正田佐与の 愛するこの世界

神戸の1位マネジャー育成の研修講師・正田佐与が、「承認と職場」、「よのなかカフェ」などの日常を通じて日本人と仕事の幸福な関係を語ります。現役リーダーたちが「このブログを読んでいればマネジメントがわかる」と絶賛。 現在、心ならずも「アドラー心理学批判」と「『「学力」の経済学』批判」でアクセス急増中。コメントは承認制です

2017年02月

認められたい表紙


 ネット時代の「承認欲求」について語らせたら第一人者、Dr.シロクマこと精神科医・熊代亨氏の新著『認められたい』(ヴィレッジブックス、2017年2月28日)が出た。
 表紙の可愛らしい男の子と女の子のイラストの目がまっすぐにこちらを見てくる。(本を読まない時代、「イラスト」の存在は大きいですね。)

 「私は精神科医として、一人のインターネットマニアとして、私自身と他の大勢の人々の『認められたい』気持ちと、その気持ちに引っ張られた人生模様を観察し続けてきました。」
と、熊代氏は書く。
 きわめて大きな切り口だ。ネットで否応なく肥大した承認欲求の観察というのは。
 (アメリカではそれを「ナルシシズム」という文脈で考えているようにみえる)

 わたしはちなみに、承認を長くやっていますがここまで丁寧に「承認欲求」を観察していない。多くの人がそうであるように「承認欲求」の観察というのは気恥ずかしいものだ。自分の奥のほうがくすぐったい感じがする。熊代氏はそれを本書で入念にやっている。自身、精神科の患者さん、そしてネットユーザーと3つの視点で。

 では心に残ったところを抜き書きします。

●承認欲求を持っていない、例外はいるものでしょうか。
 …たとえば統合失調症で長期入院している患者さんのなかには、仙人のような心持で過ごしている人がいなくもないのです。しかし、精神医療の世界でさえそういった人は例外中の例外で、褒められたがりな人にはたくさん遭遇しますが、褒められることに興味の無い人は非常に少ないのです。

●何かを学びたい・身に付けたいと思った時、承認欲求を充たせるか否かはとても重要です。

●承認欲求の時代がやってきた。企業の雇用も流動化する現代には、滅私奉公を良しとする所属欲求の強い心理よりは、他人から褒められたり評価されたりしてモチベーションを獲得するような、承認欲求の強い心理のほうが都合がよかったとは言えるでしょう。

●ネットでいかにも承認欲求を充たしたくて頑張っている人。なにか気の利いた事を書いて「いいね」や「リツイート」を集めたがっているツイッターアカウント、グルメや観光地の写真をせっせとアップロードして「いいね」をもらいたがているFacebookアカウント。ユーザーの褒められたい欲求を充たしやすく、刺激しやすいようなシステム上の工夫。

●変化は2000年代の中ごろから。ネットコミュニケーションは匿名アカウントから個人のアカウントへ。

●情報の真偽には注意を払わない。大半の人は自分がどれだけ褒められ、他人にどんな風に評価されるのかに心を奪われながら使っているのではないでしょうか。


――「承認欲求」の「レベルが高い人」と「レベルの低い人」がいる、と熊代氏。

●レベルの低い人の事例1。始終認められたい、評価されたい。「認められなければならない」があらゆる人間関係に付きまとっていて、身も心も休まる時間がありません。

●レベルの低い人の事例2。大学で演劇部にのめりこみ、次いでオンラインゲームにのめりこんで、そこで目立てるからやめられなくなり、留年確定。

●「承認欲求は貯められない」。この点でお金より食欲に似ている。いっぺんに沢山充たしても定期的に充たさなければ、じきに飢えてしまう。また注目や承認を繰り返していると、充足感を実感するためのハードルが高くなってしまいがち。

――食欲の比喩はまた出てきましたね

●承認欲求が低レベルな人の類型。1)自分の承認欲求しか意識していない人 2)承認欲求が強すぎる人 3)褒められ慣れていない人 4)褒められどころの“目利き”が下手な人 5)承認欲求が承認義務になってしまっている人。

――こうした類型を知っておくと、実際にそうした人に遭遇したときに役に立つ。本書では熊代氏独自の類型が多数でてくるが、その思考の緻密さに驚く。

●承認欲求を充たすにはどうしたらいいか。オンラインゲームに時間をつぎこむ、Youtube等で肌をさらす、ホストクラブやキャバクラに行く。そうした充たし方は代償が大きすぎ、お勧めしない。

●承認欲求の充たし方が上手な人は、「褒めたり評価してくれる人にきちんと“お返し”をする」能力に長けている。40代〜50代の人たちにはこういう人がゴロゴロいる。

――うちの受講生さん方などはこういう人たちだろうな。

●承認欲求を抱えているのは自分ひとりではない以上、自分だけではなく、周りにいる人達も承認欲求が充たされるような、いわば認め合いのエコサイクルを成立させるほうが、結果として幸福な状態を維持しやすいはずです。

――「認め合いのエコサイクル」いい言葉だ。
 わたしが本を書くばあいは、出発点がここから始まる。対象者はいつも大体40代以上の管理職だ。その人たちにここまで「承認欲求」について話してあげることはしない。
 なぜかというと、やや言い訳めくが、「認め合う」ことを実現するためには「認める」という行為をしなければならなくて、その行為にもそれなりに練習が必要なのだ。40代以上の男女は、仮に会社で言われたから、マネジメントを上手くいかせたいからといった即物的な動機でもいい。まずは「認める」ということにスポーツトレーニング的に取り組んで欲しいのだ。細かいことはそのあとで「つかんで」もらえるだろう、と思っている。ただしそうやって彼(女)ら自身の学習能力に期待ばかりしているので、わたしはここまで丁寧に言語化する作業をおこたってきた。

●私は、承認欲求を“独り勝ち”的に充たせる状況を夢見るのは、危なっかしいと思っています。…私には、街でまずまず幸せそうに暮らしている人達の大半は、自分ばかりが褒められたがる人ではなく、周囲の人達と認め合える関係をつくりあげている人にみえるのです。


●昔の日本人は所属欲求で回っていた。承認欲求のレベルの高い人の例、家ではマイホームパパであり会社の付き合いも上手にこなす。所属欲求と承認欲求を両方うまく使っている。

●社会のすべての人が自分自身が褒められること・評価されることでしか心理的に充たされなくなったら、どうなってしまうだろうか。部分的にはそうした世界がある。お受験にわが子を駆り立てる親などもそう。

――『嫌われる勇気』の中心読者層が30-40代男女だ、というのも思い浮かべた。恐らく「自己啓発本のヘビーユーザー」と「お受験親」がまじりあっているであろう。お受験も、みんながみんな勝者になれるわけではなく、国立小を目指しても倍率は5倍だから5人に4人は敗者になる。そんな負け気分のとき、「人生の悩みは対人関係の悩みである」「他人の評価を気にする必要はない。承認欲求を否定せよ」の教えには、ほっとするであろう。
 熊代氏はそうしたベストセラーのことを挙げつらってはいないが、部分部分で「ベストセラーの謎」にうまく“回答”してくれている。

●所属欲求には、「自分自身が褒められたり評価されたりしなくても、心を寄せている家族や仲間や集団が望ましい状態なら、それだけでも自分自身の気持ちが充たされ、心強くなる」という性質があります。ほとんどの人間関係が承認欲求だけで成り立っているのではなく、こうした所属欲求も含んでいるからこそ、人間は家族や集団をつくり、お互いを信頼したり敬意を払ったりしながら、長く付き合っていられるのではないでしょうか。

●所属欲求にも、「低レベルな人」がいる。それは「承認欲求が低レベルな人」とも重なるという。1)自分の承認欲求しか意識していない人 2)「ひとりが一番」な人 3)「我々はかくあるべし」と思い込む人 4)完璧な人間を追いかけている人 5)いつも減点法の人

●承認欲求や所属欲求をうまく活かせる人と、そうでない人は、人生の難易度も幸福感も断然違ってくる。人間関係は私たちが思っている以上に、承認欲求や所属欲求のレベルに左右される。

●「認められたい」はレベルアップできる。

●子どもや若者は承認欲求や所属欲求のレベルが低い。たとえば保育園や幼稚園に通っているぐらいの子どもは、自己中心的に出しゃばり、褒められたがるもの。思春期の男女も、“中二病”や“意識高い系”のように安易に自分自身を特別だと思いたがる。

●「認められたい」のレベルアップが進んでいる人は、日常の挨拶などからも、承認欲求や所属欲求を充たすことができる。

●コフートの主張「自己愛は生涯にわたって成長し続ける」

●コフートの考えたレベルアップ―「変容性内在化(transmuting internalization)」、雨降って地固まるの経験。他人に期待した「認められたい」が充たされなくて失望しかけても、その辛さがあとで理解してもらえたり、仲直りして次の機会にはまた気持ちが通じ合えたりするなら、自己愛は成長していく。

●コフートによると、“適度な欲求不満”があるくらいの関係が良い。いつもいつも承認欲求を充たしてくれるとは限らない。

●「認められたい」のレベルアップをしたいなら、“雨降って地固まる”が成立し得る人間関係を大切にし、そのような人間関係に発展する目をつまないこと。多少の摩擦を含んでいても、お互いに「認められたい」をまずまず充たし合えるような人間関係を長続きさせること。

●ネットコミュニケーションを通じてのレベルアップは可能だが、時々会う機会ももつこと。

●認められたいあまり四六時中LINEやSNSにはりついているのは考え物。LINE疲れやSNS疲れに陥りやすく、疲れの蓄積はメンタルヘルスにもよくない。

●思春期の子どもの「認められたい」を親が充たしてやるのは役不足になる。外の関係を築くのが望ましいが、外の関係で傷ついて帰ってくる場合もある。躓いた子供に手を差し伸べられるのはやはり親。この時期の子の親は「裏方」として重要。

●「認められたい」のレベルアップを男女間の関係で行うのは難しい。多くは、「認められたい」のレベルが低い同士がくっついてそれぞれ異なるかたちで「認められたい」を充たそうとする。

●選択の自由が与えられた人間は、意外なほど似た者同士でつるみあう。

●「認められたい」のレベル差を挽回するのに重要なもの。コミュニケーション能力。

●コミュニケーション能力を高めていくときの重要な基礎。
1.挨拶と礼儀作法
2.「ありがとう」
3.「ごめんなさい」
4.「できません」
5.コピペ
6.外に出よう
7.体調を管理しよう
 そして時間をかける。

●友人・家族・会社の同僚との日常的な人間関係で満足している人。コミュニケーション能力は、有名人からではなく、そういう人からコピペすべき。

●ほとんどの人間にとっての幸福は、際限のない承認欲求や、カルト的な所属欲求に支えられるのではありません。もっと身近で、もっと少ない人数で、人間関係の持続期間が数年〜数十年単位の、そういう人間関係が、人間に幸福をもたらします。そのような「認められたい」の繋がりを、世間では「愛」や「友情」と呼ぶのでしょう。

●ヤマアラシのジレンマ。人間関係は近ければ近いほど傷つけあってしまう。

●親子関係のヤマアラシのジレンマ。子育ては核家族単位で行われるため、小学校以上の子どもの面倒まで、親がみる。親子間の距離が近い。「毒親」もそうした背景から生まれやすい。

●親は、子育て一本槍の生活や人間関係を改めて、他の人間関係に「認められたい」の供給源を見出していくこと。

●新しい人間関係ができるたびに相手に急接近してしまい、「ヤマアラシのジレンマ」を繰り返してしまうパターンの人が気を付けたほうがいいのは、「むやみに仲良くならないこと」「新しい関係をむやみに理想視しないこと」。

●あらゆる人との心理的距離を遠くする処世術には、以下のような欠点があってお勧めしない。
1.人と心理的距離の遠い生活をしてきて何かの拍子に近い人間関係を経験すると、距離感がわからなくて心理的距離を詰めすぎてしまい、しんどくなる。
2.スキルを磨きにくくなってしまう。
3.「認められたい」そのもののレベルを上げることも難しくなってしまう。


 抜き書きはおおむね以上。

 本書の中で熊代氏自身言っているように、本書に書かれていることは統計でエビデンスをとったものではなく、精神分析的でもあり、わるくいえば「印象論」である。ただそれが説得力があるのは、氏がきわめて膨大なネット世界の見聞やサブカルチャーの知識を持って発言しているからであろう。

 そこここに独自のパターン帰納がみられ、その観察と分析のきめの細かさに驚く。間違いなく、この分野で後々まで残る1冊となるだろう。

 若者だけでなく、若者を監督したり育成する立場の人、自分自身も承認欲求の使い方が今ひとつわかっていないという自覚のある人には、ぜひお勧めしたい。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・・・……<<<エウダイモニア通信>>>……・・・
発行日 2017.2.27                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※「エウダイモニア」は「幸福」、また「栄える」という意味のギリシア語
です。
 「業績1位」の山を築いてきた承認マネジメントの研修講師・正田佐与が、
経済的繁栄を含めたわたしたちの「幸せ」についてご一緒に考えるメルマガ
です。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、イベントや
セミナーに  ご来場いただいた方にお送りしています。
ご不要の方は、お手数ですがメール末尾にありますURLより解除ください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃本日の話題 ☆☆☆☆☆
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 フェイクニュース全盛の時代の「信頼」とは?
     信頼できる先生とは、ネットがウソつきをつくるって本当?
     信頼できない人のしぐさとは
     ――読書日記『信頼が裏切られるとき』から

【2】 アドラー心理学批判 続報・
     わかりあえないもどかしさ・『嫌われる勇気』共著者・編集者、
     精神科医・小児科医、そしてメルマガ読者より

【3】 「誕生学」続報・
      ついに「PTAに誕生学会講師をよばないで」のよびかけ出る
     「2分の1成人」参観日に揺れる友人

【4】 連載「ユリーの星に願いを」
      第13回「上手に忘れる」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【1】 フェイクニュース全盛の時代の「信頼」とは?
     信頼できる先生とは、信頼が揺らぐときとは
     読書日記『信頼が裏切られるとき』から

 「フェイクニュース」去年から有名なことばになりました。
 主にネットで、誰もがうっかり「そうかも?」と思ってしまうような、本当
のようなウソが拡散されます。場合によっては米大統領選も左右します。
 いったいなぜ人間はこんなにウソつきになったのでしょう?
 『信頼はなぜ裏切られるのか』(』(デイヴィッド・デステノ、寺町朋子訳、
白揚社、2015年12月1日、原題'The Truth About Trust')は、この問題にこう答
えます。わたしたちは、置かれた状況次第で正直者にもウソつきにもなれるの
だ。
 とりわけネット時代には、ネットそのものの性質がわたしたちのウソつきの
性質を増幅させることもあるようです。
 ビジネスパーソンには最も気になるところ、「信頼できない人を見抜くコツ
はあるか?」最新心理学の知見から、「見抜くポイントは1つではない、4つ
だ」と言っています。
 読書日記は前後編になりました。とくに後編の知見は興味深いです。ご興味
のある方は、ご覧ください:

●『信頼はなぜ裏切られるのか』をよむ?――よい教師には誠実さも能力もど
ちらも大事
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952755.html

●『信頼はなぜ裏切られるのか』をよむ?――お金のせいでウソをつく、ネッ
トのせいでウソをつく、信頼を損なう4つのしぐさ
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952837.html


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2】 アドラー心理学批判 続報・
     わかりあえないもどかしさ:『嫌われる勇気』共著者・編集者、
     小児科医・精神科医、そしてメルマガ読者より

 この分野で引き続き“独走状態”の拙ブログです。

『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)を岸見一郎氏とともに著した共著者の古
賀史健氏と、編集者の柿内芳文氏からメールでご質問への回答がきました。
「初めて耳にするようなお話も多く、幾分困惑しております。」としながら、
「われわれとしましては、両書を『人は誰でも幸せになることができる』『勇
気をもって一歩を踏み出そう』という希望的なメッセージを届ける本としたつ
もりです。」とコメント。

●古賀史健氏と日本アドラー心理学会から回答来る(来ただけ)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953163.html 

●本を読まない層、読む層――『嫌われる勇気』編集者 柿内芳文氏からの回答
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953245.html

 一方、同書の中の「トラウマは存在しない」というフレーズはやはり大きな
問題をはらんでいます。
 虐待やいじめ被害者の心的外傷(トラウマ)を脳画像で可視化した福井大学
子ども発達支援センター教授・友田明美氏、女性や子どものトラウマ治療に当
たり東日本大震災後の岩手県でもケアに当たった精神科医の白川美也子氏がそ
れぞれ文書で貴重なコメントをくださいました。

●「心的外傷体験は子どもの心と脳の発達において長期的な悪影響を及ぼしま
す」――福井大学・友田明美教授の
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953192.html

●祝来訪者40万人・精神科医白川美也子氏よりコメントをいただきました〜や
はりあった”実害“
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953352.html

 上記のあとのほうの記事で「やはりあった“実害”」というのは、白川氏の
ブログ記事についたコメントの中に現役カウンセラーの方から、「患者さんで
『トラウマは存在しないなら私が苦しんでいるのは何?』と混乱していた人が
いました」というものがあったこと。
 こうしたことは、当事者がもともと声を上げないタイプの人たちと推定され
るので、あえて掘り起こすことは意義があるでしょう。「みえない」からとい
って「いない」わけではないのです。そして当事者の方にとっては痛みをとも
なうことなのです。

 そして、このメルマガとブログの読者の方から温かい投書をいただきました。

●アドラー心理学批判 「誰もが」が意味するもの:欠けている多様性、寛容
さ、中庸――NYさんからのお便り
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953260.html

 そんなこんなをしているうちにささやかな拙ブログは通算来訪者40万人の大
台に乗りました。
 皆様の温かい励ましに心から感謝申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【3】「誕生学」続報・
   ついに「PTAに誕生学会講師をよばないで」のよびかけ出る
   「2分の1成人」参観日に揺れる友人

 このメルマガの1月30日発行号でお伝えした「誕生学」についての続報です。
「誕生学」とは、「誕生学協会」派遣の「誕生学アドバイザー」が学校で出張
授業をしてくれ、赤ちゃんが生まれる様子を子どもたちに見せたり出産・子育
ての素晴らしさを話してきかせ、「命のたいせつさ」を伝える、というもの。
 それだけきくと実に素晴らしい、何の問題があるの?という風にもみえるの
ですが――、
 「子どもには色んな家庭環境や育ち方の子がいる。キラキラ演出で『命のた
いせつさ』を語られても素直に楽しめない子もいる。そうした子どもへの配慮
に欠けるのではないか」
という指摘が出、現在多数の精神科医、カウンセラーから「誕生学」に異論が
出ています。
 そしてついにネットで「誕生学アドバイザーをPTA主催の講演会によばない
で」という呼びかけが出る事態に。

●【呼びかけ】PTA主催の講演会で誕生学アドバイザーを呼ぶのはやめよう
>>http://miraimemory.hatenablog.jp/entry/2017/02/04/112649 

 わたしの周囲では最近、フェイスブックで「子どもの参観日で2分の1成人
式をみてきた!感動!」と書き込んだ人に、「色んな環境の子どもがいるから、
考えてあげて」とコメントした友人がいました。
 最初の書き込みの人はもちろん幸せなご家庭の方で、子どもたちが自分の名
前の由来を発表し、クラスのみんなに褒められて嬉しかった、という素直な気
持ちを書き込んだとのこと。一方コメントした友人は仕事柄大変な状況のご家
庭を多数みている人。「分かり合えないのかしらねえ」とがっくり。
 この問題は今からどうなるのでしょうか……。
 【2】の「アドラー心理学」もそうですが、わたしにはどちらも共通して、
「●●●の不足」という問題にみえます。
 さあ、「●●●」には、何が入るでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【4】連載:「ユリーの星に願いを」
    第13回「上手に忘れる」
By ユリー
 ユリー:マーケティングコンサルタント。人と組織のメカニズムに高い関心
を持つ仏教学習者。40代女性。

***********************************

 こんにちは、ユリーです。寒暖差の激しい気候が続き、体調を崩しがちな季
節ですが、読者の皆さまはお変わりございませんか?

