今月17日に予定している「企業内コーチ事例セミナー」について、スピーカーの1人大前さんと打ち合わせ。


http://c-c-a.jp/koza/caseseminar0417.html 


 会社が売上4億の時から、20億になった現在まで、大前さんの率いる経理部は同じ人数でやっている、という。


 1人当たり生産性としては、2倍という数字も出ています。


 これは、著書『認めるミドルが会社を変える』にありましたように、こまめに改善提案を上げさせていることの積み重ねだという。


 間接部門のコスト減を考えたい企業様には、お勧めしたいところです。


 大前さん個人に対しては、これは当協会の「基礎コースB」と「応用コース」で恒例のフィードバックシートに書かれたことですが、

 
「部下の意見を尊重して採用してくれる」

「自分で考えることの重要性を認識させてくれる」


 と、部下からのコメントがあります。


(一方で「机を片付けろ」という声もあり…同病相憐れむ…^^;)



 今回新しくきいた大前さんの話としては、


「部下の能力アップとはどういうことだろう、と考えたとき、ヒューマンスキル(対話力とか対人能力とか)とテクニカルスキル(仕事の遂行能力とか)の両面があって、そのバランスを欠いた成長はぼくは評価しない。両方バランスよく成長したときに成長として評価する」


「ミスは起こる。これまでクライアントのところに頭を下げにいったことも何回かあるが、致命傷にはなっていない。ミスが起きたら、『あ、原因と対策考えてメールして』という。それが部下が自分で考えることに役立っている」



 こういう話も、字にすると当り前のことを言っているようだけど、生身の人間が肉声で言う、その空気を分かち合うことに価値がある、と私は思うんです。



 当方からの要望として、


「『モチベーション』とか『コミュニケーション』といったカタカナ語をできるだけ使わないでほしい。『やる気』もダメ。きいた人が思考停止しちゃうから。

 もし使うときは、日本語での言い替えをし、そのあとの話では日本語のほうを使ってほしい」


 事例セミナー、さあ、どれだけの人が来てくれるでしょうか…。

 来た人全員がHappyになってくれますように。


 http://c-c-a.jp/koza/caseseminar0417.html



 
 
神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp