読む

「『論功行賞人事』とか、『ごほうび人事』っていう言い方、やだなあ」
と、ダーリン。

安部内閣組閣のニュースを見ながら。

「だれかが言い出すとそれに乗っかっちゃうのが、マスコミの悪いところ。実際に自分の政権に楯突くような可能性のある人間を(閣僚に)入れるとしたら、そのことになんのメリットがあるんだろうか」

「たしかに、プロジェクトチームに明らかにやる気のない人とかよそのほうを向いてる人を入れたいとは思わないね」


言いながら、いろんな人のことを思い出した。

続きを読む

日曜は、運動会2連ちゃんの2日目で、5段弁当を作る。

さすがに死ぬ。小学校の校庭に出したテーブルセットに突っ伏して寝ていた。
周りのお父さんお母さん方も、気のせいかヨレヨレしていた。


小学校の運動会は来年で終わる。家族で運動会弁当を囲むのも。

中学の姉ちゃんたちもお昼を小学校に食べにくるので、5段になる。

食べてくれる家族がいるのは、幸せなこと。

イツキの「よさこいソーラン」は、切れの良い踊りだった。初めて本気で手先のすみずみまで神経を行き届かせて踊っているのをみた。



子どもが犠牲になる事件が続く。

子どもたちは、何かを頑張ったり、喜んだり走ったりしてるのに。


続きを読む

娘たちの中学の「体育会」が終わった。

「見ているオレたちがこれだけ楽しかったんだから、
やってる彼女らはもっと楽しかったんだぜ」

とダーリンが言った。


この中学の体育会はとにかく熱くって、
競技1つ残らず「本気」である。
手を抜いているところがない。


娘たちは、棒倒しとか障害物走とかに出て
最後に全校女子のマスゲームに出ていたけど。


みんな全力で踊っていた。家で練習していたわけが良くわかった。

激しく運動量の多い振付は、3年生の実行委員が夏休み中に自分たちで考え、各クラスの体育委員に教えたのだそうだ。続きを読む

ハルカが家の中でしきりと踊っている。

2日後に迫った中学の「体育会」でのダンス。
ふだんタップダンスを習っているせいか、ちょっとプロっぽくメリハリの利いた振りで踊る。

「あんた、かっこいい踊り方するね」

食事のとき言ったら、にこにこっと笑った。

「部活の先輩にもそう言われたのぉ」


学校の外向きのことは万事、一生懸命やる子だから心配はしてないが、家ではぶんむくれてたり抜け殻みたいな顔をしてることが多い子である。こういう顔を見せてくれるのは珍しい。続きを読む

京都から帰ってきました。

PCを開くと嬉しいメール。

COACHING KANSAI 2006の実行委員会こと「チーム・CK」のメンバーである、コーチの古谷友利子さんから、集客に協力してくれそうなお友達―銀座コーチングスクールの講師をしている方だそうだ―を紹介していただいた。また、和歌山の社労士兼コーチの方が申し込んでくださって、この人も古谷さんのご紹介。


