11月29日開催予定のイベント「COACHING KOBE(コーチング神戸)〜30歳からできる自分育て・人育て」へのお申込みがきのう(24日)現在、27名になりました。


 開催1か月前としては、まずまずの出足です。

 
 お申し込みの皆様、お友達にお声がけくださった皆様、ありがとうございます。


 先週は、DM作成と発送で、徳山晃爾さん、藤原美代子さんに大変お世話になりました。


 帝国データバンク発行の「週刊帝国ニュース兵庫県版」に、月1回のペースで1ページの連載をさせていただくことになりました。


 
 今までお会いした企業内コーチの方々のエピソードなど、少しずつご紹介させていただけたらと思います。


 「企業内コーチ」がどれほど大きな仕事をする存在かについて、ふだんメディアでもなかなかスポットが当たりません。


 研修やコーチングの結果そういう現象が起こっても、お客様がそういう事前イメージをお持ちでなければ、単なる偶然のイベントとして見過ごされてしまうこともあります。


 「企業内コーチ」の存在価値に企業様が気づき、真剣に待遇や育成などを考えていただくきっかけになると良いですね。



 またその結果はたらく人々全体が活性化し、企業様の業績にも社会の活性にもつながれば。


 

 きのうは新生NPOのプレ理事会があり、理事で関西学院大学専任講師・川島惠美先生に「コーチング神戸」の司会・コーディネーターに当たっていただくことなどを決めました。


 むちゃくちゃ頭の回転の速い方。


「この先生方(加藤俊徳先生と太田肇先生)なら、お2人のシナジーを活かすためにこんなことをしたり、あんなことをしたらいいわね」


 さっそく段取りを考えていただきました。


 当日も手際良い会場さばきをしていただけそうで楽しみです。