「好物は何ですか?」と聞かれたら「お鮨です」と即答する私。かつては一人
でもお寿司屋さんに行くほどの鮨好きで、いろいろなタイプのお店に足を運び
ました。そんな私が最近たまたま入ったお店でとても感激したことがありまし
た。それはお鮨そのものの話ではなく(もちろん、お鮨も美味しくいただいた
のですが、)お店のご主人のお話にありました。
 そのお店は住宅街にあり、交通の便も良いとは言えない場所。2年ほど前に
リフォームたという店内は清潔で、カウンターの他に座敷1つと個室にもなる
テーブル席が2つほどあるお店でした。
 スタッフは、60代とおぼしき店主とその奥様、そしてその息子で30代半
ばと思われる2代目とその奥様の4人。つまり家族経営のお店でした。家族経
営ならではご苦労もあるのだろうなと心のうちに感じながら、一緒に行った友
人たちと美味しくお料理をいただいていました。
 そのうちに、隣席の友人が自分の悩みをふともらしました。そもそもその日

友人と会う目的は、その友人の家族間に起きたちょっとしたトラブルの相談で
した。その話を聞きながら、目の前でお鮨を握っている店主と偶然に目が合っ
たのをきかっけに「ご主人のお店はご家族でやっていらっしゃるのですね。ご
家族で同じ仕事をやっていくときに、うまくやっていくコツはありますか?」
と尋ねてみました。その友人も家族と始めた仕事のことが発端のトラブルだっ
たので、友人の参考になるかと思ったのです。
そこで店主はこう話してくれました。
「コツですか、そうですね、上手に忘れることですよ。」
清潔感にみちた店主の柔和な表情と穏やかな声は、その外見からも優しい方な
のだとわかる方でしたが、「上手に忘れる」という話にはその人柄の良さだけ
でなく、時間をかけて自らの中に培った哲学、本物の智恵を見た気がしました。
齢を重ねた人の姿にはその人の心のありようがはっきり映るものなのだという
ことも思った瞬間でした。
 他店での厳しい修行時代を経て念願の自分の店をもち、息子を後継者に育て、
さらに小学生のお孫さんも将来はお店をやりたいといっていると、嬉しそうに
語る店主とそれを見守る奥さんの姿は清々しく印象的でした。
その夜、自宅に帰ってから自分は上手に忘れることができているだろうかと、
自問自答してみましたが、当然ながらあの店主の足元にも及ばない私です。
 「上手に忘れる」とは、家族経営に限らず人間関係をともなう組織運営には
通底する大事なコツだと感じます。どうすれば人は「上手に忘れる」ことがで
きるのか?その技術をさらに教えてもらうためにも、またお鮨を食べに行くつ
もりです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃今日の一筆箋  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 記事中にも書きましたように、ブログへの通算来訪者数が40万人になりまし
た。タレントさんの人気ブログには到底及ばないですが、マネジメント関係の
「堅い」内容のブログとしては、健闘してきたほうではないかと思います。

※このメルマガへのあなたのご意見、ご感想をお知らせください!
 誌上でのご紹介は匿名にいたします。このメールへのご返信で結構です。
┌─<<現役マネージャー必読!>>──────────────────>
│  近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
│  http://books.rakuten.co.jp/rb/12987941/?acd=812 
└──────────────────────────────────>


1位マネジャー続出の承認研修講師 正田佐与の発信するメディア

┏┓
┗■ ツイッターアカウント >> @sayoshoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ フェイスブックページ >> http://www.facebook.com/sayo.shoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ ブログ「正田佐与の愛するこの世界」 >> http://c-c-a.blog.jp
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■メールニュースのバックナンバーもこちらからお読みいただけます。
>> http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html

■新規購読の申し込みは、「メールニュース」希望と書いて、配信希望先のアド
レスとともにinfo@eudaimonia.jp 宛にメールでお申込みください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

皆様の職場でも業績向上につながる「承認」を取り入れてみませんか?
 研修のご相談、原稿のご依頼、「人」の問題について個別のご相談は以下まで
お気軽にご連絡ください。
 
 正田佐与承認マネジメント事務所
 Email info@eudaimonia.jp TEL: 078-857-7055  FAX: 078-857-6875

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

このメールニュースは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、
イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

◎メールニュース解除方法
解除される場合は、下記の解除フォームに受信メールアドレスを入力してくだ
さい。ワンクリックで解除していただけます。

>> http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?act=1&mid=1044&mail=info@eudaimonia.jp




◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

100年後に誇れる教育事業をしよう。

 発行者 正田佐与承認マネジメント事務所代表 正田 佐与

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
このメールは転送歓迎です。


 「トラウマは存在しない」というフレーズについて、
 女性や子どものトラウマ治療を多く手がけ、『赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア』(アスク・ヒューマンケア)などの著者である精神科医、白川美也子氏からコメントをいただいた。白川氏のクリニック「こころとからだ・光の花クリニック」のFBページのブログにて。

 ずしんと持ち重りのするような、最前線の治療者からのコメント。
 ご了解をいただきこちらにも転載させていただきます。

*******************************************


【院長ブログ:ほんとうに「トラウマなんて存在しない!」のか?】

正田 佐与 (Sayo Shoda)​さんから「嫌われる勇気」という本を契機にしてアドラーの言葉として一人歩きしている「トラウマなんて存在しない」という言葉に関する2つの質問をいただきました。

【正田佐与の愛するこの世界】
http://c-c-a.blog.jp/


とても重要な問題だと感じたため、以下に考えたことをまとめてみました。

1.「トラウマは存在しない」という言葉は、現にトラウマに苦しむ人にとって二次被害になることはありえますか。

→文脈によって十分あり得ると思います。

2.「トラウマは存在しない」という言説に対してどのようなご感想をお持ちになりますか。快、不快でいうとどちらになりますか。

→これも文脈によります。実際「嫌われる勇気」は拝読しておもしろいなと感じ、クリニックの書棚においてあるくらいです。ただ正田さんのブログを拝読し、アドラーは、実際はそんなこと(「トラウマなんて存在しない」)とは言っていない、という詳しい検証を見せていただき、それはまた別の重要な問題だと思います。また、以前ある心理臨床家の論文に「トラウマは存在しない」という文章を見つけて、それは、心理療法全般におけるトラウマ治療の否定だと感じたため不快であり、問題を感じたことがあります(その論文がどうしても見つけられません)。

以下にどうしてそうお答えしたかということの説明を書きます。

よくトラウマ・ケアのトレーニングのときに、使う比喩ですが「俺、失恋してさ、トラウマになっちゃってさ」という男の子が、6ヶ月後には別の女の子と楽しくしていたら、それはトラウマではないという話をします。そのときにそのときのガールフレンドの記憶は既にセピア色のものになっているでしょう。

トラウマ記憶はそんなものではありません。どれだけ時間がたっても生々しく鮮明に甦ります。〔技間性、∩杁に苦痛な情緒を伴う、8斥佞砲覆蠅砲い、という3つの大きな特徴をもちます。ここに私が書く<トラウマ>の定義はPTSDの診断基準Aに該当する重篤なトラウマです(子どもは別ですが話が難しくなるのでまた別の機会にします)。

トラウマ記憶の実体はこれも比喩でしかありませんが、特殊なメモリーネットワークということができます。PTSDや、その他のストレストラウマ性疾患として現れることもあれば、再演なども含め、行動パターンとしてその人の人生そのものに影響を及ぼすこともあります。

そして、その様態は、その人が置かれた状況や体験、回復レベルなどで刻々と変化していきます。最終的には、ある体験が、現在から振り返ると、非常にそこから学べるよい体験だったと結論できることもできます。

ただ問題は、「そのこと」をどう捉えるかは、その時、その人にしか定めることができないものであるということです。すなわちトラウマ問題は、経験したことがない人は理解しにくいということも含めて、一般論では語りにくい問題であることは間違いないと思います。

そして、トラウマをどう捉えるか、ということについての治療論(目的論と原因論)の異なりと、トラウマがあるかないか、ということの混同が、話をより複雑にしています。

密かにファンであるゆうメンタルクリニックの漫画にアドラー心理学の説明として、目的論と原因論についてわかりやすく述べられています(ただし、再度書きますが、正田さんによればアドラーは「トラウマなどない!」とは言っていないそうです)。

http://yuk2.net/man/110.html

原因論と目的論の違いは、.肇薀Ε淆慮海砲茲辰鴇評が出ていることを重用しする(それに気づくこと、そこになんらかの操作を行うことで変化が起きる)、▲肇薀Ε淆慮海砲茲觚絨箴匹鮟纏襪垢襪茲蠅癲¬榲にむかってどういう対処を取るか・どういう考え方をしていくかが重要だと考えるーこの違いだと思いますが、多くのトラウマを診る臨床家はその2つの考えを柔軟に自分の臨床に活かしています。

たとえば、私であれば、通常の診察では感情に焦点をあてながら未来志向・解決思考的なソリューションフォーカストの話法を中心に問題解決を行ないつつ、リソースを形成し、対処スキルを増し、それでも課題がある場合、長めの時間をとってトラウマ=特殊な記憶ネットワークの処理を特殊技法で行う、というように、治療上の文脈に応じて様々な介入をしていきます。そうやっていろいろやっても治療が難しいのがトラウマサバイバーの治療なのです。

多くのトラウマに焦点をあてる治療を行ったことがなく、かつトラウマ治療を批判するセラピストは、トラウマ治療というのは、「過去にこだわる治療」だと考えているのだと推測します。

「赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア」に書いたようにトラウマの処理とは、患者の過去を癒すのではなく(実際にどうやっても過去に起きたこと自体は変えることができない:過去そのものを癒すことはできない)、そのような体験をしたことによってトラウマ記憶が生じ、それが患者の「今ここ」に影響を及ぼしていることに変化を及ぼして行くわけです。

多くのトラウマを重視しないと述べる治療者が、重度のトラウマを経験した方の治療経験を欠き、トラウマ治療の実際を知らないという現実が、さらに問題を大きくしています。

実際のトラウマ記憶に苦しむ患者を診たことのある治療者は、その生物学的なレベルで残る後遺症が、どれほど患者が「今ここで」を幸せに生活して行くかを阻害するかを知っています。

人の苦悩に対してどういうアプローチをするのか、<原因論を取るのか、目的論を取るのか>ということと、<トラウマがあるのか、ないのか>という考えを混同しないでほしいと思います。

自分の治療的な立場が目的論<のみ>で(実際にそれでいけるということは、素晴らしいセラピストであるか、重篤なトラウマサバイバーの治療を行なったことがないか、あるいは壮絶な被害を体験した直後の方にも出会ったことがないか、のどれかであると思われます)あったとしても、もし、その治療法のみでうまくいっていたとしても、一般的に「トラウマという現象がない」というような安易な机上の論考をしないでほしいと切に願います。


*******************************************


 非常に「熟考」してくださった白川氏。丁寧に完成度の高い文章として、コメントを執筆してくださった。この記事は既に10数件「シェア」されている。
深く感謝します。
 
 実は、心底「この件でコメントをいただいて良かった」と思ったことが、白川氏のこのご投稿の直後にあった。投稿についた読者コメントの中に、こういうものがあったのだ。

「患者さんがアドラー関連書を読み、トラウマがないなら今の私は何に苦しんでいるんだと混乱されていました。
正しい知識が広まることをねがうばかりです。」

 やはり、あるのだ。


 このところの見聞で、『嫌われる勇気』のコアな読者層は自己啓発本のヘビーユーザーの読者層なのであろう、その層にだけ通じる言語で書かれているのであろうと思っているのだが、

 それがすでに155万部の「国民的」ベストセラーとなり、一人歩きしている。書かれている文言も一人歩きする。

 そうなった今、”実害”も既に出てきているのだ。

 もはや、「若者世代の軽口」と見過ごしていい段階ではなくなった。


 というわけでこの問題の追及はまだまだ続きます。。


****


 そんななか、正確には今月22日、当ブログは通算来訪者40万人の大台に乗った。ブログ開始から40年、じゃなかった12年。

 ベストセラーと比べ一けた少ない(泣笑)けれど、ここまで支えてくださった読者の皆様に感謝。





 

 ブログ読者の40歳女性、NYさんからメールをいただいた。
 ちょっと疲れ?が出ているわたしには涙が出るほどありがたかった。

 ご了解をいただき2回のメールをご紹介させていただきます。

*******************************************

岸見氏の講演参加、また質問状のやりとりお疲れ様でした。
講演中、嫌なストレスをお感じになりませんでしたか?
ご体調に悪影響かないか少々心配しております。
くれぐれもご無理はなさらないでください。

正田先生が火中の栗を拾うかのように、
アドラー批判をはじめ正しく現実的な情報を発信してくださっているのに、
なかなか有益なお手伝いが出来ず、申し訳ありません。

個人的には野田俊作氏がおっしゃる、理論と技術の違いとう部分を納得しました。
身近に医者しかも外科医がいるからかもしれませんが、
理論がわかっても技術が追いつかないと、手術はできません。
手技が下手な外科医は、いくら理論を知っていても、患者の命を危険にさらします。

そういう意味で、岸見氏は理論家(それも正田先生の分析によれば、それもあやしいですが)なのかもしれませんが、
その理論は手技を伴わないものだということ。
そう考えると、あの本の位置づけわかった気がしました。

「嫌われる勇気」は空想の話=フィクションで、現実世界に適用できるものではない。
だが、なぜか読者のほうが現実世界に適用できると勘違いして、
(あるいは勘違い生むように岸見氏他の関係者は振る舞っている?)
その勘違いを誰も訂正しないまま、今に至っている。

アドラーのような自己啓発とも重なる分野の話は、
その性質上、理論と実践の整合性をチェックすることが難しいのだと思います。
そんな中、正田先生が反証や検証をしてくださっていることは
本当にありがたいことだと思います。

嫌われる勇気のような本が売れる背景を思うとき、
現代社会の問題の深刻さを考えてしまいます。
中庸を忘れ、多様性や寛容さといった人間の知性やあるいは思いやりを軽んじるような風潮が人の心を浸食している気がします。
嫌な世の中ですが、そういう現実を変えて行くのもやっぱり一人一人の心と実践なので、
行動承認の実践は、善い変革のもとになる1つの大きな実践と思います。
「まずは、ささやかでもできることから」を、自分も心がけたいと思います。


*******************************************


正田先生

お世話になります。

メールのブログへの掲載、どうぞお使いください。
お返事がおくれてすみません。

ブログやメルマガの読者の多くの方が、
私と同じような想いを感じていらっしゃると思います。

その後の、著者、編集者の皆様のお返事をよませていただくと、
正田先生の質問に正面から回答することはさけていらっしゃるようなので、
たぶん、彼らの視界には、先生が指摘されている深刻なトラウマを抱えた少年だったり、
あるいは褒め育てて成果をあげている教師や組織のマネージャー層というのは
全く入っていないのだと思います。

また幸福や自由、あるいは勇気についても、
例えば貧困や虐待、あるいは戦争、人種や宗教による差別、
などの理由によってそれらを享受することが不可能な人々にとっての幸福や自由、
あるいは勇気については考えが及んでいないのだと思います。

なので、「誰もが」の意味するところが、先方とこちらでは乖離していて、
議論の前提が噛み合ないのではないでしょうか。

私は、やはり「誰もが」の中には、
やはり貧困や虐待、あるいは戦争や差別に苦しむ人が含まれているべきだと思いますし、
もしそういう人々が対象者に含まれないならば、
誰もがという表現を使うことは不適切にも感じてしまいます。

そういう部分にそれほど過敏になる問題ではないと言う意見が大半なのかもしれませんが、
正田先生のおっしゃるように例えば公教育だったり、社会的に影響力の大きい組織や団体が、
弱者に対する眼差しを欠いた思想を積極的に採用することは危険だと思います。
そういう意味では、やっぱり今の状況はかなりおかしい、危ない状況にも思えます。

私はアドラー心理学も、教育も門外漢なので、的外れなことを考えているのかもしれませんが、
私のように感じるものの先生の読者の中にはいるということをお伝えすることが
少しでも先生のパワーにつながるといいのですが。


*******************************************


 NYさん、ありがとうございます。しっかりパワーになっていますよ。

 気がつくと「独走状態」なのである。「アドラー心理学批判」では。
 今月初めからGoogle1-4位独占、Yahoo!1-6位独占になり、その状態が続いている。

 新聞はじめ大手メディアは2月10日に日本アドラー心理学会のフジテレビへの抗議文掲載を報じたあと、また「だんまり」になっている。
 出版界、広告料への気兼ねだろうか。

 だから「独走」していてもしょっちゅう考える。本当に正しいことをやっているのだろうか?わたしの独りよがりではないのか?

