よのなかカフェでの藤井さんの怒涛のお誘いに負けて(?)

 
 ツイッターを始めたのがちょうど先週の今日の朝。


(やっぱり、メディアでツイッターはすごいと言われるより、リアルコミュニケーションが強い…私の場合…)



 お蔭さまでフォローしている人は426人、フォローしてくれる人は339人になりました。



「あっこの人いい人だな♪」

と思ったら直感的にフォローして、でフォロー返してもらう、ということを繰り返しております。


ほかの方のことを、


「いい人だな♪」


と、思えることがまずは楽しい。


(もちろん中にはいい人を装った悪い人もいるのでしょうけど)


きのうあたりからは、色んな人にレスしてみてレス返してくれるとしばらく会話する、ということをしてみていました。


やってみると面白い会話というのはアルモンダ。


時々「ミニよのなかカフェ」のようなノリになったりします。


「自覚ある市民」を育てる場にもひょっとしたらなるのカナ?



デメリットは、他のことがややオロソカになる気がしますねー。

 
こういうことはツイッター愛好者のかたは、ツイッター上ではまず言わない。


正田はリアル会話かブログで言う。(蔭口ですね)



やることを、かなり意識的にTodoリストにしておかないと忘れます。



でも今のところ「楽しい7、困った3」という感じでしょうか。


これまで以上にきちっと自己管理する、これに尽きるでしょうね。



きのうは、お客様の会社のトップの方から

「全管理職に『認めるミドルが会社を変える』を購入して配ります」


と言っていただき、じわっととても嬉しかったです。


地味なつくりの本ですが、人から人に紹介していただくとき「はずかしくない」という利点があるのではないかと思います。




神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp