CLSの「会議力」セミナーが終わりました。

副代表の大前和正さんが講師をされ、


会議運営のコツを解説していただきながらワークやGディスカッションをしました。


面白かったのは、

中堅企業の管理職の方が多数来られ、

「わが社の会議の問題点」を話されると、大体

「決定事項がない」

とか、

「問題点、課題の発表だけで終わる」

といわれること。


全社に関係する会議だと30−40人が参加するのだとか。

うーん、どんな光景なんでしょう。


最後は、

「会議をリストラします」

と決意される人がいたり、

正田おすすめの

「会議以外に個人面談をします」

という人がいたり。


講師の大前さんのキャラクターを反映してか、
終始、いい雰囲気で進行しました。


CLSの勉強会は独特の雰囲気。

会員さんは、いろんな業種の方がいますが、

いつの間にか社内1位をとられていたり、
定年後嘱託なのに本社営業本部長になられて上京したり、
転職後1年で専門室長から西日本営業部長になられたりします。


今日来たある会員の方は、

「しゃべると自分が鍛えられますよね。だからここ(CLS)の勉強会は意味があると思うんです」

と言われました。



6月末以来のシリーズの仕事が終わりました。

アルコール、非主張性・・・、
今までになく色々考えさせられた仕事でした。

最終日は正田らしくもなくずっとレクチャーになりました。


肩の荷を下ろした気分。