 そういっているうちに豊中市の国有地の学校法人「森友学園」にたいする売却価格の問題と、同学園の認可が下りない可能性が報じられた。

 結びつけるのは強引すぎるかもしれないが、「おかしい」と感じたことはおかしいと言わないと。今、そのセンサーが「いいね!」や「ほめない叱らない」「怒らない」のはんらんでで皆さん弱っているのかもしれない。


 
 いろんな形でお友達が支援してくれる。NYさんのようにご感想を寄せてくれる人、アドラー関係の催しに「潜入ミッション」をするわたしにイベントの案内をしてくれる人、そしてFacebookで「いいね!」をつけたりコメントしてくれる人。


 そしてここまで、当ブログに貴重なコメントをくださったトラウマ支援者の方、精神科医、小児科医の皆様、ありがとうございます。









 表題の通り、『嫌われる勇気』の編集者、(株)コルク 柿内芳文氏より当方の質問へのご回答をいただいた。
 心の準備をされていたのか、若干丁寧な文面だった。

*******************************************

正田佐与様

先日は不在で電話に出れず、たいへん失礼いたしました。
『嫌われる勇気』および『幸せになる勇気』の編集を担当した、コルクの柿内芳文と申します。
このたびはご質問をいただき、まことにありがとうございました。

わたしは編集者として、「自由」や「幸福」、また「勇気」をテーマに、わたしたちが幸せに生きるための提案のひとつとして、両書を出版したつもりです。
また、現在たくさんの読者の方々からご支持いただいている理由も、わたしたちの真意が届いた結果ではないかと受け止めております。
ご意見、ご批判は真摯に受け止めたいと思いますが、そうしたわたしたちの制作意図をお酌みとりいただけますと幸いです。
なにとぞ、よろしくお願いします。 柿内拝


*******************************************


 「自由」や「幸福」、また「勇気」をテーマに。

 かっこいい言葉だ。クリエイターなら誰しも一度は言ってみたいであろう。

 ともあれ、二人の著者・編集者計3氏の回答はこれで出揃った。




 柿内氏の回答内容とは別に、このところモヤモヤしていること。

 質問リストに書いたように、社会の分断は本の作り方、いやクリエイティブな仕事全般に現れているのだろう。

 本が読まれない。だから今の出版界でメガヒットを作ればそれは間違いなく出版社の功労者で、
 「ヒットを作ればいいんだろ」という「勝てば官軍」の姿勢にもなる。

 またヒットが出ると、
「これ本当は問題はらんでるよ。ほどほどのところで撤収しようよ」
というような「慎重論」は出てこず、韓国へ台湾へ中国へ「アドラー女子」へTVドラマへ、ガンガン売りまくる。

 そして怖いのは、本というメディアが今読む人・読まない人にくっきり分かれているために、
 「本を読まない層については何を書いてもいいんだ!」
という姿勢になるかもしれないこと。たとえば「トラウマは…」のように(本当にそうなのかどうかわからないが)

 それは当然、差別の固定化・激化にもなるだろう。

 「今までにない、新しい切り口」
ともてはやされるものが、実は単に自分と異なる層への想像不足なだけで、見る人が見ればとんでもないものかもしれない。単に良識的なクリエイターがそこまでやらなかった、というだけの。

 こんなことを考えるのがわたしだけなのだろうか、出版界のことだけに相互批判が生まれにくいのだろうと思うが、ちょっと怖い。

福井大学子どものこころの発達支援センター教授・友田明美氏より、アドラー心理学の「トラウマは存在しない」について、貴重なコメントをいただいた。同教授のご了解をいただき掲載させていただきます。


「NHKあさイチで放送されたように、いじめの認知件数は、22万4,540件と過去最高(文科省調査・2015年度)。そんな中、子どもの頃にいじめを受けた人が大人になってもその後遺症に苦しむ“いじめ後遺症”の実態が、最近明らかになってきました。容姿のいじめをきっかけに何十年も「摂食障害」に苦しむ女性や、いじめから20年後に突然思い出して「対人恐怖症」に陥った女性もいて、多くの精神科医がその深刻さに気付いています。
また、子ども期の心的外傷(トラウマ)体験は、従来考えられていた以上に頻回なもので、専門的知識とスキルを持った専門家による心理治療が必要になるケースもあります。
心的外傷体験は、子どもの心と脳の発達において長期的な悪影響を及ぼすことが知られています。」


友田教授は、トラウマ経験者の脳をMRI撮影し、実体としては存在しないと言われた「トラウマ」を可視化。


同教授の研究では、子どもが何歳の時に虐待を受けた場合最も深刻な影響を受けるかというと1歳前後だった。このころにダメージを受けると報酬に反応することに関わる左右の線条体の動きが悪くなる。それは将来、酒やギャンブルなどの深刻な嗜癖行為につながるという。

「これは脳が恐ろしい方向に導かれるということです。ちょっとやそっとでは快感を得られず、薬物や酒に平気で手を染めていくということです。この結果からも、早急な養育者支援が必要です」

と、友田教授は語る。







一連のアドラー心理学の"問題ワード"の中でも、「トラウマは存在しない」というフレーズはもっとも先鋭な対立をはらんでいる。
一方の当事者が前記事、前々記事にみるようにきわめて「能天気」に「人はだれでも幸せになれる」と言い放つのに比べ、
一方の当事者は最も深刻な弱者であり、声を上げにくい。またケアする側も「燃え尽き」を起こしてしまうようなハードな仕事である。

だから実は、ケアする側の人びとにコメントをとって回るのも結構大変なのだ。考えるのも不愉快な問題について、「寝た子を起こす」ようなものだから。


この問題については、『嫌われる勇気』のみならずわが国の代表的なアドラー心理学の学派もまた「トラウマは存在しない」という立場をとっているので、ややこしい。
当ブログとしてはもっとも弱い立場の人に焦点を合わせて「何が幸福なのか」を問いたい。また、困難な仕事をしている支援者の方々の労に報いたい。それは「承認」としても妥当なはずだ。


 来ないかと思っていたら古賀史健氏(『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』共著者)から、本日ご返信が来た。

 内容的にはほぼ、先日の岸見一郎氏と同様の文面。

ダイヤモンドオンラインのこちらの記事などによれば、古賀氏が岸見氏に『嫌われる勇気』の企画を持ちかけ、10数年越しで実現したのだという。

 古賀氏の回答内容から紹介させていただこう。


正田様

先日はお問い合わせありがとうございました。『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』共著者の古賀です。
ご質問の中、初めて耳にするようなお話も多く、幾分困惑しております。ただ、さまざまなご意見に対するわれわれの思いは、『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』両書の中で述べられており、特にこれ以上申し上げるべきことはないように思われます。われわれとしましては、両書を「人は誰でも幸せになることができる」「勇気をもって一歩を踏み出そう」という希望的なメッセージを届ける本としたつもりです。
正田様のご著書が有益な一冊となりますことを祈念しております。

古賀史健



 ちなみにわたしからの質問状は9問で、先日の岸見氏に宛てたものより少し詳しくなっている:

株式会社バトンズ
代表取締役社長 古賀史健 様

はじめまして。先ほどはお電話で大変失礼いたしました。わたくしは正田と申します。神戸に住む研修講師兼ブロガーです。『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』とそれらが生み出した社会現象について調べ、書籍にまとめさせていただこうとしております。
共著者である古賀様に、お忙しいことと存じますが、ご質問をさせていただきたいと存じます。以下のご質問にお答えいただければ幸いです。
(すべてが難しくても、答えやすいご質問にだけでもお答えください。)

1.『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』(以下「両書」と略)の中で「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」など、読む人の置かれた状況によっては非常に残酷な言葉が使われています。このことについてどうお考えですか。

2.「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」は、既にネットやメンタルクリニックのキャッチフレーズ、常識のウソ本などで二次使用、三次使用されています。このことについてどんなご感想をお持ちになりますか。

3.両書に出てくるフレーズで、上記の2つを含め、アドラーが実際には言っていない言葉や、実際に言ったのとはほど遠い言葉が多数あります。本を作るにあたってアドラーの原著を参照して確かめるということはなさらなかったのですか。

4.「承認欲求を否定せよ」は、まともにその通りやると抑うつ的になるだろうという精神科医からの指摘があります。また「トラウマは存在しない」というフレーズは、現にトラウマに苦しんでいる患者さんが二次被害に遭ってしまう可能性があり、いずれも深刻な事態を招くおそれがあります。こうした本を作りアジア各国で400万部も売ったことについての社会的責任についてはどのようにお考えですか。

5.岸見一郎氏の『アドラー心理学入門』『アドラー心理学シンプルな幸福論』(いずれもベスト新書)では、まだ「承認欲求を否定せよ」という言葉は入ってきていません。この語を『嫌われる勇気』に入れるよう進言されたのは古賀様ですか。またそれはなぜですか。

6.『幸せになる勇気』では「ほめ育て」について、独裁者の武器であるかのように言っている箇所があります。全国にはほめる教育で成果を上げ、ひたむきに従事している多数の先生方がおられますが、その先生方の心を傷つけることはご想像されませんでしたか。

7.『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』がともに、深刻な状態の弱者を視野に入れておらず、「社会の分断化の象徴」という見方をされることについてはどんなご感想をお持ちになりますか。

8.韓国での熱狂的な歓迎にみられるように、「経済的に深刻な状態の国の抑圧された若者にとって絶望を固定化させる書物だ」と見られていることについてはどんなご感想をお持ちになりますか。

9.最終的に、両書はどんな読者にどんなメッセージを届けたいというコンセプトでしたか。

以上
ご質問は以上です。何卒よろしくお願いいたします。


 質問状を送ったのは13日だったので、1週間後に回答がきた。

 

 ちょうどこれと前後して、日本アドラー心理学会からもご回答がきていた。

正田佐与様

ご返信がおそくなり、申し訳ありません。
当方の状況についてご配慮いただき、感謝申し上げます。

さて、ご依頼の件について、理事会にて検討させていただきました。
結論としては、取材はお断り申し上げます。
理由は、当学会はテレビドラマ『嫌われる勇気』について株式会社フジテレビジ
ョンに抗議をいたしましたが、岸見一郎氏の学説そのものについては、現段階で
は態度を保留しております。したがって、これについては公的な立場でコメント
できることはありません。また、テレビドラマ『嫌われる勇気』に対する抗議内
容は抗議文に書いた通りで、それ以上コメントすることはございません。従いま
して、取材していただいても、お答えできる内容がございません。

ご期待に添えず、申し訳ありません。


日本アドラー心理学会会長
中井亜由美


*******************************************
日本アドラー心理学会
〒532‒0011 大阪市淀川区西中島3‒8‒14‒502
TEL:06‒6306‒4699 FAX:06‒6306‒0160
Mail:lem02115@nifty.com
*******************************************



 というわけで、取材へのガードは固い。
 でも理事会にもかけていただいたということだし、当方の真摯さは理解してくれたようだ。


 ”宿題”は少しずつやっている。

 きのうは急に下血してしまった。お友達に「もう免疫つきましたから〜」などと言っていたが、ちょっとストレスだったかな。





 




※先ほど、誤ってタイトルをデフォルトにしたままメルマガを送信してしまい
ました。読者の皆様には、ご不審に思われたのではないかと思います。改めて
タイトルを変更したものを送信させていただきます。メール受信件数を余分に
増やしてしまい誠に申し訳ありませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・・・……<<<エウダイモニア通信>>>……・・・
発行日 2017.2.20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※「エウダイモニア」は「幸福」、また「栄える」という意味のギリシア語
です。
 「業績1位」の山を築いてきた承認マネジメントの研修講師・正田佐与が、
経済的繁栄を含めたわたしたちの「幸せ」についてご一緒に考えるメルマガで
す。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、イベントや
セミナーにご来場いただいた方にお送りしています。
ご不要の方は、お手数ですがメール末尾にありますURLより解除ください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃本日の話題 ☆☆☆☆☆
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 アドラー心理学特集:
     Yahoo!トップ6、Googleトップ4達成。
     これが最先端の「アドラー心理学批判」だ!
     岸見一郎氏、野田俊作氏とのやりとりも収録。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1】 アドラー心理学特集:
     Yahoo!トップ6、Googleトップ4達成。
     これが最先端の「アドラー心理学批判」だ!
     岸見一郎氏、野田俊作氏とのやりとりも収録。

 アドラー心理学をベースにした人生論の書『嫌われる勇気』とその続編、
『幸せになる勇気』。今月初め時点で、2冊合わせて日本・韓国・台湾・中国
で計400万部を超えるメガヒットになっています。メルマガ読者の皆様も手に
とられた方が多いでしょう。
 しかし、その内容に「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」など、
アドラーが言ってもいない「捏造語録」や、アドラー心理学としても一般的で
ない、かつ人の心身にとって有害なことが多数含まれている…ということは、
まだあまり広く知られていません。
 今月10日には、同書を原案とした関西テレビ系ドラマ「嫌われる勇気」が、
「アドラー心理学に対する誤解を招くおそれがある」と、日本アドラー心理学
会からの抗議を受けています。
 わたくし正田は昨日、兵庫県教委播磨東教育事務所・加古川市教委・加古川
市PTA連合会の共催による岸見一郎氏の「アドラー心理学講演」に約1年ぶり
に行ってまいりました。
 そこでは、同氏が相変わらず「ほめない叱らない」という、非科学的な子育
てのお話をしていました。
 大新聞やTVはアドラー心理学と『嫌われる勇気』を礼賛するばかり。一方、
拙ブログ「正田佐与の愛するこの世界」での「アドラー心理学批判」のシリー
ズ記事は検索エンジンから高く評価されており、本日現在、Yahoo!でトップ6、
Googleでトップ4にランキングされます(いずれもPC版)。
 昨日未明は、下記のように岸見一郎氏本人から、不完全なものですが質問へ
の回答を受け取りました。「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」
など、有害なフレーズを含む本をなぜ上梓したのか、読者の置かれた状況によ
ってはこうしたフレーズで深刻な影響を受ける人が出ることをなぜ想定しなか
ったのか、についての回答です。
 今号のメルマガは、「アドラー心理学批判特集」として、一連のシリーズ記
事の主なものをご紹介いたします。
 わたしは、お出会いするすべての方々が正しい情報を知り、その方々と共有
しながらお話をできることを願っています。
 なぜか、ここでしか読めない本当の話。お仕事のかたわら、どうぞご覧くだ
さい:

●「人は誰でも幸せになれる」「私たちの思いはすべて両書の中に」『嫌われ
る勇気』著者岸見一郎氏への質問とその回答(2017年2月19日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953105.html

●重い傷を負った少年たちとともに「トラウマ」と向き合う――土井ホーム・
土井高徳氏の話(同2月17日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51953044.html

●三たび野田俊作氏が口を開く 岸見氏の問題は「手術じゃなくて解剖」(同
2月14日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952959.html 

●精神科医・熊代亨先生より「トラウマは本当に『ある』?/目的論・原因論
どちらを重視?/承認欲求を否定したらどうなる?(同2月10日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952757.html 

●トラウマの存在と野田氏との最後のやりとり(同2月4日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952515.html 

●野田俊作氏との対話。トラウマ、米国でのアドラー心理学、承認欲求、その
他。(同2月2日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952455.html 

●岸見氏の「脳内混線」の起源を探る――『アドラー心理学入門』をよむ(同
2月1日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952397.html 

●アドラー心理学批判 再度のまとめ:オールオアナッシングと「明確に否定」、
バグだらけのプログラム…『嫌われる勇気』は発達障害者の自己正当化だ!懸
念される「アドラー心理学鬱」(同1月14日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51951658.html 

●アドラー心理学批判 アドラーの罪:発達障害者向けのお説教と批判封じ
(2016年5月29日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51941204.html 

●アドラー心理学批判 まとめ:「承認欲求を否定せよ」「トラウマは存在し
ない」有害フレーズの捏造と岸見氏の罪(同5月30日)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51941255.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃今日の一筆箋  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 梅の季節となりました。わたしの住む六甲アイランドにも梅林があり、紅白
の花が清らかな香りを運んでくれます。

※今号の「ユリーの星に願いを」は、お休みです。

※このメルマガへのあなたのご意見、ご感想をお知らせください!
 誌上でのご紹介は匿名にいたします。このメールへのご返信で結構です。
┌─<<現役マネージャー必読!>>──────────────────>
│  近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
│  http://books.rakuten.co.jp/rb/12987941/?acd=812 
└──────────────────────────────────>


1位マネジャー続出の承認研修講師 正田佐与の発信するメディア

┏┓
┗■ ツイッターアカウント >> @sayoshoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ フェイスブックページ >> http://www.facebook.com/sayo.shoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ ブログ「正田佐与の愛するこの世界」 >> http://c-c-a.blog.jp
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■メールニュースのバックナンバーもこちらからお読みいただけます。
>> http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html

■新規購読の申し込みは、「メールニュース」希望と書いて、配信希望先のアド
レスとともにinfo@eudaimonia.jp 宛にメールでお申込みください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

皆様の職場でも業績向上につながる「承認」を取り入れてみませんか?
 研修のご相談、原稿のご依頼、「人」の問題について個別のご相談は以下まで
お気軽にご連絡ください。
 
 正田佐与承認マネジメント事務所
 Email info@eudaimonia.jp TEL: 078-857-7055  FAX: 078-857-6875

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

このメールニュースは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、
イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

◎メールニュース解除方法
解除される場合は、下記の解除フォームに受信メールアドレスを入力してくだ
さい。ワンクリックで解除していただけます。

>> http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?act=1&mid=1044&mail=info@eudaimonia.jp




◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

100年後に誇れる教育事業をしよう。

 発行者 正田佐与承認マネジメント事務所代表 正田 佐与

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
このメールは転送歓迎です。

 『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』の主著者、岸見一郎氏にメールで質問をした。
 1週間後のきょう未明、メールでご回答があった。
 質問と回答を原文のまま掲載。

 なお共著者の古賀史健氏、編集者の柿内芳文氏にもメールで同様の質問を出してみたが本日まで回答はない。
 岸見氏の回答文中の「私たち」とは、古賀氏や柿内氏まで含むものと解してよいのだろう。


*******************************************


岸見 一郎先生

初めてお便りいたします。
わたくしは神戸で管理職教育の研修講師・ブロガーをしております、正田佐与と申します。
現在、「アドラー心理学の真実」について、本にまとめようとしています。

『嫌われる勇気』と『幸せになる勇気』その他講演でのご発言について、岸見先生にご質問したいことがございます。
ご質問内容は以下の通りです。


1.『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』のほ中で「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」など、読む人の置かれた状況によっては非常に残酷な言葉が使われています。このような配慮に欠ける本をなぜ作ったのですか。

2.上記のフレーズをはじめとして、アドラーが実際には言っていない言葉や、実際に言ったのとはほど遠い言葉、真逆の言葉が多数あります。アドラー心理学が社会から誤解を招くリスクはお考えになりませんでしたか。

3.「承認欲求を否定せよ」は、まともにその通りやると抑うつ的になるだろうという精神科医からの指摘があります。また「トラウマは存在しない」というフレーズは、現にトラウマに苦しんでいる患者さんが二次被害に遭ってしまう可能性があり、いずれも深刻な事態を招くおそれがあります。こうした本を作り400万部も売ったことについての社会的責任についてはいかがお考えですか。

4.『嫌われる勇気』また『幸せになる勇気』の文章は、いずれもフロイト学派やほめ育ての手法、承認論などへの強烈な対抗意識を含んでいます(本来のアドラーの思想はここまで露骨に他の手法を貶したりはしていません)。それらの人々のこれまでの実践を侮辱し、それらの人々の感情を傷つけるということは事前にお考えになりませんでしたか。

5.本日、フジテレビ系ドラマ『嫌われる勇気』の内容について、日本アドラー心理学会が抗議したことが報じられました。同学会はこれまでにも岸見先生にコンタクトを試み、ドラマの内容がアドラー心理学への誤解を招いていることについて善処を要望していたときいております。岸見先生はドラマの内容についてどの程度の指導等をされたのでしょうか。


ご質問は以上です。できれば、これらのご質問について、お電話か面談でお答えいただけたらと存じますが、お忙しければメールでも結構です。
本日より1週間以内、2月19日までにご回答もしくはお電話または面談によるご回答の日程設定をお願いできればと存じます。


※尚、野田俊作先生は、厳しいご質問にも真摯にお答えいただき、対話から逃げるようなことはされませんでした。
真実のアドレリアンはそうしたものだと思っております。

何卒どうぞよろしくお願いいたします。



‥‥…━━…‥‥…━━…‥‥…━━…‥‥

 100年後に誇れる人材育成をしよう。
   正田 佐与(しょうだ さよ)
正田佐与承認マネジメント事務所

‥‥…━━…‥‥…━━…‥‥…━━…‥‥


正田様

ご連絡いただきどうもありがとうございます。
私たちとしましては、『嫌われる勇気』や『幸せになる勇気』によって特定の方々を傷つける意図はなく、アドラーの思想をベースに「人は誰もが幸せになれる」という大きなメッセージを投げかけたつもりでいます。ご批判は真摯に受け止めたく思いますが、私たちの思いはすべて両書の中に込めてありますので、それ以上のご返答は差し控えさせていただきます。
どうもありがとうございました。

岸見 一郎(ichiro kishimi)



*******************************************


 さて、上記の回答の中で岸見氏は「『人は誰もが幸せになれる』という大きなメッセージ」と言う。確かに『嫌われる勇気』も『幸せになる勇気』も最終的に同様のフレーズを謳っているが、しかし承認欲求を否定した人が幸せになることはそもそも不可能である。できるとしたらそれは認知能力の重篤な障害のある人が主観的にそう思っている、という世界だろう。そしてトラウマを負っているのにトラウマを否定される人も…。

 「人は誰もが幸せになれる」という言葉を言えば、ほかのことすべての免罪符になるんだろうか?