ありがたいことです。








続きを読む

京都に来ています。

2日間で8人の経営者さんの体験発表をききます。


初日に前半4人の方の発表をきいたところでは、
例年以上に「人材育成」がキーワードになっています。


そして稲盛塾長は褒めるようになりました。

「すばらしい経営をされている」
「すばらしい才能をお持ちになっている」
・・・


続きを読む

知人から「オルセー展」の案内をもらいました。

今回は印象派中心で、1996年、1999年のオルセー展に続く3部作の集大成、とあります。

ベルト・モリゾの黒目がちの肖像画がじっとこっちを見ています。


前回は7年前だったんだぁ、と遠い目になります。


ハルカとアイは、それでいくと小1と年長さんだったはず。続きを読む

中学の草刈りに行きました。

軍手と鍬をもらって、雑草をがしがし掘り起こしていくと結構快感です。

きのうの雨で土が軟らかく、草むしりはどんどん進みました。


たくさんのお父さん、お母さん方が来て草刈りに参加したので、あっという間に地面の雑草はなくなっていきました。

まわりには鋏や鎌でビオトープの葦や蒲を切っている人がいて、切ったのを受け取ってごみ袋に詰めるのを手伝ったりしました。



鋸を手に、立ち木の枝をどんどん引いて思い切り短くしている小柄な女性がいました。

「今年も木の伸びがよくて。去年も随分切ったんだけど」

よくみるとそれは中学の校長先生でした。続きを読む

中学のPTAの草刈りが延期になり、代わりにウォーキング。


雨はあすから本格化するのだろうか。

9時台の光線の中でピンクの萩が雫を含んで揺れている。


いつのまにか「ナンバ歩きふうウォーキング」のままなのだけれど
歩くペースが速くなった。一周5キロの道のりが10分ほど縮まった。続きを読む

「ねえ、牛乳とって」

弟の声に、「ぶすっ」とした顔で牛乳を押しやる長女・ハルカ。


「ねえ、朝からそんな顔やめてよ。アンタ顔だけで人の気持ちを不愉快にしてるよ」

私が見かねていう。


ますます険のある表情で、とりつくしまのなくなるハルカ。



「今朝こんなことがあってさあ」

ダーリンに話すと、

こんな答えが返ってきた。


続きを読む

「社会人として大事なことは、みんなディズニーランドで教わった」の香取貴信さんのセミナーに行きました。

ホテルトアロードさんの企画。


良かった〜!これは太鼓判もの。

ぜんぶ実体験、自分の失敗談を包み隠さず話し、友達の成功談を話し。


続きを読む

半徹夜明けのあと客先を回る。


このところ良い人との出会いが続いているなあと思う。


続きを読む

午後、螢▲轡奪スの鬼塚喜八郎会長をご訪問。

COACHING KANSAI 2006の基調講演について簡単な打ち合わせをした。

89歳の鬼塚会長は、世界バスケ選手権の実行委員長の仕事を終え、こんどは「のじぎく国体」の副委員長の任に当たられる。


今年2月に肺癌をやられたのだが、めちゃくちゃお元気。顔に艶、声にも張りがある。

続きを読む

ダーリンが中1の二女のアイに勉強を教えている。

アイは数学で初めて「平均点以下」をとってきた。ダーリンが詳しくきいたところ、分数が全然わかっていなかった。


こどものころから、アイは視覚派で、数字をはじめものごとを抽象化して考えるのが苦手。足し算引き算も、昔はいちいち紙に印をかいて、数えておぼえさせた。


そのあとも、算数は要所要所にアイにとっての「つまずきの石」があり、各学年ごとに1回は、親がつきっきりで教える場面がある。

今日は午後2時間半ぐらい、びっちりついて教えていた。続きを読む

きのうは、「部下力―上司を動かす技術」、「なぜ、『できる人』は『できる人』を伸ばさないのか」などの著書のある、吉田典生さんのセミナー「部下力・第二弾」。


20人ほどが集まってワイワイやりながら進んだ。

自分が上司に対してする「貢献」と「批判」、

この2つの切り口を軸に、

「自分ができること」

を考える。

この考え方を取り入れると、組織のピラミッドの下のほうにいる人もパワーアップしそうだ。

もっと大勢でききたかったな〜。吉田さんは段階を追って「ナットク」が構築されるように進め、すごく説得力のあるセミナーだったのに、残念。

あとの懇親会でも吉田さんは丁寧に質問に応じてくれた。
こんど、大阪商工会議所でセミナーをされるそうだ。続きを読む

ある、自治体さんでのシリーズものの研修が終わった。


最後は受講生さんの発案で打ち上げになった。

今までみなさん研修が終わるやいなや、ささっと帰っておられたので、ちょっとびっくり。続きを読む

午前、ある研修のフォローアップ提案。

快く了承していただき、ありがたかった。



新規の研修とコーチングのご依頼やご打診が続けてきた。

税理士さん経由で経営者さんに対するコーチングと、

知人の経営者さんからマネージャーさんについてのご依頼。

信頼していただけるということは、ありがたいこと。



だれでしたっけ、

「教育研修から足を洗いたい・・」

なんて言ってたのは。



続きを読む

秋篠宮紀子さまが出産された。男の子。


紀子さまについては、前はどこか優等生的な感じがして親しみがもてなかったのだが、先日手話で話される場面をTVでみて印象が変わった。

異質な人と懸命にコミュニケーションをとり、理解する努力をするときの顔の表情はほんとに美しい、嘘がない、と思った。たしかこの人は英語も堪能でいらしたような。

それにしても皇室41年ぶりの男の子を産むという「プロジェクトX」。

あの美しくたおやかなお顔の奥にも、プロジェクト魂みたいなものが宿っているのだろうか。

(みる人によっては、打算的とよぶかもしれない)

皇子さまの健やかな成長を祈りたい。続きを読む

こんどは経営者団体の<播磨>の代表世話人のかたに了解をとって、FAXがけをする。

優しい方で、

「私の了解を得てFAXしています、と書いていいですよ」

と言ってくださった。

うえ〜ん。←条件反射でなけそうになります続きを読む

午前、コーチの友人の古谷友利子さんのセミナーに出席。

プレゼンテーションやカラーアナリシスについて、2時間で学ぶ。


自他ともに認める「プレゼン下手」の私。
このところプレゼンづいてはいるが、ずっと相手先様の心優しいご理解に助けられている。

今日の最大の学びは、

「大きな声で話そう」

でした。

「どんな人に惹きつけられる?」

という設問のエクササイズで、

「声の大きい人」

という回答が出ていたから。

今続けているウォーキングで、大きな声になれるかどうかはともかく、自然な発声に役立ったらいいなあ。続きを読む

ほんとに雨が降りました。
鱗雲おそるべし。


今日はおかげで一日過ごしやすい気温でした。

でもお仕事によっては、1日あれもこれも大変だった、という人もいるでしょう。

今日から9月。
続きを読む

このページのトップヘ