 ともあれ、岸見氏古賀氏柿内氏への質問というのは非常に気の重いフェーズだったので、少し肩の荷を下ろした気分だ。

 今日はいい天気。

 『嫌われる勇気』について調べるなかで、引き続き様々な関係者にご意見を伺っている。
 Facebookでご縁をいただいた、土井ホーム運営・土井高徳氏のコメントを、ご了解をいただいてブログにUPさせていただく。

 子どもたちの中でももっとも重い傷を負った、被虐待経験や少年犯罪、非行の経験をもつ少年たちを受け入れ、日々目の前にみて向き合い、励まし、時には真剣に叱りもする土井氏の目には、「トラウマは存在しない」が一人歩きする現状はどう映っているだろうか。


*******************************************

 こうした、「トラウマは存在しない」が一人歩きしている現状について、「トラウマ」を抱える当事者と現在形で向き合っている支援者はどうみているだろうか。
 福岡県北九州市で、深刻な発達上の課題を持つ少年を多く受け入れている里親型ホームを運営する土井高徳氏にお話を伺った。

 土井氏は1970年代から不登校や引きこもり、ネグレクトの少年たちの支援を行ってきた。今世紀に入ってからの支援は、親から虐待された過去を持つ少年を多数受け入れるようになり、治療的専門里親として少年の生活全般を建て直す方針になっている。
 土井ホームで受け入れた少年たちは、家庭や児童養護施設で激しい虐待を受け、虐待の影響によって解離症状などの深刻な精神医学的症状を見せる少年、深刻な少年犯罪や非行、逸脱行動を表出する少年、不眠や抑うつ症状、自傷行為を見せる少年など、深刻な状態の少年ばかり。このような虐待と発達障害の重複という子どもも多い。少年同士の激しい対立が起こり、警察を呼ぶことすらあった。

「トラウマは存在しない」というフレーズが独り歩きしていることについて、土井氏はこう語る。

「トラウマ概念は紀元前8世紀のホメロスのイリアス、紀元前5世紀のヘロドトスの著作物にトラウマ類似の事例が記載され、戦争神経症、鉄道脊椎症候群などと時代時代で報告されてきました。こうした驚愕反応や侵入症状などの中核症状は、フロイト、フィレンツ、ジャネによって次第に明確化され、戦争体験者、大規模災害やユダヤ人収容所の生存者、性被害者などに広く認められる症状として、1980年にアメリカ精神医学会によって提唱され、引き続き1992年にWHOの診断基準に掲載されたという歴史があります。トラウマの存在を前提とした診断と適切な治療や援助は、臨床医学や臨床心理学、保健学や看護学などの分野ですでに確立されたものであることは論を待ちません。」

 児童養護施設で同室の子どもの体の50か所以上にやけどを負わせ、年下の男の子に性的いたずらをするなどして土井ホームに入所してきたA少年のケース。
 入所後も、少年の暴力と規則に従わない行動、それに解離症状は折に触れ噴出した。A少年も大事だがホームの他の少年も守らなければならない。このため土井氏はA少年に対して4点の指導方針を決めた。
1.「再演」としての逸脱行動に対する「強い枠付け(禁止)」
2.自分自身の行った行為に対する事実とそれに対する感情の徹底的な言語化
3.逸脱行動の背後にあるこれまでの心的外傷の語り
4.加害少年と被害少年との修復的司法の取り組み

 土井氏はA少年の被害にあった少年2人から聞き取りを行い、A少年による暴力行為の内容を確認。続いてA少年と面接を行った。
 A少年は身体的暴力だけでなくペットボトルの小便を飲ませるなど、性的暴力も行っていた。土井氏はA少年に、
「ひとが苦痛を覚えることを力で強要するのは最大の暴力だ。やってきたことはおまえ自身が施設でされてきたことではないか」
と施設での体験を話すように促した。するとA少年は激しい葛藤の表情を見せ、話すことへの強い躊躇を示した。
 土井氏がさらに
「つらく傷つくような体験をいっぱいしてきたと思う」「そうした体験をじっと心に隠しているといつまでもそのことに囚われてこころが晴れない」「言葉にすることで自由になれる」と促すと、A少年はようやく以下のような体験を語り始めた。

A少年:「養護施設では、小学生の間はまだ良かったが、中学生になったころからいじめが酷くなり、態度が悪い、言葉遣いが悪いと殴られたり蹴られたりした。子どもたちが囲んだ中で年長児とのたいまんを強要され、ボコボコにされた」「首を絞められ喉から血が出た」
土井氏:「施設の卒業生によれば、風呂場が一番苦痛だったとT教授から聞いたが」
A少年:「熱湯や洗面器に入れた小便をかけられた」「気を失うまでお湯に体を沈められ、浴槽のお湯を飲め、飲まないと殴るぞと強要された」
 その後A少年は施設で年長児3人から性的暴行を受けていたこと、自分も下級生に性的暴行をする側になったことなども語った。
 土井氏は「そうか、辛かったな。施設での出来事をよく勇気をもって話してくれたな」
とA少年を評価した。そして、ホームの多くの少年が家族愛に恵まれない中でA少年には母親や姉がいること、また土井氏の夫人がA少年を受容的に処遇したいと言っていることなどを語ってきかせた。A少年は号泣した。

 「明日からがんばるな」と土井氏とA少年は握手。「ただし再発した場合は即座に断固とした処置をとる」と告げた。面接終了は夜中の11時15分だった。
 「トラウマ記憶の言語化」については、90年代アメリカで「記憶の捏造」が訴訟問題にまで発展し、そのために今でもトラウマの存在に懐疑的な精神科医もいる。土井氏は大学の先生や出身施設など少年の周囲から情報を得ることでその問題をクリアしている。

 翌日、A少年は被害を受けた少年2人に謝罪。被害少年たちも謝罪を受け入れた。
 A少年はこの後、トラブルを起こすことはなかった。暴力の再発はなく、周囲からも「A少年は変わった」「以前は暴力で解決しようとしていたが、今は言葉で解決しようとするようになった」という評価の声が上がった。やがてコンビニエンスストアで高校の放課後アルバイトをするようになり、地場の企業に合格し、会社の社員寮に入ってホームから巣立っていった。

 土井ホームでのこのエピソードを紹介したのは、ほかでもない。
 「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」に代表される、まったくの「頭でつくった言葉」がベストセラーに載り、一人歩きしている状況にNOを言いたかったのだ。
 切実にトラウマに苦しみ、自分が苦しむのみならず周囲にまで苦しみをもたらしてしまう当事者がいる。そしてその当事者と「本気」で向き合う支援者がこの地続きの世界に、いる。

 土井氏に、「目的論か、原因論か」について問いかけるのもいささか「野暮」のような気がする。氏の手法は、発達障害児への支援技法(構造化など)を加味しているが、基本的にオーソドックスな行動療法。そして上記のA少年に対しては、「トラウマを言語化する」という、認知行動療法の手法も使っている。大いに「原因論的」といえる。
(実は、筆者も自分の子がいじめによって不登校になり、鬱が治り元気になりはじめた頃家族にたいして荒れた。このときに「いじめっ子にされたことを言語化する」ことを勧めたことがある)

 あえて土井氏に伺ってみた。
Q.土井ホームで受け入れているような深刻なトラウマを抱えた少年について、この例のように原因にさかのぼって言語化してもらうことは多いですか?全体の何割ぐらいのお子さんにこういうアプローチをしますか?

A.子ども支援はマラソンです。まず安全感のある環境を保障し、内面で言語化の用意が十分に整ったことを見極めてから取り組みます。準備のできないうちに言語化を急ぐと回復の基礎が崩壊するからです。
 基本、虐待などの被害体験がどの子にもあり、その被害が加害へと転化した深刻なケースを長期にわたって取り組むことも少なくありません。「安全」、「相互性」、「回復・自立」という段階をゆっくりと穏やかに円環的に進めていきます。このようなアプローチはどの子に対しても同様です。子どもの傷の深さによって、「安全」の段階で回復する子も「相互性」の取り組みによって回復する子などそれぞれです。現場と子どもは実に個別的で、ケースバイケースす。
それと同時に、最近ではこうした「リスク管理モデル」から「長所基盤モデル」へとスライドし、子どものストレングスやレジリエンシー重視という方向へと向かっています。その際に、私たちと子どもにとどまらず、子ども同士の相互性を生かした言語化という取り組みを行っています。」

*******************************************

 ちょうど奥様がインフルエンザで発熱、ホームレスの少女が来訪するなど大変な取り込み中のさなか、いただいたコメントだった。
 重い。でもこちらが確実に真実だ。

 ウソや軽い言葉より真実を尊ぶ私たちでありたい。

 この場を借りて土井高徳氏に深く感謝します。

 元アドラー心理学会会長、現アドラー・ギルド代表の野田俊作氏から再度メールのご返信をいただき、公開をお許しいただいた。

 今回は、正田から『嫌われる勇気』の中のアドラーの言葉の”捏造疑惑”についてお問合せしたことへの回答として。

 余談だが野田氏は日本人として初めてアドラー心理学をアメリカで学び日本に持ち込まれた方。帰国の2年後に日本アドラー心理学会を設立、初代会長に就任されている。正田はカジュアルにメール差し上げているが…偉い方なのだ。

*******************************************

岸見氏は、私などよりははるかにアドラー自身の文献には詳しいので、彼が言う
ことは、探せばどこかに出典はあるのだろうと思います。また、出典があろうと
なかろうと、そこが問題ではないと思っております。むかし(1960年くらいまで
かな)のフロイト派は、「あなたの言葉はフロイト全集に出典がない」などと言
って他の学者を批判したりしていたようですが、アドラー派は、アドラー在世の
時代から、アドラーの言葉を引用しているかいないかを問題にしたことはありま
せん。それは現在もそうなので、岸見氏の書かれたものがすべてアドラーの言葉
の引用であっても、逆にすべて岸見氏のオリジナルであっても、どちらでも別に
かまわないのです。要は、彼が言っている言葉が、アドラー心理学の基本的な理
論や思想や技法と矛盾していないかどうかが問題です。

たとえば古典物理学は、アイザック・ニュートンやその後継者たちが作ったシス
テムですが、誰もニュートンやその他昔の学者の文献を引用して話をしません。
若いころに実際にニュートンの『自然における数学的原理』という著作を読んだ
ことがあるのですが、いまの物理学と違って数式はまったく使われておらず、幾
何学的な方法で説明がされています。それを、ある時代に、誰かが、すべて数式
に書き換えたわけです。だから、たとえば現在の高校の物理学の教科書には、た
だのひとこともニュートン自身の著作からの引用はありません。しかし、紛れも
なくニュートンの力学です。

アドラー心理学も同じことで、アドラー心理学の理論と思想と技法というものが
あって、それをわれわれは伝えています。ある主張がアドラー心理学であるかど
うかは、アドラーや他のアドレリアンの文献の言葉を引用しているかどうかでは
なくて、アドラー心理学の理論や思想や技法に矛盾していないかどうかで決まり
ます。

理論に関しては、ハインツ・アンスバッハーという人がアドラーの死後に、アド
ラーの理論を抽象的にまとめました。いまでは、私たちは、アドラーを引用する
代わりに、アンスバッハーがまとめた言い方(たとえば目的論)をもとに話をし
ています。では、岸見氏はアンスバッハーがまとめた理論について問題があるか
というと、詳細に検討したことがないので断言はできませんが、そんなに大きな
逸脱はないんじゃないかと思っています。つまり、理屈はわかっているんじゃな
いかということです。

思想に関しては、岸見氏の共同体感覚論は議論の余地があると思いますが、そも
そも共同体感覚論そのものが、理論のような科学的なものではなくて、だからさ
まざまの解釈の余地があると思います。岸見氏の解釈もありうるかもと思ってい
ます。私は好きではありませんが、許容範囲内かもしれません。共同体感覚論は
科学理論ではなくて思想ですので、そこで論争すると、宗教論争になってしまい
ますから、避けたいのです。

技法はルドルフ・ドライカースが大成しましたが、岸見氏に問題がもしあるとす
れば、技法論においてでしょうね。彼は、アドラー心理学の治療技法のごく初歩
しか学んでいないので(「カウンセラー」という資格はそういう意味です)、し
ょうがないのかもしれませんが、われわれ専門の治療者から見ると、「それじゃ
治療にならないでしょう」というようなものの言い方をしばしばされるように思
います。正田さまが引っかかっておられる部分も、多くはそれに関連していると
思います。

たとえば、岸見氏が、「不安だから、外に出られないのではなくて、外に出たく
ないから、不安という感情をつくり出している」という意味のことを言われるの
は、理論的にはそのとおりだと思います。しかし、治療現場で患者さんに向かっ
て、「あなたは外に出たくないから、不安という感情を作りだしているんです
よ」というようなことを言うのは、ほとんどの場合に反治療的だと思います。ア
ドラー心理学の目的は、「人間を知る」ことではなくて、「人間を援助する」こ
とです。「人間を知る」のは、あくまで「人間を援助する」ためです。ですから、
ものの言い方にはいつも敏感でなければなりません。たとえば私が、「あなたは
不安なのは、所属がうまくいっていないからだと思います。ですから、どうすれ
ば所属できるようになるか、一緒に考えていきませんか」というのは、岸見氏と
同じ意味のことを、治療的に言っているわけです。岸見氏は、私が知るかぎりで
は、この部分を習ったことがないと思います。まあ、私以外の治療者からどこか
で習ったかもしれませんので断言できませんが、そうであったとしても、まった
く勉強が足りないように感じます。つまり、岸見氏の問題点がもしあるとすれば、
治療の勉強をしていないのに、治療の話をするところではないかと思います。そ
の結果、しばしば反治療的な結末を作りだしているように思います。

大昔のことですが、郭麗月というお医者さんが、アドラーの本(たぶん "The
Science of Living" ではなかったかと思う)を訳して、『子どものおいたちと
心のなりたち』という本を出されました。その後書きに、当時、近畿大学医学部
精神医学教室の教授であった岡田幸夫先生が、「アドラーは人間を見るまなざし
がやさしいのがいい」と書いておられたことを、印象的に覚えています。私も本
当にそう思っていますし、その点が私がアドラー心理学を好きな最大の理由です。
岸見氏が現在説かれるアドラー心理学には、どうもそのあたりに問題があるよう
に思っています。

もっともこれは、岸見氏の人格的な問題ではなくて、治療理論と治療技法をきち
んと習わないままで、アドラー心理学の解説を始めたことによるのだと思ってい
ます。外科の実技を習ったことがない医学生が手術の話をしているようなもので、
「それでは手術じゃなくて解剖で、患者さんは死んでしまうよ」と思います。外
科手術のほとんどの手数は止血です。少し切っては出血部を糸でくくり、また少
し切ってはくくり、無限にそれを繰り返して、そうして最後に患部を切除します。
その途中の手数は、実際に手術場にいた人間しか知りません。ちなみに私は、若
いころに麻酔の研修医をしていたことがあって、2年あまり手術場をウロウロし
て暮らしていましたので、外科医がやっていることはよく知っています。心理療
法も外科手術に似ていて、すこしずつすこしずつ患者さんの納得をいただきなが
ら治療していきます。その手順の習得には、かなり長い期間の研修が必要です。

岸見氏と学術的な場で会えそうな感じになってきています。その際には、そのあ
たりの話をしようと思っています。テレビドラマは見ていないのですが、人々の
噂によると、「止血をしない外科手術」みたいなことが行なわれているようです
ね。そういうのは手術と言わないで、傷害事件と言います。それをみてアドラー
心理学だと思われると、本当に困ってしまいます。

野田俊作

*******************************************

 「所属がうまくいっていない」
この言葉は、とりようによっては「承認欲求を満たしてあげましょう」と同義のようにとれなくもない。
「承認欲求」の定義しだいだが、わたしなどはマズローのいう承認欲求と所属欲求をひっくるめて承認欲求と呼んでいる(ヘーゲル-ホネットの承認論から逆算して考えても、そうなる)。承認欲求とは、決して「悪目立ちしたい」とかいう意味ではない。

 もうひとつ、
 「治療理論と治療技法をきちんと習わないままで」というところがわたし的にはヒット。

 そう、岸見氏は学会認定カウンセラーではあるのだが、その語るカウンセリング場面には今ひとつ援助職の人の共通してもつありようが見えない。私ごときですら、武田建氏(関学大名誉教授)が口を酸っぱくして言われたこと、「共感」を叩き込まれたのに。

――ちなみに武田氏はロジャーズの孫弟子でありかつ、行動療法家でアサーションの始祖ジョゼフ・ウォルピの直弟子でもあるという稀な人で、そういう人から行動療法を学べたのは私にとって幸運だったと思う――


 「治療」としてのリアリティが見えない。これは、他の精神科医の方も言われたことだ。

「親から優秀な兄と比べられて育ったことがトラウマだったんです」
「トラウマは存在しません。アドラー心理学ではトラウマを否定します」

 非常にライトな文脈で「トラウマ」と軽々しく言い、そのライトなのを受けて「トラウマは存在しません」と大見得を切る。なんというリアリティの無さか。

 いや、そのままだともの知らずの人同士の会話だと聞き流しておけた。わたしも3年間聞き流していたが、大真面目に二次使用三次使用され講演でも堂々と言っているとなると、ね。


 岸見氏がアドラーの訳書を出したのは10冊以上になり、国内ではぶっちぎり最多。そういう独自の立ち位置があったので独特の解釈を打ち広げることができ、またほかの人も意見できなかったのかもしれない。

 
 このブログではスルーしていたが、日本アドラー心理学会は今月10日、フジテレビに対してドラマ『嫌われる勇気』への抗議文をホームページに載せた(抗議文は3日付)。それより前、野田氏、岸見氏らにそれぞれのアドラー心理学観をきくコラムがHPから消えていた。

 というわけでこの項まだまだ続きます…

信頼はなぜ裏切られるのか 表紙画像

 引き続き『信頼はなぜ裏切られるのか』(デイヴィッド・デステノ、寺町朋子訳、白揚社、2015年12月1日、原題'The Truth About Trust')の読書日記。今回は後編です。

 後半は、「権力はなぜ腐敗するか」「金がからむと人は裏切り者になる」また、「しぐさ心理学の決定版!”この4つ”が信頼できる人そうでない人を決める」(ポップ心理学風に)があります。

 またITと信頼の項目では、ゲームに勝つことを目的に自分のアバターを利己的に改造すると、そのキャラに自分が乗っ取られ利己的でウソつきになる可能性があることが取り上げられています。ちょうど「フェイクニュース」拡散が大学生の仕業だった、などがわかってきたときに、「IT、ゲームと信頼にかかわる人格変容」を考察した気になる箇所です。

 全体の目次は以下の通りで、このうち第1〜4章の内容は前編でとりあげました。こちらの記事でどうぞ。

第1章 信頼とは何か?
第2章 無意識が支配する
第3章 赤ちゃんは見ている
第4章 恋愛と結婚の核心
第5章 権力と金
第6章 信頼のシグナル
第7章 操作される信頼
第8章 あなたは自分を信頼できる?
第9章 信頼するか、欺くか

 それではいよいよ、第5〜9章の内容です:

●信頼は、他者を頼らなくてはならない人にとって生き延びるための手段である。

●最下層に分類された車種のドライバーは一人残らず車を止め、研究者に横断歩道を渡らせてくれた。中間層では、ドライバーの約30%が法律を破り、車を止めないで研究者の行く手を遮った。そして最上層(フェラーリ)では、ドライバーの約50%が法律を無視して自分の都合を優先させた。

●社会階級の高い人はウソつきにもなる。採用面接の実験では、これから面接する求職者が少なくとも2年以上の雇用期間がなければ仕事に就くつもりがないことを知っておりその仕事が6か月で終わることになっているとき、雇用主の社会階級が高いほど、その仕事が短期間で終わることを隠す人が多かった。

●社会階級の高い人びとのほうが、他者の犠牲によって自分の利益を増やす行動を容認しただけでなく、自分もそうふるまう可能性があると答えた。

●社会階級の高い人びとの信頼度が平均的に低いのは、彼らの育ちのせいではなく、この瞬間に消費できる資源を持っているからだ。信頼度を生み出すのは、自分には他者が必要だという感覚である。独りでは望む目標を達成できないという感覚だ。

●人の信頼度は生まれ育った社会階級によって決まるのではなく、現在、周囲の人々と比べたときの自分の位置によって決まる。

●自分の権力や社会的地位が上だと感じた参加者――社会階級の低い人と比べたばかりの人びと――は、それとは反対に感じた参加者よりも、ボウルからかなり多くのキャンディーを取った(食べたければキャンディーを1つとってもいいと言われていた)

●人は権力を得ると不誠実になるだけでなく、ぬけぬけと嘘をつけるようにもなる。高い地位の盗人群――短時間、ボスの役になった人びと――は、平気で面談者に嘘をついた。じつは、高い地位の盗人群では、実験前に面談者から「嘘つき」に分類された人はほとんどいなかった。ちょっとした地位の変化が彼らに自信を与え、利己的な嘘つきにしたのだ。

――「テストステロン」は地位上昇に伴って出るという。本書では触れていないがこの人たちはテストステロンが出たのだろうか。

お金がそばにあるだけで、人をだます傾向が高まり、信頼度が低下する(ハーヴァード・ビジネススクールの行動経済学者、フランチェスカ・ジーノの研究)。現金7000ドル以上が机に積んであったグループでは、アナグラム問題の採点におけるごまかしは大幅に増えた。

お金のことを思い出させたりするだけで、人びとが自分中心になり、仲間との社会的な交流より自己充足を重視する。ミネソタ大学カールソン経営大学院のキャスリーン・ヴォースの研究)。お金があるという考えを実験参加者に強調すると(お金を見せたり、お金について書いてもらったりすると)、対人行動に劇的な違いが出る。お金を目立たせると、人びとは、助けを求められても積極的に支援しなくなるうえ、自分が困難な課題にぶつかったときに、他者の助けをm止めるのをためらうようにもなった。お金があるというシグナルは、自力本願の気持ちを強め、助けを求める他者や協力の意向を示す他者の拒絶につながるのだ。

●お金と社会的近接性の実験(ヴォース)。社会的近接性とは、他者とどこまで近づきたいかという感覚で、相手との関わり合いへの意欲を示す指標。二人の人間の距離は、交流したいという気持ちが強いほど近くなる。実験から、お金を思い起こさせるものがあれば、人びとが互いに離れて座ることを見出した。

●お金が社会的嗜好に及ぼす影響(ヴォ―ス)。参加者はこれから与えられる難しい課題を誰かと一緒にするか、一人でするかを選ぶように求められた。人はふつう、楽しくない課題では協力したがるが、(お金の絵を見せられるなどして)お金のことを思い出させられた参加者では、それ以外の参加者よりも、単独作業を選ぶ割合がかなり高かった。彼らは、成果を分け合うことや、成果を出すために他者を頼ることを嫌がったのだ。

――このくだりが本書の一番の「きも」。昨年初め、『「学力」の経済学』という本について「教師も子どももカネで釣れ、というおそろしい思想だ」とわたしは批判したのだが、カネで釣ってはなぜいけないか。ウソつきになるし人と助け合わない一匹狼になるし、と「人格面」でのよくない影響が出るということがちゃんと研究されているのである。教育経済学という狭い分野の知見だけで判断してはいけない。

――もうひとつは、アドラー心理学はじめ行動主義に対するアンチの言説をみると、結局かれらは「おカネによる報酬」を批判しているのではないか、そこだけをピンポイントで叩けばいいのにほめる(精神的報酬)までもを批判してしまっているのではないか、という気にもなる。


●権力者は信頼を重視しないが、「人を信頼するのはよいことだが、信頼しないのははるかによいことだ」と言ったベニート・ムッソリーニは最終的にどうなったか。処刑されたのち、遺体はミラノのガソリンスタンドの柱に逆さ吊りにされた。

●専制君主、上流階級の子孫、PTAの会長などは多くの場合、階層的地位が高いおかげで、社会的責任を果たす場面で制約を受けないように感じる。ほかの人びとは彼らの指示を聞かなくてはならないので、彼らは通常、反撃を恐れずに自分の短期的な目標を達成できる。つまり、他者を信頼しなくてもよく、他者に指図できる。

●だが、こうした統率戦略には、暴力や恐怖による強制力を何度も行使して地位を維持しなくてはならないという問題がある。そのため、有力人物が強制力を失うと、搾取に苦しめられた人々は、しばしば報復しようとする。

――どこかの大統領のことをつい考えてしまうが彼はどんな末路をたどるのだろう?

●心の知能(EQ)が高い人びとも、やはり権力のある地位に押し上げられたとき権力の毒に冒される可能性がある(ケルトナーの研究)。だがそれに抗える人もいないわけではなく、そうした人びとは名誉や公平さ、信頼を保とうと努める情け深いリーダーとなり、長く自分の地位を維持する。

●数学的シミュレーション(マーティン・ノヴァク)でも、さまざまな社会集団における現実世界での階層ダイナミクスの研究でも、公平で誠実で寛大な人は、長期的には得する傾向がある。

――受講生さん方、読んでくれているかな。

――ここからは「信頼のシグナル」の話。

●信頼のシグナルは、きわめて慎重に出される必要がある。自分の手の内を一度にすべてさらすと破滅する。

●身ぶりや表情を正しく解釈するには、2種類の文脈が欠かせない。私はそれらを「配置の文脈」と「場面の文脈」と呼んでいる。単独の身ぶりや表情は、人の感情や意図を表す確かな指標ではない

●顔の表情は、単独では人の感情を突き止めるのには役立たない。運動選手が勝つか負けるかして激しい感情を抱いている瞬間の写真を用いた実験で、人間は表情のみから感情を推測するのがひどく下手だということがわかった。

●「場面の文脈」。同じシグナルでも、それを発する人によって、伝えたいことが異なるかもしれない。心が誰かの微笑みを支持のシグナルと解釈するか悪意のシグナルと解釈するかは、その相手の社会的カテゴリー次第。競合相手や敵対する人の笑みは、よくない出来事の前触れかもしれない。

●相手のふるまいを予測する制度は、相手と対面で会話した参加者のほうが、インスタントメッセージを用いた参加者よりかなりよかった(著者の研究)。

●4つの手がかりに注目すると、参加者が感じ取った信頼度についても、実際の行動が誠実なものだったかどうかについても精度よく予測できた。4つの手がかりとは、腕を組むこと、体をそらすこと、顔に触れること、手に触れることだ。これらの仕草を頻繁にするほど、その人は不誠実に振る舞った(相手に渡したメダルの枚数が少なかった)。

●次にこの4つの手がかりをロボットの「ネクシー」に学習して実際にやってもらったり、やらなかったりしてもらったところ、会話中にネクシーが4つの手がかりを出すのを見た参加者は、あとでネクシーを信頼できないと述べた。彼らは、あたりさわりのない手がかりを見た参加者たちと同じくネクシーに好感を持ったが、ネクシーから騙されそうな気がしたのだ。さらに、4つの手がかりを見た参加者はネクシーからもらえるメダルは少ないと予想しただけでなく、メダルをネクシーと分け合う気持ちも薄れた

そして最も重要なのは、信頼度の感じ方がすべてを結びつけたことだ。すなわち、参加者が報告したネクシーの信頼度から、ネクシーが渡してくれそうなメダルの予想枚数と、参加者がネクシーに渡すメダルの枚数が、両方とも直接予測できたのだ

――4つのシグナルとは何!?テストに出ますよー(笑)

●能力のシグナルには微妙さが必要でないので、その構成要素は誠実さのシグナルに比べてはっきりしている。能力を示すシグナルは、自尊心や地位を表す非言語的な表現にそのまま結びついている。たとえば、胸を張る、頭をぐっと上げる、両手を広げて掲げる、両手を腰に当てる、交流するときに他者をあまり見つめない、などだ。


●人は一線を越えて思い上がる(過度な自尊心を持つ)こともあるが、心理学者のリサ・ウィリアムズと著者の研究からは、自尊心がきわめて有用であることが示されている。人は自尊心に駆り立てられて有益な技能を獲得しようとするが、自尊心がなければ、そんな気も起るまい。

――ここもひそかに重要。一時期、自尊心が高いことが暴力傾向につながることが強調された。しかしそれは過剰なレベルになった自尊心について言うもので、自尊心が低すぎる人や子どもには、まず上げてあげなければ学習意欲も湧かない。これは、「承認導入企業」で最初の意欲向上のマーカーとして学習意欲が高まり、仕事関係の本を読んだり社内勉強会を開いたりするようになるのだが、それとも一致する。
(当ブログの『「学力」の経済学』批判の最初の記事なども参照されたい)

――そしてやはり、「自尊感情をもちましょう」という教育は子どもさんのほうにではなく、親御さんや先生のほうにしたい。

 
●自分には専門技能があると思い込まされた参加者は、できるという単純な思い込みによって、自信のシグナル――胸を張った姿勢、頭を上げることなど――を発し、ほかの人びとは彼らの指図を信頼した。メンバーたちは、脅されて従ったのではなく、報告によれば、自信に満ちた仲間についていきたいと思ったとのことだ。彼らは、自信のある人を否定的に捉えたり、偉そうな奴と見なしたりはしなかった。逆に、好感を持ったと報告した。信頼できそうな人が見つかって喜んだのだ。

●心はよく間違いをする。だが、手がかりはつねに間違っているのではない。間違っているのは、心がそれを一般化しすぎるときだけだ。

●顔のつくりによるバイアス。静止状態での顔の構造的な違いを過度に一般化して感情を見つける。その結果、眉が目立つ人や口角がやや下がっている人は、そうでない人よりも、腹を立てている、よからぬことを企んでいる、あまり信頼できないと判断されることがある(トドロフの知見)。

●童顔の人は一般的に、温かい心や善意を持つが能力はやや劣ると見られることが確かめられている(トドロフら)。

●候補者の顔が選挙に及ぼす影響(トドロフ)。2000年から2004年までの5つの選挙で候補者の顔のみに基づいた有権者の選択を分析した。研究チームはニュージャージー州プリンストンの住民に、アメリカの別の地域で出馬した候補者の顔写真だけを見せた。結果は、顔の特徴のみから最も能力があると判断された候補者が、実際の選挙戦において、約70%の確率で当選したのだ。

●政治評論家のラリー・サバトは、「連邦議会が、ニュースキャスターやクイズ番組の司会者に似た人びとに乗っ取られていることがおわかりでしょう」と述べている。

●テクノロジーを信頼するバイアス。想定リスクが高いほど、人間の助手より自動化ツールから提供された情報に基づいて決定することが増えた。

●アバターの仮想世界でも、現実世界の男性と同じように、男性のアバター同士が会話するときには、女性同士や男女の場合に比べて、互いの距離がかなり開いていた。

●ある人から自分のアバターを信頼してもらいたいとしよう。人が他者に対して抱く共感や責任の大きさは、相手が自分にどれほど似ていると思えるかで決まる。たとえば、相手と同じリストバンドをつけるといったささいなことでも効果がある。

●仮想世界で、候補者2にんのうち一方の顔写真を参加者1人ひとりの顔に合わせて変形させ、参加者の顔が40%含まれるようにした。この程度の変形だと意識的な心は気づかないが、無意識的な心はパターンに対して敏感で、この変形に気づく。この結果、大多数の人が、政治的な立場についての情報を無視し、自分の顔が40%含まれる候補者に投票する意思を示した。

●相手より戦略的に有利な立場を得られるようアバターの外観を変えると、そのような変更が逆向きに作用してアバターのユーザーに影響を及ぼす。この可能性は「プロテウス効果」と名付けられている。背の高さは、他者と交流するときの自信や優越感、自尊心の大きさと関連することがわかっている。その分、誠実に振る舞おうという気持ちが薄れる。大柄なアバターを使った人は、バーチャルな世界で自分本位に振る舞うだけでなく、その態度を現実世界にも持ち込む。

●プロテウス効果を裏付けるように、背の高いアバターを割り当てられた参加者は、バーチャルな世界だけでなく現実世界でゲームをしたときにも、自分の取り分を多くした。自分には力があるという感覚が、無意識のうちに「通常の」自分に対する認識にも波及し、信頼に関連する振る舞いが悪い方向へと変わったのだ。

●ファンタジーの世界で利己的に振る舞う力やそうした役割のあるアバターを選ぶと、思いがけず、同じ振る舞いが現実の日常生活でもわかりにくい形で引き起こされる可能性がある。そして、もし誰もがこのようなゲームで何としても勝って他者を支配しようとするのなら――その可能性は高い――、私たちの社会の全般的な誠実さは、じわじわと下降線をたどるかもしれない

――「フェイクニュース」蔓延と関連するかもしれないところだ。ゲーム育ちの若者がネットでウソを拡散する、既に起きていることだが科学的にもその可能性が高いことがわかっているのだ。

●ヘルスリテラシーの低い人へのITを使った援助の試み。ヘルスリテラシーの低い人は勧められた治療を理解できず、指示された治療法に従えないため、退院後の健康状態がきわめて悪い。しかもその率は高く、アメリカの成人全体の36%、都市部の貧困層では80%を超える。ここで「信頼」できる特性を備えたエージェントを設計し、患者にこのエージェントとタッチパネルで交流してもらった。すると、ヘルスリテラシーの低い患者たちは、このエージェントに大きな信頼と安心感を抱いたと報告しただけでなく、大多数が人間の看護師よりもエージェントと交流したいと答えた。

●この実験でエージェントは、親身になっていることを占める感情表現と、患者の注意を退院後のケアプランの情報に向けるための手振りという二つの非言語的な行動によって、双方向の関係をつくり出した。それはヘルスリテラシーの低い人々と人間の看護師や医師との間に欠如しており、学習効果を高めるうえで大切なものでもあるからだ。エージェントの社会的な表現や患者への接し方を機械的なものにすると、患者たちはエージェントにあまり親近感を持たなかった。

――やっぱり、「AI先生」普及の余地はありそうですね

●患者の意識が高まった理由は、1つには患者が情報をしっかり理解したことにある。だが著者はひそかに、患者が誠実に振る舞いたいと望んだことも関係しているのではないかと思っている。患者はデジタルの看護師に対して、自分が信頼に値することを示したいと思ったのではないだろうか。


 抜き書きはおおむね以上。

 たいへん面白い読書でございました。


ネット時代、「社会全体の誠実度が低下するかもしれない」という著者の予測が既に当たりつつあるように見えるのが気がかりです…。

 精神科医・ブロガーである、Dr.シロクマこと熊代亨先生の新着記事を、こちらにも全文転載させていただきます。

※元の記事
>>http://p-shirokuma.hatenadiary.com/entry/20170209/1486634304


 熊代先生は従来より精神科領域から「承認欲求を否定することは危ない」と発言。
 2014年にはブログ「シロクマの屑籠」「承認欲求四部作(リンクは第一記事)」をまとめられ、当ブログでも引用させていただいたりしました。
 (当ブログの引用記事はこちら


 このシロクマ先生に最近、わたしから3つのご質問を投げましたところ、それへのお答えをこんな風にブログ記事にまとめてくださいました。

 大変熟考されたうえ、記事としては手際よくまとめてくださっています。わたし自身にも大変参考になりました。

「承認欲求を否定したら、どうなりますか?」普通の精神科医なら「考えたこともない」と答えるであろうご質問にシロクマ先生は、「抑うつ的になるでしょうね」。明確に言い切られました(←某ベストセラー的表現)

 読者の皆様も、よろしければご覧ください:


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


「 トラウマは本当に「ある」?/目的論・原因論どちらを重視?/承認欲求を否定したらどうなる?


先日、ある方から3つの質問をいただいた。これについて、自分なりに整理してみたかったので、ブログ上で清書をしてみます。
 
 お題は、以下の3本です。
 
 1.「トラウマ」の有無について複数の精神科医に訊いて回ったが、回答がまちまちだった。結局、トラウマは「ある」のか「ない」のか。
 
 2.トラウマの有無はともかく、現場では「原因論」と「目的論」どちらの考え方を重視するのか。
 
 3.「承認欲求を否定せよ」というフレーズがあるが、本当に否定したらどうなるか。
 
 


 
 【1.トラウマは「ある」のか「ない」のか】 
 

 どちらかといえば、私は「ない」派かもしれません。

 私は、フロイト直系の精神分析でいう(古典的な意味の)トラウマについて、あまり考えません。
 
 ちょっと古めの精神医学事典によれば、
 


 心的外傷 psychic trauma
 
 個人に、自我が対応できないほど強い刺激的あるいは打撃的な体験が与えられることをいう。
 (中略)
 フロイトS.Freudの神経症に関する初期の研究の中で提唱されたもので、恐怖、不安、恥、あるいは身体的苦痛などの情動反応を示す刺激として論じられた。これらの刺激は意識的世界では受け入れがたいので抑圧されてコンプレックスを形成することになる。すなわち、心的外傷体験は新しい外傷に対する自我の傷つきやすさを増大する。


 とあります。
 
 問題は、「新しい外傷に対する自我の傷つきやすさを増大するようなトラウマ体験」が一体どういう体験か、です。私の記憶が間違っていなければですが、古典的な意味でのトラウマとは、特別にひどいエピソード一回で生じてしまうものだったはず。
 
 対して、私が愛好する自己心理学*1では、トラウマに相当するものは、特別な一回や二回の外傷体験によってできあがるものではなく、もっと長期間の、持続的な共感不全や不遇によって生じるもの、とみなされていました。逆に言うと、一回のひどい体験があっても、その体験と当人を周りの人達が適切に受け取って対処できていれば、トラウマへと発展しない、という考えかたです。
 
 私は、世間で騒がれるところの「幼少期のトラウマ」の大半は、こちらの考え方で捉えたほうが妥当だと思っています。
 
 ただし、PTSDを念頭に置いたトラウマに関しては、ある程度「ある」と想定しています。
 
 PTSDという精神疾患は、もともと第一次〜第二次世界大戦に砲弾ショックや塹壕神経症と呼ばれていた軍関係の領域で発展してきたものですから、主に、長期間にわたって極限状態に曝される人々を対象として発展してきた疾患概念でした*2。それが、20世紀末になって戦場帰りではない人々にも適用されるようになり、90年代〜00年代にかけて、たくさんの人々この言葉を好んで用いました。こういった経緯には十分な留意が必要だと私は思っていますが、それでも、重度の災害等でPTSDの診断基準に見合った患者さんを発見したら、そのように診断するよう心がけています。そんなに多く出遭うものではありませんが。
 
 また、PTSDの研究領域では、海馬の縮小や扁桃体の変化といった器質的な変化や、交感神経系の異常な反応などが報告されています。これらも、PTSD領域にトラウマという語彙にふさわしい変化が存在する傍証になるのでは、と思っています。
 
 まとめると、私は
 
 ・精神分析のトラウマに相当するものは、古典的な一発ノックアウト説には懐疑的だが、長期的には発生し得ると考える
 ・PTSD領域のトラウマは、日常臨床ではそれほど多くは出遭わないにせよ、「ある」と考える
 
 という立場を取っています。
 
 
 【2.現場で「原因論」と「目的論」どちらの見方を重視するのか。】

 
 「目的論」と「原因論」については、私自身は、アドラー風の目的論的思考にあまり重点は置いていません。
 
 ですが、患者さんとお話をする時には、「原因論」にもとづいた原因探し、いわゆる“悪者探し”を滅多にやりません。
 
 古典的な神経症の患者さんに出会った時も含め、一般に、過去の出来事や心的外傷を振り返って得をする場面はあまり無いと私は思っています。PTSD系の論説のなかには、過去をほじくり返すとかえって侵襲が増すという話もありますし、また、過去を振り返るよう勧めすぎると「トラウマのねつ造」のようなアクシデントが起こることもあります。その片棒を担ぐようなことはしたくありません。
 
 また、“悪者探し”は家族関係や周囲の援助関係に悪影響を与えやすく、これが、アンコントローラブルな事態をもたらす可能性があります。かりに、99%親が「トラウマの源泉」だったとして、患者さんに「親が悪いんですよ、あなたは悪くないんですよ」と囁く行為が、どこまで患者さんのためになるのでしょうか。
 
 のみならず、患者さんに「親が悪い」と囁くことによって、治療者自身の問題や病理を反映しているってこともあるように思います。これも一種の「転移」ですよね。そういう転移混じりの状況では、治療者は思い切ったことを言いたくなるものですが、それが患者さんにとっての最適解なのか、治療者自身にとっての最適解なのか、よく振り返ったほうが良いことがあるように思います*3。
 
 なにより、過去の原因をどれだけ探したところで、過去は訂正できません。それより未来の社会適応を考えたほうが建設的なので、臨床場面では目的論的な話し合いをする機会のほうが多いと私自身は感じています。
 
 他方で、個人としての私は「原因論」、というよりも「因縁論」者です。私は大乗仏教を広く薄く信奉しており、思考のベースには縁起の考え方があります。
 
 私が見聞している範囲で「因果」と「縁起」の違いを述べてみると、因果とは、科学にみられるような原因-結果を一対一の対応とみなすのに対し、縁起とは、ものごとが起こる種子(要因)は単一ではなく無限にたくさんの要因が寄り集まって結果を生じるもので、その結果が、更に次のたくさんの出来事の種子となっていく、といったものです*4。科学という枠組みで取り扱いやすい物理現象や化学反応のたぐいはともかく、娑婆の出来事を考える際には、こちらのほうが実地に即していると私は感じています。
 
 また、なんだかんだ言っても私は精神分析っぽい考え方が好きなので、患者さんの縁って立つ背景についてはできるだけ情報を集めますし、ネガティブファクターたり得る要因の洗い出しは不可欠とも考えます。ただし、集めた情報とその分析結果をどこまで患者さんに伝えるべきかはケースバイケースで、伝えるとしても、細心の注意が必要です。
 
 なので私は、頭のなかではだいたい「原因論>目的論」ですが、実地に人と喋っている時には「目的論>原因論」という構えをとることが多いです。
 
 
【3.承認欲求を否定したらどうなる?】
 

 マズローの欲求段階説をベースに、「承認欲求を否定したらどうなるか」について私なりの考えを書いてみます。
 
 現代日本には個人主義的な自意識とイデオロギーが浸透しているので、承認欲求は、関係性の欲求として最も重要とみなしても良いのだと思います。ですから、その承認欲求が断たれてしまえば抑うつ状態に陥りやすいでしょう。あるいは酒やギャンブルといった嗜癖に溺れやすくなるか。このあたりは、実地の観察とも矛盾しません。
 
 ただし、昭和時代の日本人、途上国の町村部といった個人主義的な自意識やイデオロギーがそれほど広まっていない地域では、承認欲求よりも所属欲求のほうが関係性の欲求として重要度が高いので*5、承認欲求を否定されても、現代人ほどにはメンタルヘルスに打撃を受けないんじゃないか、と思っています。
 
 自分自身が承認の焦点になっていなくても、自分が所属している集団を誇りに思えたり、仲間意識や一体感が感じられれば、所属欲求が充たされてまあまあ幸せになれたのではないでしょうか。そのような現代以前の社会*6では、承認欲求を否定されるよりも所属欲求を否定されるほうが“堪えた”のではないかとも思います。これは、現代の大都市圏でスタンドアロンに働く人には、信じられない世界の話と聞こえるかもしれませんが。
 

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来

昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来
作者: ジャレド・ダイアモンド,倉骨彰
出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
発売日: 2013/02/26
メディア: ハードカバー
購入: 5人 クリック: 46回
この商品を含むブログ (35件) を見る

. 
 このあたりは、リースマンやエリクソンやマズローといった昔の社会心理学っぽい書籍だけでなく、『昨日までの世界』のような最近の書籍を読んでいても、さほど間違っていないんじゃないかと感じます。また、私自身の親世代〜祖父母世代を見ていても、20代〜30代に比べて所属欲求への親和性は高いように見受けられます。
 
 ですから「承認欲求を否定したらどうなる?」の答えは「現代日本ではヤバいことになる。しかし人類史全体で考えるならそうとも限らない」が正解だと思っています。特に、内戦中の国のような境遇では、承認欲求/所属欲求どころではなく、マズローの三角形でいえば下のほうの、生理的欲求や安全欲求が脅かされるので、まず、それらを充たすことこそが焦眉になることでしょう。そのような状況下では、承認欲求が充たせるかどうかは、もっと後回しの問題になっているのではないでしょうか。あくまで相対的に、ということですが。
 
 

 
 ここに挙がっている3つの問題は、どれも、つきつめてYesかNoかで考えると割と考えが狭くなりやすいものだと私は思うので、ガチガチに肯定したり否定したりせず、コンテキストに即した柔軟な捉え方をしていくのがいいのかな、と私は思います。少なくとも実地で応用する際にはそうでしょう。そろそろ時間切れなので、今日はここまでにいたします。
 


*1:H.コフートが創始した自己愛についての精神分析学派。自己愛パーソナリティの研究で名を馳せた

*2:全米ベトナム戦争退役軍人再適応研究NVVRSによると、戦争に従事した後の30%の人がPTSDの診断基準をみたし、22.5%が診断基準の一部をみたすそうです。

*3:こういう、治療者自身の病理の取り扱いって、現在の精神科研修医はきちんと教わるものなんでしょうか。教えて偉い人。

*4:ちなみに宗教的には、そういった多岐にわたる縁起の連なりを全て把握できるのは人間には不可能とされています。それができるのは如来。

*5:「所属欲求よりも承認欲求が上」というあのピラミッドの書き方は、現代日本の個人にはあまり当てはまらないものだとは思いますが、西洋史観にもとづいて文明発達を考えるなら、順序として当てはまっているように私にはみえます

*6:ああ、これも西洋史観的なモノ言いですね、その点には留意しましょう


(太字一部正田)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 いかがでしょうか。

 熊代先生は、「承認欲求」の定義としてはマズロー説にしたがっていらっしゃるので、当ブログの通常のつかいかたとしての「承認欲求」と少しずれるのですが、その点もメールで少しお話ししたうえで、ここでは熊代先生の定義のほうを採用させていただいています。

 熊代/マズロー説による「承認欲求」でも、否定すれば抑うつ的になってしまう、ということですね。

 当ブログの定義による、「赤ちゃんのころから」の「承認欲求」だと、どうなってしまうでしょう…


 とまれ、素人のわたしのご質問に真剣に悩んで答えてくださいましたシロクマ先生、どうもありがとうございました!


信頼はなぜ裏切られるのか 表紙画像

 『信頼はなぜ裏切られるのか』(デイヴィッド・デステノ、寺町朋子訳、白揚社、2015年12月1日、原題'The Truth About Trust')を読みました。

 あまり期待しないで読み始めた(失礼)が意外におもしろかった(それも失礼)、いや、素直におもしろかったです。

 「信頼と教育」というところで「教育屋・正田」が素直に腑に落ちたところがありました。
 簡単にいうと「小学校以上の子どもは物知りの人に教えてもらうのが好き」ということです。


 またアドラー先生のお好きな「協力」「貢献」「共同体感覚」に近いお話も出るので、最近ブログ読者に多いアドラー・ファンの方々も必見ですヨ!!

 今回も長い日記になるので2回に分けます。全体の目次をご紹介してからこの記事では前半部分、1−4章をご紹介します。

第1章 信頼とは何か?
第2章 無意識が支配する
第3章 赤ちゃんは見ている
第4章 恋愛と結婚の核心
第5章 権力と金
第6章 信頼のシグナル
第7章 操作される信頼
第8章 あなたは自分を信頼できる?
第9章 信頼するか、欺くか

(第5章以降は次の記事(未投稿)で。)

 以下、抜き書きです。


●そもそもなぜ人間は信頼するのか?人を信頼することはまさに賭けであり、当然リスクがある。一言で答えれば、そうするしかないからだ。他者を信頼することで得られそうな恩恵が、被りそうな損失より平均するとかなり上回るのだ。

●宇宙船の打ち上げのような共同事業を成功させるためには、みなが各自の役目を果たして任務を完遂すると、全員が信頼しあわなくてはならない。

●日常のほとんどの事柄でも私たちは他者の協力を当てにしなくてはならない(例、子どもを人に預けて働くなど)

●アクシデントにあう場合もあるが、統計的に言えば、他者を信頼しないよりも信頼したほうが、一般に長期的な利益は大きくなる。

●問題点その1.人の行動すべてを確認できない。

●問題点その2.行動のやり取りのあいだに時間のずれが起こりうる。

●囚人のジレンマ――『暴力の人類学』で既出。「寛大なしっぺ返し戦略」が長期的にみて最終的な勝者になる。

●評判は「間接的互恵性」という、他者の経験から恩恵を得るメカニズム。評判は、他者を信頼すべきかどうかの判断の手がかりになるほか、みなが誠実にふるまう可能性も高めてくれる。

●しかし、評判は個人の不変的な特性を表しているわけではない。科学的データからは、人間の道徳性が非常に変わりやすいことがはっきりと示されている。同情や利他主義、寛大さや公平さ、浮気や嫉妬、偽善や賭博のどれを取り上げても、人の道徳的な行為の揺れ幅は予想以上に大きいことが実験的なデータから繰り返し示されている。(このことは多くの人は信じられないと思うようだ)

●客観的な状況が変わったり、水面下の心の計算が変化してはじき出す報酬が変わったりすると、行動も変わる。もちろん、どれくらいの量の報酬で誠実な態度が翻されるかは、人によって違うかもしれない。だが、人の信頼度のレベルが固定されていないというのは事実だ。だから自覚のあるなしはともかく、誰でも報酬如何でころっと変わってしまう。私たちの心は、つねにコストと利益を計算しているのだ。誠実さはどんな状況でも、競合する心的なメカニズム同士の目下のバランスによって決まると提唱した。

――こういうのは、わたしもよく経験した。慣れっこになったとまではいかない、いまだにうっかり信頼して裏切られ、裏切られるとその都度傷ついている。ただ以前に比べると裏切られることへの耐性ができていると思う

●「ギブ・サム・ゲーム」で、参加者がサクラに感謝する理由のない群では、参加者は相手に平均で2枚のメダルを渡すことを選択した。サクラに対して(事前のイベントにより)感謝の気持ちを抱いている参加者はより協力的で、対照群よりも多くのメダルを相手に与えた。この結果は、参加者が初対面の相手とゲームをしたときも同じだった。これは感情の状態の一時的な揺れによって信頼度の評価が変わることを示している。

●社会的ストレスは、誠実な振る舞いを劇的に増やす。社会的な不安のある人たちは、そうでない人に比べて相手に協力する割合が約50%多かった。

●何を身に着けるかという単純なことで、その人の誠実さが変わる。偽ブランド品だといわれた眼鏡をかけた参加者は、数学テストの得点を自己申告するとき参加者の71%が自分の得点を水増しした。本物のブランド品をかけていた参加者で得点をごまかしたのは30%にとどまった。偽ブランド品の眼鏡をかけているだけで、偽という観念を生み出し、嘘をつく傾向を大幅に増加させたのだ。

――ウソの下手なわたしは今度偽ブランド品を身に着けてみようかな

●したがって、誰かを信頼する際、あの人は信頼できるかと問うべきではない。正しくはこうだ。あの人は、現時点で信頼できるか?

人の道徳性はほぼすべて、短期的な利益と長期的な利益の兼ね合いとして理解できる。信頼は異時点間の選択のジレンマとして概念化できる。成功とはたいてい長期的な観点で決まる。成功する戦略を擬人化すれば、それは何百、何千もの交流を重ねて、結果的に多くの資源を蓄積する人と言える。

●だとすれば、誠実さの核をなす特徴の一つは自己制御能力と言うことになる。言い換えれば、長期的な利益につながる願望を優先し、目先の願望に抗う能力だ。

●他者の信頼度についての評判があてにならないとすれば、信頼度を直感で見抜くことができるだろうか?

●非言語的な手がかりや生理的な指標を利用して感情や動機を見極める方法についての科学的な理解は、急速に見直されている。それら従来の手法は、ほぼ使い物にならないことが示されてきた。

●信頼度のシグナルがまだ特定されていない理由。
1.信頼度のシグナルは微弱で、すぐ読み取れるものであってはならない。
2.これまでのシグナルの探索がまったく間違っていたこと。信頼にかんしては、視線をそらすことや作り笑いのような決定的な手がかりなどない

●信頼のためには誠実さだけではダメ。能力も誠実さと同じくらい重要。そして信頼にかんする心の計算のほとんどは、意識外でおこなわれる。

私たちの心は、能力のシグナルに関連する手がかりをすばやく処理する。すなわち、地位や力、リーダーとしての資質を評価したがる。そうした手がかりによって、それらを示した人が周囲から信頼される度合いははっきりと変わる。

●信頼にかかわる生理機能が進化によって形作られてきた様子は、突然変異の結果を時間の経過で比較すればわかる。こうした取り組みのなかで有名なモデルが、ポージェスの提唱する「ポリヴェーガル理論(多重迷走神経理論)」だ。

●哺乳類の迷走神経は2つの部分からなる。1つは、髄鞘に覆われていない古い部分で、もう1つは、髄鞘に覆われた進化的に新しい部分だ。迷走神経の古い部分と新しい部分、それに交感神経系の特徴によって、脊椎動物の神経系の発達段階がはっきりと3つに分けられる。

●1つめは、髄鞘に覆われていない迷走神経からなる古いシステムで、動きを止める反応に関係がある。そのシステムが活性化すると、硬直や死んだふりが起こる。動物が極度の恐怖にさらされたとき(捕食者に追い詰められたときなど)に実行できるきわめて単純で効果的な戦略の1つが、死んだふりなのだ。

●第2のシステムは、交感神経系が活性化したときの脅威に対する第2レベルの反応、すなわち「闘争・逃走反応」を生む。つまり、生物に行動を起こす準備をさせるのだ。そのシステムが活性化すると、心拍数や呼吸数が上がり、血液が四肢の筋肉に送り込まれ、アドレナリンなどのストレスホルモンが分泌される。これらは、不安や心配、どうしようもない恐怖を感じたときに起こる。

●第3のシステムは、髄鞘で覆われた迷走神経系だ。このシステムは哺乳類にしかなく、人間を含む霊長類などの高度な社会的動物と関連が深い。信頼にかんして重要なのは、それが心臓やストレス応答と結びついていることだ。
 心臓については、迷走神経の活動が高まると、心を落ち着かせる効果がある。言い換えれば、心臓にとってブレーキの役目を果たし、鼓動や呼吸を緩やかにする。ストレスについては、迷走神経が高まると、視床下部―下垂体軸の活動が低下してストレスホルモンの分泌が減少する。

●興味深いのは、第3のシステムは、社会的な交流に関連した体の部分を調節する神経とも脳内で相互に結びついていることだ。たとえば、感情表現に必要な顔の筋肉、人の声と同じ周波数域の音を聞くために内耳の能力を変化させる筋肉、発生に抑揚をつける喉頭の機能をつかさどる筋肉などと結びついているのだ。以上から、髄鞘で覆われた迷走神経には、社会とのかかわりを調整する機能があることがわかる。このシステムは体を穏やかな状態にし、社会的な交流を円滑におこなえるようにする。安心感や落ち着きをもたらし、分かち合いや傾聴、心地よさ、そして信頼を促すのだ。

哺乳類、なかでも人間は、闘争や逃走や死んだふりでは対処できない困難にもぶつかる。私たちは生き延びるために、折に触れて他者と一緒に働き、協力し、他者と信頼する必要がある。…迷走神経の活動が高まると、体はコミュニケーションや共有、社会的なサポートを図りやすい状態になる。


●ポリヴェーガル理論が提唱されたのはわりと最近。支持する研究結果は増え続けている。たとえば、子どもを対象とした研究で長期的に迷走神経の活動が活発な状態だと、否定的な感情や問題行動が少なく、社交性が高いことがわかっている。大人でも同様で、迷走神経の活動が活発だと、社会とのつながりが強く、幸福度が高く、さらには他者の苦しみへの思いやりが深いことが見込まれる。これらはすべて誠実な行動を促す性質だ。私たちは、穏やかな気分のときや他者との絆を感じるときには、他者を助けてあげたことによる長期的な見返りを高く評価する。


――いわゆる「共同体感覚のある人」とは、「迷走神経の活発な人」じゃないでしょうか…

●迷走神経の活動が活発だと、行為の品性だけでなく知覚の精度にも影響があることが示されている。迷走神経による穏やか効果を活用すれば、他者の感情を正しく理解する能力が研ぎ澄まされることも多い。迷走神経がこのように働くのはなぜか?脅威に対する体の反応をなだめれば、心が眼前の社会的な課題に集中できるようになるからだ。社会的な課題への対応では多くの場合、相手の感情を確実に知る能力と、それに基づいて行動する意欲の両方が求められる。

●信頼だけですべてが解決できるわけではない。そのため、3つのシステムは階層構造になっている。私たちの心は、最上位のシステム――髄鞘で覆われた迷走神経――から出発し、そのシステムで問題が解決できなければ下に降りていく。

●迷走神経が緊張するほどよいわけではない。過度に社会的、あるいは過度に楽観的なのは病的と言える。心理学者のジューン・グルーバーによる研究では、迷走神経の活動レベルが極端に高いと、自信過剰や、人とのつながりを求めすぎる衝動に結びつくことがわかった

●そうした無差別的な迷走神経の緊張は、躁病と結びつくようだ。私たちの心はそうした状態を直感的に認識する。そうした人を、緊張がほどほどの人に比べて社会的なパートナーとして信頼できないと即座に見なす。

●私たちは普通、自分の生理反応を支配できず、逆にそのような反応に支配される。信頼の重要性や意義を踏まえれば、心が信頼に関わる計算をより効率的・自動的に達成する方法を生み出したのは当然である。

――ここまでが本書の前フリです。直感的な信頼のメカニズムとは何か、をここから解き明かしていきます

サルや類人猿の多くの種が、人間と同じように、不公平に対して断固とした嫌悪感を示す(ブロスナンの研究)。2頭のサルが同じ課題をして不公平なご褒美と交換するようにすると、チンパンジーやオマキザルは、自分が不当に扱われていることに気づくだけでなく、そのような扱いに対して憤慨する。交換に応じない、気に入らない食物をスタッフに投げ返す、あるいは少なくとも待遇に不満だという態度をありありと示す。

●チンパンジーの心には人間ほどではないが推論能力がある。しかし、オマキザルの分析能力ははるかに限られている。それでもオマキザルはチンパンジーのように、だまされると同様の嫌悪感を示した。したがって意識的な分析によって嫌悪感が生じたのではなさそうだ。

●オランウータンは逆に不公平に扱われても腹を立てない。人間以外の霊長類の中でも特に賢くて認知能力が高いのに、だ。理由は、チンパンジーやオマキザルと違いオランウータンは野生では単独で暮らしている。だから、彼らは協力をしないし、ほかの霊長類のように他者の信頼度を気にする必要もない。

●人間を対象とした研究から、心はしばしば状況を把握する前に判断をくだすことが一貫して確認されている。ニューロセプションはすばやく働くシステムで、意識的な思考を必要としない。人間やチンパンジー、オマキザルなどの社会的な種では、不公平な扱いに対する反応の多くは、時間をかけて状況を分析しなくても起こる。不公平な扱いや信頼の裏切りに対する怒りは、私たちのDNAに刻まれている。

●チンパンジーやオマキザルでは、不当に多い報酬を断るふるまいも見られた。長期的に信頼できるパートナーだという信頼を得るためには不公平を断ることも大事。

●チンパンジーにはパートナー候補を見分ける能力が十分にある(アリシア・メリスら)。2党が互いを信頼して協力しないと解決できない課題を出すと、チンパンジーは過去に食物を自分と公平に分け合った個体をパートナーに選んだり、すでに実力を示している個体を選んだ。

●オキシトシンに関する知見。
オキシトシンの鼻腔からの吸入量を増やすと、人がたとえ裏切りに遭っても相手を信頼し続けることを示した。

●オキシトシンの二面性。オキシトシンは確かに信頼や絆を強めるが、一方で不信や嫉妬、差別も煽る可能性がある。どちらになるかは文脈次第で、信頼にかかわる事柄では相手の素性によって決まる。

●オキシトシンの暗黒面。オキシトシンには信頼や協力を増す作用も減らす作用もある(カルステン・ド・ドリュの研究)。決断を左右したおもな要因は、相手の身元。外集団のメンバーにかかわる決断の場合、オキシトシンは温かい気持ちを引き出さず、それどころか差別的な決断を導いた。そのような決断は、よそ者ではなく自分やない集団の利益を優先する偏見の存在をはっきりと示していた。

――「自国ファースト」を叫ぶ大統領やその支持者の姿はあまり気持ちのいいものではないが、あの人たちもひょっとしたらオキシトシンの申し子かもしれない?

●道徳にかかわる出来事にかんしても結果はほぼ同じで、オキシトシンはつねに、外集団より内集団にとって有益な決断をくだす意欲を高めた。生か死かの場面でよそ者より同胞のほうを多く助ける決断を進んでくだした。要するに、オキシトシンが多いと、自民族中心主義や偏見の増大につながるのだ。

●オキシトシンはたいてい信頼感を増すが、その効果は相手に対する好感度によって左右される。たとえば、自分をつねに負かしたり不公平に扱ったりする相手と経済ゲームをした場合、オキシトシンが増えると妬みが助長される。したがって、オキシトシンが多ければ、相手がついに負けたときに、いい気味だという気持ちが強く引き起こされる。

――愛、憎ともに強くなるんでしょうかね。これ、従来男性のほうが競争相手の不幸に非共感的で、女性はその点競争相手にも同情する、という風に言われていたのと逆なような気がするんですが、オキシトシンが多ければ競争相手に同情できる、と思っていましたから。あと「ねたみ」は、よくタイプわけサポーターさんやFタイプの人はもっとも承認欲求が高く承認されないとひがみやすい、という説明をしますが、この人たちは妬みも強いのかもしれない。良くも悪くも感情が濃いというのはそういうことなんですね。

●オキシトシンはいつまでも相手を信頼しているわけではなく、しばらくすれば、あなたは信頼できない人を嫌い始める。特に興味深いのは、血管を駆け巡っているオキシトシンが多ければ多いほど、そのような人々に対する嫌悪や彼らの痛みに対して覚える喜びが増すほか、進んで痛めつけたいという思いさえ強くなることだ。

――可愛さあまって憎さ百倍ということか。これもこわっっ。この本を読むと、ポール・ザック本を読んで得たオキシトシンへの好感がふっとんでしまいそうだ。

●人間には、他者への信頼と自分の誠実さを高める生理的なメカニズムだけでなく、それとは逆に働くメカニズムも備わっている。人間は安心できる他者がいるときには心が落ち着くシステムを持っており、そのようなシステムはコミュニケーションや支援、信頼を促す。一方、人間は霊長類と同じく、これらの反応を修正するシステムも持っており、そのようなシステムは行動や技能に基づいて信頼できる人物を自動的に判断しようとする。そして、目の前の人が何となく信頼できなさそうなときには、相手を避けたり、相手を犠牲にして自分が得をするように振る舞ったりして、その人物の意に反する行動をしようとする。


――ここからはいよいよ「学習と信頼」の話。研修講師にとっても関心の高いところだ。案外シンプルな話なのかもしれないが……、

●何かを知りたいとき、大人ならいくつもの手段を自由に選べる。図書館やデータベースで疑問について調べることもできるし、実験をして自分の考えが正しいかどうか確かめることができる。それができないときは、誰かの話をそのまま信じるという選択肢もある。

●7歳ぐらいまでの子どもは使える調査方法があまりない。推論能力どころか語彙力もないので、Googleやウィキペディアを使いこなすこともできない。自分で実験して何かを学ぶ能力も限られている。

●実験で、子どもは自分の間違いから学べないことがはっきりした。何回間違えても、子どもたちは考えを変えなかった。幼い子どもたちは、重力の働き方についての思い込みに頼り続け、目の前のデータを無視した。子どもは実験や観察だけで学べるわけではない。

●そのような子どもは何から学ぶのか?第3の学習方法は、他者の発言に頼ることだ

●以上から、教室での学習効果を高めるためには、教師は指導の際に社会的な側面を考慮しなければならない。生徒に見せる教師の社会的なイメージづくりを強化すれば、学習効果はさらに高まるだろう。

●子どもの無私の親切心。心理学者フェリックス・ワーネケンの実験では、生後18か月の子どもたちに演技者が困った状況に陥り助けを求めるところを見てもらったところ、大多数の子どもが、演技者が助けを求めているようにみえる状況で、その人をすぐさま助けに行った。人を助けたい、人に協力したいという衝動は、1歳半になるころにはすでに目覚めている。

●3歳の子どもでは、報酬をパートナーと分けるさい相手の働きのほうが良ければ報酬を半々に分け、自分の働きのほうが良ければ相手に少なく与えた。相手の働きのほうが良いとき、誠実な振る舞いを促す心理的メカニズムと、利己的な振る舞いを促す心理的メカニズムとのあいだに根本的な対立が起こっている。

●子どもは8歳になるとこのような報酬の分け方をすると長期的にはトラブルを招きかねないことを学び、大人と同じように不公平に対して、少なくとも人前では強い嫌悪感を示す。この年頃の子どもはパートナー候補がいると、通常は不当に多い報酬を拒絶する。

●以上をまとめると、子どもは、公平かつ立派にふるまう動機がもともと備わっている。信頼や協力を促すメカニズムと、それとは逆に働くメカニズムが幼い子供の心に共存している。ただしだからといって道徳を教える必要がないわけではなく、子どもに約束を守る価値を教えれば、子どもが約束を守る見込みは確実に高まる(特に、子どもがあなたを信頼しているならば)こうした道徳的な価値観を身に着ければ、意識的な心が大いに働くようになるだろう。

●赤ちゃんでも道徳的に信頼できる他人を見分けられる。ブルームとウィンの実験では、「登山者」「協力者」「妨害者」の操り人形の劇を見せたところ、登山者が協力者ではなく妨害者のほうに飛び跳ねていってペアになると(期待違反課題)、赤ちゃんは信じられないという顔でその新しくできたペアに視線が釘付けになった。生後6か月の赤ちゃんは、二体の操り人形のうち、協力者か妨害者のどちらかを抱いてもいいよと言われると、すべての赤ちゃんが協力者に手を伸ばした。人形の色や形は重要ではなかった。

●信頼は誠実さと能力で決まる。子どもに潜在的な知的能力を存分に発揮してほしければ、子どもが最適だと思えるタイプの指導者をあてがわなくてはならない。

●また、子どもが成長するにつれて、子どもが重視する信頼関連の特性が変わることへの注意も必要だ。幼い子どもの心は、母親や父親など、自分と似ていて安心できる相手から学びたがる。だが、初等教育の初めごろにもなると、自分との類似性や気安さへの関心は薄れ、能力や専門知識を重視するようになる。子どもの潜在的な学習能力を最大限に引き出したければ、指導する者は、感じはいいけど重要ではない人物として無視されないように、専門知識を示す必要がある。

――ここですね。わたしは研修業界でも珍しく、仕事上のパートナーの方には「○○先生」と呼んでいただくようにしている。大多数の講師のかたが「さんづけでいいですよ」と仰っているなかでは、それは傲慢に映るかもしれない。しかし、受講生さんがよりよく学んでいただくためには、講師は「専門知識のある人」とみなされたほうがいいのだ。親しみやすく感じのいい人、ではなく。「さんづけ」は主にアメリカの教師生徒の間の民主的関係を重んじる20世紀後半の思潮の影響ではないかと思うのだが、その思潮にあまり妥当性はないと、近年の研究は教えてくれる。

ーーまた、このブログで何度か取り上げた「社内講師」の問題について。以前にも言ったように、管理職の受講生さん方は、圧倒的に豊富な知識スキルを持った「先生」に出会いたいのだ。人事の人などが社内講師を嬉々として買って出るとき、マネジャーのこうした密かな望みは無視されている。



――ここからは恋愛と結婚の話題。

●恋愛や結婚の関係の数十年に及ぶ研究や数百年にわたって培われてきた常識から、二人のコストと利益がだいたい同等な関係が、最も満足できて長続きするらしいとわかっている。二人の関係をうまく維持する秘訣は、ずばり相手が高く評価する分野で利益を与え合うことだ。そして、主観的に見て受け取る利益と支払うコストが同等ならば、その関係は順調に進む。

●このバランスをとる基本的な方法の1つは、誰が誰のために何をしたか、今後何をするつもりかを記録するだけでいい。

――行動承認ですね

●現実問題として、人間の心がいちいち正確に記録することなどできるはずはない。ここで信頼が登場する。信頼は、コストと利益を事細かくたどる必要性を取り除く認知的近道の役割を果たし、長期の関係を築いている人の心で計算の負荷を軽くするのだ。

●恋愛関係に信頼が生まれると、関係の快適さに著しい変化が起きることが多い。それは、その関係が長続きする新たな段階に入りつつあることの表れだ。この変化は「交換的」関係スタイルから「共同的」関係スタイルへの移行と呼ぶ(マーガレット・クラーク)。交換的関係では、互いにコストや利益を遠慮なく記録しようとするが、共同的関係では、交換の監視に費やされていた多くの思考力が解放される。

●互いに信頼感の高いカップルは、対立する話題について話すときそうでないカップルに比べて折り合いや協力の程度がはるかに大きかったのだ。彼らは、相手の望みを聞いてそれを真剣に受け止めることにより前向きだった。また、二人ともが受け入れられる解決策を見出そうとする意識も高かった。信頼は、心が長期的な利益より短期的な利益に注目しがちなのを抑制しようと働く。

●話し合いを始めたカップルがもとから相手に高い信頼を置いていた場合、自分が図ってもらった便宜を過大評価することがよくあった。相手を信頼しているほど、相手の行動を貴い犠牲とみなす。

●信頼は逆の方向にも同様に働く。相手の犠牲を価値あるものと見なすほど、相手に対する信頼がさらに高まる。互いに高い信頼を置いていたカップルは話し合いの後、相手をさらに信頼していた。信頼が信頼を生む好循環。

●信頼がバイアスをかける力、つまり相手の話し合いの態度を実際より誠実なものと心に受け止めさせる力は、寛大なしっぺ返し戦略に似た機能を果たす。

●「直感的な信頼」とは、相手の信頼度について意識の外でおこなわれる評価を意味し、「衝動的な信頼」とも呼ばれる。自動的で絶え間のない計算によって更新される相手の信頼度についての感覚ということだ。もう1つは「理屈に基づく信頼」あるいは「思慮に基づく信頼」だ。それは直感的な信頼とは対照的で、慎重な分析に基づいた評価を指す。

●2つのシステムの相互作用。カップルたちが、信頼を揺るがす問題を意識的なレベルと無意識的なレベルの両方でどう乗り切るか。過去20年に及ぶ心理学研究から、意識的な心が直感的な評価を覆す気にならないか覆せない場合には、直感的な反応が行動を誘導するという一般原則が導かれている。思考には時間がかかり、直感的な決断はすみやかで労力を要さない。

●実行制御力。意識的な分析の結果を優先して直感的な反応を抑える力。実行制御力があるほど、気を散らすものや時間の制約があっても分析能力は影響を受けない。つまり、直感的な反応を抑えやすい。

●実行制御力が高く、思考力を十分に使って相手の行動を慎重に分析した人は、カップルのあいだで疑わしい出来事が起こったときも、たいてい思慮に基づく信頼に従って、相手との付き合い方を決めた。また実行制御力の低い人は、直感が実際の反応につながること多かった。

●つまり、直感は相手の信頼度に大きく影響を与える。実行制御力の高い人でも疲れていたりひどく動揺していたり寄っていたりするとき、何かが起きて相手に対する信頼に疑問が生じたら、無意識的な心の判断に従う。

●思慮に基づくプロセスよりも直感的なプロセスから正しい情報が得られる可能性が高い。どちらのメカニズムも完璧ではないが、2つの組み合わせによって最良の判断が得られることが多い。

●嫉妬を理解するための2つの段階。
1.嫉妬がすべてセックスに絡むわけではないと認識すること。
2.三角関係の存在。

●ライバルにパートナーを奪われることへの不安には、それが現実になるのを防いだり、パートナーを取り戻したりする行動を起こさせるという特定の目的がある。

――おっ、「目的論」だ。

●嫉妬に襲われたときは、不安に怒りが混じっていることが多い。

●2つの予測:
1.もし嫉妬が信頼に関係しているのであれば、危機の初期段階で、人は嫉妬によってパートナーにもっと寛容になるように促されるはずだ。
⇒YES.嫉妬を感じていた人々は、相手からもっと頼りにされるような行動をとってからは、相手の熱意を疑う気持ちが少なくなった。
2.嫉妬は恋愛関係や結婚における現在のコストと利益だけでなく、将来的なコストと利益にも敏感に反応するはず、というものだ。言い換えれば、嫉妬は信頼にかかわるすべての現象と同じく、将来の影を敏感に察知して生じるに違いない。
⇒著者自身の研究。
YES,嫉妬は信頼が裏切られるのを防ぐ気にさせる。ライバルが自分やパートナーが高く評価する性質を持っている場合に嫉妬はピークに達する。嫉妬は実際には何か起きていなくても、将来に裏切られる可能性を追跡していた。

●嫉妬は今のパートナーだけでなく、かろうじて知っている間柄の人にも起こる(著者の研究)。数分間一緒に作業して好印象をもったパートナーが他の参加者を選択し裏切られると、「捨てられた」参加者は嫉妬の感情を報告し、機会が与えられるとほぼ例外なく以前のパートナーとライバルを罰した。嫉妬は将来見込まれる関係からくる利益が失われることを防ごうとする。

●怒りの結果として起こる仕返しの特徴:罰。

●「第三者罰」(行動経済学で知られる現象)。自分とは無関係なものに被害を与えた加害者を第三者の立場で罰する傾向を指す。数々の実験から、人は、たとえ自分は被害者でなくても、いかさまをするものをばするために金銭的な負担をすることが繰り返し示されている。

●嫉妬がDVのおもな原因になるのを防ぐのは困難(暴力による罰はよいことではないが)。




 前半部分は以上です。嫉妬のところ、こわかったですねー。
 後半部分は、「権力とカネ」や、お待ちかね「しぐさの心理学」的なお話が出てきます。なるべく早くアップします。乞うご期待。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・・・……<<<エウダイモニア通信>>>……・・・
発行日 2017.2.10                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※「エウダイモニア」は「幸福」、また「栄える」という意味のギリシア語
です。
 「業績1位」の山を築いてきた承認マネジメントの研修講師・正田佐与が、
経済的繁栄を含めたわたしたちの「幸せ」についてご一緒に考えるメルマガ
です。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、イベントや
セミナーに  ご来場いただいた方にお送りしています。
ご不要の方は、お手数ですがメール末尾にありますURLより解除ください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃本日の話題 ☆☆☆☆☆
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 トランプ氏と歴代大統領の「大統領令」
連邦控訴裁判所の不服申し立て却下に思う

【2】 教育困難校における「承認」の重要性について
(宮崎照行さんより)

【3】 連載「ユリーの星に願いを」
第12回「座右の銘は何ですか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1】 トランプ氏と歴代大統領の「大統領令」
連邦控訴裁判所の不服申し立て却下に思う

 日米首脳会談を控え、またトランプ氏をウォッチしています。
 きょう10日、アメリカ連邦控訴裁判所が米政府の不服申し立てを却下し、
7か国民の入国を禁じた大統領令は引き続き差し止められて、入国が可能に
なりました。

 さて、この大統領令というもの。「アメリカ合衆国大統領が、連邦政府や
軍に対して、議会の承認を得ることなく、行政権を直接行使すること
により発令されるアメリカ合衆国の行政命令」(Wikipediaによる)
だそうです。
 ですので、まったく大統領の個人的なポリシーで発令することができ
ます。民主的な手続きで選ばれた人に許された「独裁」ですね。

 そして、歴代の大統領がどんなペースで大統領令を出していたかを
みると、興味深いデータがあります。

>>https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_United_States_federal_executive_orders

 歴代で大統領令の発令がもっとも多かったのは第二次大戦中の大統領、フラ
ンクリン・ルーズベルト。1933年から1945年の任期中に年平均290.8回
大統領令を出しています。次点はルーズベルトの前任者で大恐慌時代の大統領、
ハーバート・フーバー、242回/年。戦後では、戦後処理や朝鮮戦争に関わった
トルーマン大統領(116.7回/年)のほかはカーター大統領(80.0回/年)の多
さが目を惹きます。退任したオバマ大統領は34.6回/年と、少ない部類に入り
ます。共和党か民主党か、保守かリベラルか、の違いよりは戦時下や緊急事態下
であるか、が「大統領令多発」の大きな要因のようにみえます。

 さて、トランプ氏は?1月20日の就任から同29日まで、23回。このペース
を守ると、フランクリン・ルーズベルトの“記録”を抜くことは確実そう。

 大統領令だけをみると「戦時中並み」といえるトランプ氏ですが、くれぐれ
も本当の戦争にはならないでいただきたいですね…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2】教育困難校における「承認」の重要性について
(宮崎照行さんより)
 
 佐賀県の研修業、宮崎照行さんから、標題の原稿をいただきました。
 本来書籍のために寄稿していただいたものですが、わがままなお願いをして
ブログでも一歩先に公開させていただきました。
 「ほめる」「承認」は、どんな子どもも切実に望んでいるものです。彼(女)
らの声なき声に耳を傾けてあげないといけません。
 「認められたい」彼(女)の望みを満たしてあげたら、こんなに素晴らしい
ことが起こるのです。

●教育困難校における「承認」の重要性について
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51952326.html 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【3】連載:「ユリーの星に願いを」
 第12回「座右の銘は何ですか?」
By ユリー
 ユリー:マーケティングコンサルタント。人と組織のメカニズムに高い関心
を持つ仏教学習者。40代女性。
***********************************

 こんにちは、ユリーです。
 昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たした広島カープ、その優勝に大きな貢献
をした黒田博樹投手の活躍はご存知の方も多いでしょう。

 その黒田投手の座右は「雪に耐えて梅花麗し」。黒田投手はメジャーリーグ
のヤンキースに在籍時、シーズンに入る前のキャンプ中、ミーティングの時間
に選手が日替わりで自分の好きな言葉を披露する際にこの言葉を紹介しました。
同僚の選手そして監督もこの言葉に心を打たれ、監督はネットで梅の花の写真
を探すほどだったそうです。

 この言葉の出典は西郷隆盛が海外留学をする甥に送った漢詩の一節、甥への
期待を込めて送ったメッセージのようです。そのことは当時の黒田投手の境遇
とも重なりより意味深い言葉に感じられたのかもしれません。

 ところで、皆さんは「座右」あるいは「好きな言葉」をお持ちですか?
 例えば、黒田投手のようにミーティングで自分の好きな言葉を披露する、
となったらどんな言葉を紹介なさいますか?

 ちなみに、私の座右の1つに
「財を遺すは下、事業を遺すは中、人を遺すは上なり、されど財無くんば
事業保ち難く、事業無くんば人育ち難し」
という後藤新平の言葉があります。

 当然ですが、経営においては、カネ、モノ(コト)、ヒトは相互に密接に
関連しています。その3者の好循環を作ること、それこそが経営の要諦であ
ることが凝縮された、味わい深い言葉です。

 私自身の過去の経験を振り返ると、例えば人材育成のために費用をかける
ことのできる企業は、財務も既存事業そのものも順調な企業が大半でした。
また事業に関するコンサルティングをご依頼いただく企業も財務情況には不
安がない企業が大半でした。結局、財務基盤が不安定だと人材に目を向ける
ことは難しいのが現実だと実感しています。

 が、一方で、このヒトと業績との関係は「にわとりが先か、たまごが先か」
でもあり、ヒトが育てば業績が向上し結果的に財務も回復することにつな
がります。このジレンマは、経営幹部なら誰しも経験なさっている、簡単
に答えを見つけることは難しい問題ですね。

 私は、そういう時こそ「行動承認」が役立つと考えています。経営が苦
境にある時ほど、上司が変われば部下は変わることが実感できるのではな
いでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃今日の一筆箋  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前号で「誕生学」についてご意見を募集していましたが、残念。この件
に関してご意見を寄せてくださる方はいらっしゃいませんでした。
 何人かのお子さんのいる友人にリサーチをかけてみましたが、これも
不発。お子さんで、記憶に残っていたという方はおられませんでした。
 「記憶に残らなかった」はこの場合、喜んでいいのでしょうか…。

※このメルマガへのあなたのご意見、ご感想をお知らせください!
 誌上でのご紹介は匿名にいたします。このメールへのご返信で結構です。
┌─<<現役マネージャー必読!>>──────────────────>
│  近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
│  http://books.rakuten.co.jp/rb/12987941/?acd=812
└──────────────────────────────────>


1位マネジャー続出の承認研修講師 正田佐与の発信するメディア

┏┓
┗■ ツイッターアカウント >> @sayoshoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ フェイスブックページ >> http://www.facebook.com/sayo.shoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ ブログ「正田佐与の愛するこの世界」 >> http://c-c-a.blog.jp
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■メールニュースのバックナンバーもこちらからお読みいただけます。
>> http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html

■新規購読の申し込みは、「メールニュース」希望と書いて、配信希望先のアド
レスとともにinfo@eudaimonia.jp 宛にメールでお申込みください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

皆様の職場でも業績向上につながる「承認」を取り入れてみませんか?
 研修のご相談、原稿のご依頼、「人」の問題について個別のご相談は以下まで
お気軽にご連絡ください。
 
 正田佐与承認マネジメント事務所
 Email info@eudaimonia.jp TEL: 078-857-7055  FAX: 078-857-6875

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

このメールニュースは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、
イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

◎メールニュース解除方法
解除される場合は、下記の解除フォームに受信メールアドレスを入力してくだ
さい。ワンクリックで解除していただけます。

>> http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?act=1&mid=1044&mail=info@eudaimonia.jp




◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

100年後に誇れる教育事業をしよう。

 発行者 正田佐与承認マネジメント事務所代表 正田 佐与

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
このメールは転送歓迎です。

 
「トラウマは存在しない」についての進展。

 結論から先に言いましょう、「トラウマはありまーす!」

 精神科医の先生により表現方法が違い、興味深かった。

 そのなかで日本トラウマティックストレス学会会長の岩井圭司氏(兵庫教育大学教授)からのメール。

 引用について正式のお許しがまだ出ていないので、要旨部分だけ抜き出すと、

※※※※

結論を先取りするならば、
> 1.動物でもトラウマに似た現象はあるのではないか
> 2.被災地にトラウマ、PTSDという現象はみられるのではないか
> 3.とくにASDの人ですと扁桃体が大きく、トラウマが残りやすいので、他人からみると些細なことでもトラウマになって動けないということが起きるの
> ではないか
>
すべてイエス、です。

で、敢えてわたくし流の独善的な言い方をするならば、
  PTSDはたしかに存在する。
  一方、トラウマは実在物ではない。ただ、構成概念ないし仮想実体としてのみ存在する。
ということになります。
・・・われながら、禅問答めいてきましたね(笑)

※※※※

と、いうことだった。

 ご自身は「隠れアドレリアン」とのこと。
 

 
 また今朝(2月6日)のNHK「あさイチ!」では、「いじめ後遺症」の特集をやり、そのなかで「トラウマ」に触れた。

>>http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/170206/1.html


※※※※

いじめの認知件数は、22万4,540件と過去最高(文科省調査・2015年度)。そんな中、子どもの頃にいじめを受けた人が大人になってもその後遺症に苦しむ“いじめ後遺症”の実態が、最近明らかになってきました。容姿のいじめをきっかけに何十年も「摂食障害」に苦しむ女性や、いじめから20年後に突然思い出して「対人恐怖症」に陥った女性もいて、多くの精神科医がその深刻さを訴えています。
いじめ被害者のその後を追ったイギリスの調査では、40年たってもうつ病のなりやすさや自殺傾向がいじめられていない人と比べてかなり高くなることが疫学的に明らかになっています。いじめはその人の健康リスクや人生までも脅かすのです。さらに、最新の研究では、いじめなどの幼い頃のストレスが、脳の形や機能に影響を及ぼす可能性も指摘されています。
番組では、知られざる“いじめ後遺症”の実態を明らかにするとともに、いじめの過去を精算する克服法もお伝えし、“いじめ後遺症”について考えました。

※※※※

という問題提起で、実際に”いじめ後遺症”に苦しむ人や精神科医が登場した。

 またこのブログで以前にも登場した、福井大学医学部の友田明美教授の研究により、

 幼少期の虐待で脳の一部の変形や萎縮が起こることが脳画像で示された。




 というわけで、トラウマは「あります」。この番組ではあまりにも「トラウマ」が人口に膾炙しすぎて否定的感情を生むことに配慮したためかあまり使わなかったが、ところどころではやはり「トラウマ」と言っていた。


 番組に登場した「いじめ後遺症」に40代になっても苦しむ女性は、摂食障害を患い、ずっとマスクを着けていた。
「誰かに認めてもらいたいと思うほうが高望みだし自分が我慢したほうが…」
という言葉が印象的だった。

 以前の「アドラー心理学特集」で「トラウマは存在しない」「承認欲求を否定せよ」と大きなテロップで流したうっかりさんのNHK、軌道修正してきたか。


 一方で元アドラー心理学会会長の野田俊作氏(精神科医)とのメールのやりとりは昨5日まで続き、最後は野田氏の「コメント拒否」で完結したのだが、そこへ至るまでのメール公開はお許しいただいた。


 そこは「続き」部分で。続きを読む

 元日本アドラー心理学会会長で現アドラー・ギルド代表の野田俊作氏とメールのやりとりをさせていただいた。

 野田氏のご了承をいただき、そのやりとりを公開させていただこうと思う。

 かなり長いやりとりなので、中身は「続き」で…。

続きを読む

アドラー心理学入門表紙画像


※2017年2月1日現在「アドラー心理学 批判」のキーワードで、Googleのトップから4本、当ブログ記事がランキングされるようになっていました。ありがとうございます。


 『アドラー心理学入門』(岸見一郎、ベスト新書、1999年9月15日)。

 『嫌われる勇気』の系統の「アドラー心理学」をわたしが看過できない理由は、ひとつにはそれが若い人たちに及ぼす影響の深刻さを考えるからだ。周囲の人に心を閉ざし人との交わりから学んだり視野を広げたりすることができない。頼るのはもっぱらネット情報。そのもとからある傾向に「承認欲求を否定せよ」「人の期待に応えるために生きているわけではない」が拍車をかける。

 2つ目は、なんども書いていることだが「トラウマは存在しない」といったフレーズの傲慢さ。医療でいえば(精神医学も医療だが)ある特定の疾患について「存在しない」と言い切ってしまうことがどれほどその患者さんたちにとって残酷だろうか。

 3つ目は、笑われるかもしれないがアジア各国に我が国発でおかしな不良品を垂れ流しているということが我慢ならないのだ。それは過去に「トヨタやソニーの国」と尊敬された時代をなまじ知っているからかもしれない。


 そんなわけで異常な執念のようではあるが岸見思想の源流を探るため『アドラー心理学入門』を手に取る。1956年生まれの著者の43歳当時の著作ということになる。

 
「アドラーは人間の悩みはすべて対人関係の悩みである、といっています」(『個人心理学講義』26頁)(p.44)

 「人間の悩みはすべて対人関係の悩みである」。このフレーズも以前から不思議だった。せっかく出典が付してあったので手元にある『個人心理学講義』の該当のページを調べてみたが、そんなフレーズはない。版が違うからだろうかと、その周辺のページをくまなくみたが、やはりない。

 かろうじて近いと思われるのは、

「個人の人生を統一のとれたものと見なすことに加えて、人生を社会的な関係の文脈と関連づけて考察しなければならない」

という書き出しで、劣等コンプレックスにつながる話をするくだり。個人・個体として見るだけではなく周囲の人間関係も見なさいよ、と言っている。治療者としての視点で書かれており、「人間の悩みは」などという哲学者めいた主語のセンテンスはない。
※2017年2月現在、このフレーズは出典を付さないまま他の捏造語録と同様、「アドラー心理学ではこう言います」「アドラーはこう断言しています」とネット上に流布している。捏造語のリストはすなわち巨大なフェイク・ニュースの塊なのだ。

※※その後『人生の意味の心理学』を探すと、やや近いと思われるフレーズがあった。それでも言っている中身は「人間の悩みは…」とは180度真逆である。冗長になってはいけないので、この記事の末尾に追加したい。


 やれやれ、この時期から既に奇妙なフィルターをつけて「アドラー心理学」を名乗っていたのだ。

ちなみに昨年5月にまとめた「捏造語リスト」はこちら
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51941255.html">http://c-c-a.blog.jp/archives/51941255.html


 このあとは、岸見一郎氏の「息子さん」とその周囲の人にまつわる記述がある。「息子さん」についていろいろと感じることはあるがここでは触れない。

 このあとp.48-69あたりは、「目的論」の題目のもと、アドラーのみた問題行動をとる子どもに関する記述が続くが、たしかにこれらは子どもが「注目を引きたい(=承認欲求の一部。自己顕示欲)」あまりに問題行動をとるケースのようである。これらの症例に目が釘付けになっていると、いかにも承認欲求はわるいもののように見えるだろう。

(ちなみにこの本にはまだ「承認欲求を否定せよ」のフレーズは出てこない。やはり、出版界の「承認欲求バッシング」の尻馬に乗った捏造と考えていいのだろう。「承認欲求バッシング」は2008−11年ごろ流行った出版界の潮流である)

 ただし、アドラーはカウンセラーとして問題のある子どもを診てはいたが、自分の子どものことはよく見ていなかったということにも注意しておきたい。普通の子どもの中にも自然に「注目されたい」という承認欲求はあるし、親はそれを適当に満たしたり、無視したりしている。その中の病的な領域の子どもがアドラーの元を訪れるわけである。病的でない普通の子どもの日常生活をアドラーがどこまで見ていただろうか。

 また、「目的論」の正当性がもっぱらこれらの「注目を引きたい子ども」の症例によってサポートされているなら、だからといって「原因論」を完全否定することはできないだろう、という結論にもなる。注目を引きたいだけの子どももいれば、ひどいいじめに遭って外に出たくなくなり、今も人の目が怖いと思っている子どももいる。



 「課題の分離」と「責任・責任範囲」というふたつの概念についても色々と思うところがある。
 アドラー(と岸見氏)が「課題の分離の例」として挙げる例のうち、かなりの部分が、「責任感の高い人だったらその課題までを自分の責任範囲とみなすだろう」というもの。課題の分離と責任範囲と2つの物差しを見比べてどちらを使うのがふさわしいか決めないといけない。また、特に企業のマネジメントでは部下の一挙手一投足にマネジャーが責任を負うので(その感覚が肥大しすぎると問題があるが)「課題の分離」は、使えない場面のほうが多い。

もちろん、今のお受験目的で「勉強しなさい」といい続けて親子関係にひびが入っている例だとその限りではない。アドラー心理学が子育てに効くというのは、その「勉強しなさい」という言葉の多用を戒めるところではないだろうか。



 修学旅行中の電車の中での先生と生徒の会話。

●「『いいか、先生の降りる駅はA駅だ。君らが降りる駅は次の次のB駅だ。降り間違ってはいけないぞ』
 私がこの会話を聞いて感じたことは、先生が生徒を対等の関係の存在と見なしていない、ということです。
」(p.84)

 本当はこの前段もあるのであまりいい例とはいえないが、この先生の立場にも大いに同情してしまう。修学旅行である。失敗が許される場面とはいえない。もしそこで迷子が出たら、あるいは生徒たちが自分の正しい目的地で降り損なったためにコースの大半を辿れなくなったら、途中まで引率していた先生が責任を問われてしまう。電車の中という制約もあり、先生は短い指示語で言っただろう。それを責めるのもどうかと思うのだが。

 
 
●「アドラーはいっさいの罰に反対しました」(p.87)

 これも眉唾。さきの『個人心理学講義』や『人生の意味の心理学』などを読むかぎり、体罰や厳しすぎる態度に反対していたという風にしかとれない。ただアドラーの生きた時代には体罰は今よりはるかに一般的で、普通のご家庭でも子どもを鞭で打っていたので、それに反対したのは先見性があったのは確か。


「アドラー心理学では、縦の人間関係は精神的な健康を損なうもっとも大きな要因である、と考え、横の対人関係を築くことを提唱します。」(p.89)

 これには反論が3通りほど考えられる。
 まず、そもそもアドラーはそのようなことを言ったのか?ということ。ここでは出典自体述べられておらず、どこで言っているのかわからない。(もしこのブログの読者にアドラー心理学に詳しいかたがおられたら、ご教示いただきたい)
 2つめは、ネットでもよく見られる反論。「そうは言っても現実世界は縦関係で動いているではないか。親子関係も縦関係ではないか」というもの。
 縦関係を否定し、横関係を称揚するのは、学者やコンサルタントにはよくみられる。メディア関係者にもよくみられる。個人主義的で独立心高く、個として業績を挙げ、「上」からの管理を嫌う、その自分たちの性質を正当化するために、この人たちはよく「縦ではなく横関係」のほうを礼賛する。しかし多くの組織には当てはまらない。私はよくいうのが、「組織を否定するなら、電車が動いている恩恵にもあずかれない」。
 3つめは、「ケアと依存」のモデルだ。人は赤ちゃんのころ全面的に周囲の人に依存し、大人はそれをケアする。子どもはいずれ独立して巣立つが、やがて老人になり、またケアされる側になる。病気のときも然りだ。「私たちは依存がデフォルトなのだ」と上野千鶴子氏はいう。
 もちろんケア関係でも子ども・利用者の尊厳をとうとび、関係をより対等に近づける試みはなされる。それでも、「依存」という現実はなくならない。完全な横ではなく、斜め横ぐらいになるだけだ。依存することを弱者に許さなければ、生存すること自体できない。

 このあとにアドラー心理学の継承者であるリディア・ジッハーのロマンチックな言葉の引用が出てくるが(pp.90-91) この本全体で、アドラー以外の人名、たとえばソクラテスやプラトン、が出てくるときは要注意で、論理の筋が通っていないのを視点を変えて誤魔化しているようにしかみえないのだ。読者が反論するタイミングを逸するように仕向けているとでもいうか。


ほめてはいけないという話を聞いたある人が、その場にいあわせた小さな子どもに「おりこうさんやね」と声をかけました。ほら、そういうのがほめるということなのですよ(だからいけないんですよ)(p.95)

 これがまさに、上記の3つめの反論にあたる話である。わたしたちは体感的に、就学前ぐらいの子どもだと大人への依存度が非常に高いことを知っている。だから「上から」であろうと、ほめられたら嬉しいということを知っていて、学のない人でも自然と声をかけるものだ。とりわけ、親以外のよその人からほめられるとさらに嬉しいものだ。
 なのだが岸見氏は独自理論でこれを否定する。自然な近所の人同士の心のつながりを断ち切ってしまっている。


 さて、この本で「トラウマは存在しない」という言葉の起源らしいところを見つけた。それも意外な「出所」だった。

 V.E.フランクル『宿命を超えて、自己を超えて』(春秋社)の中の言葉として。

「フランクルがこの著書の中で非常に明確に、「反」決定論に立っていることは興味深く思います。『後まで残る心的外傷という考えは、根拠薄弱である」とフランクルは明言していますが、しきりにトラウマ(精神的外傷)が問題にされる今日、アドラーの見解は改めて考察するに値します」(p.138)

 つまり、「トラウマはない(んじゃないのか)」と言ったのは、アドラーではなくてフランクルである。岸見氏の頭の中で後年そこがごっちゃになってしまったのではないかと思われる。
 この文の末尾に「アドラーの見解は改めて考察するに値します」とあるので、アドラーがトラウマの有無について何か言った箇所が前段にあるのだろうかと探したが、見当たらなかった。岸見氏は他の論文か何かと混同したのだろうか。アドラーが言ったとすれば、これまでにみたように、「トラウマに新しい意味づけをして乗り越えよう」という意味の言葉である。
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51941143.htmlなど参照。

 それと、フランクルのこの著作をまだ見てないのだが、フランクル自身はご存知のようにアウシュビッツの過酷な経験を生き延びた人だった。そのあとに精力的な学術発表を続けたから、「トラウマなど存在しない」と言う資格は、この人にはあるかもしれない、と思う。ただそれをほかの人に押しつけることまでできるかどうかはわからない。

 2月4日注:フランクルの『宿命を超えて、自己を超えて』を入手したところ、上記の「後まで残るトラウマは…」という言葉は、これもフランクル自身の言葉ではなく著書に登場する他の人の言葉の引用だった。伝聞として言っているのである。したがって「フランクルは明言した」は成り立たない。岸見氏の本の読み方や引用の仕方全体がおかしい、としか言いようがない。


 岸見氏が1999年のこの著作の中でトラウマ(精神的外傷)に言及した背景にはどんなものがあったろうか、とも思う。4年前の1995年に阪神大震災とオウム・サリン事件があった。97年には神戸で酒鬼薔薇の小学生連続殺傷事件があった。大事件事故災害のたびに「トラウマ」「PTSD」が話題になり、その治療技術をもつ臨床心理士が現地に派遣された。一般人の間でも「トラウマ」は日常語として、「俺、あの失敗がトラウマだよ」などと使われるようになった。

 「真性のトラウマ」もあるが「なんちゃってトラウマ」もある、そうした状況に苛立ち、「トラウマ」を標的にするようになった。そして著名人の言葉に「トラウマ否定」のフレーズがあることに救いを見出した、ということはないだろうか。

 
 『嫌われる勇気』の中の捏造フレーズ「トラウマは存在しない」は、昨年5月、NHK「おはよう日本」のなかでも大きなテロップで流れた。識者の懐疑的なコメントなどつけず、あくまで肯定的に。また最近書店で手に取った「常識のウソ」の本には、冒頭付近に「トラウマは存在しない」とある。理由は、「トラウマはフロイトが提唱したものであり、フロイトは原因論者で誤っているから」と、『嫌われる勇気』の論法そのままである。ライター自身が『嫌われる勇気』の信者で恐らく身内にトラウマに悩む人などいなかったのだろうし、編集部にもチェック能力が働かなかったということである。


 だから、ある程度大人の友人は「ウソなんか放っておけばいいよ」と言うが、わたしにはそうは思えない。本気で真に受けている人びとがいるからだ。とんでもなくいびつな人間理解がはびこり、どこかでそのために苦しんでいる人がいる。そしてアジア各国にも広まってしまっている。
 日本の片隅で、だれかが「それはおかしい」と言わなければならないと思うのだ。
 
 

※※「人間の悩みのすべては対人関係の悩みだ」に該当すると思われる『人生の意味の心理学』の中のフレーズ。

「われわれのまわりには他者がいる。そしてわれわれは他者と結びついて生きている。人間は、個人としては弱く限界があるので、一人では自分の目標を達成することができない。…そこで、人は、弱さ、欠点、限界のために、いつも他者と結びついているのである。…それゆえ、人生の問題へのすべての答えはこの結びつきを考慮に入れなければならない。」(p.11-12)

 ごく常識的な言葉である。しかしこれが「人間の悩みのすべては対人関係の悩みだ」というフレーズとして一人歩きしているため、TVドラマ「嫌われる勇気」の初回でヒロイン・庵堂蘭子の恩師は、この言葉のあとさらに「つまり他人さえいなければ私たちの悩みは消えるんです」と180度反対のことを言っているのである。
 

このページのトップヘ