また、凄く気持ちのいい体験をした。


 神戸に本社のある「サンドビック社日本法人」にお問い合わせのお電話をしたところ、

「当社には広報に当たる者はいないんですが・・・相談しますので少々お待ちください」と電話口の女性。


 そのあと名古屋にあるカンパニーには広報の担当者がいる、ということで連絡先を教えていただいた。この広報の人も女性。


 お問い合わせの内容は宮城県の工場に関するものだったが、趣旨をすぐご理解いただき、


「質問表のようなものをまとめていただければ、工場の担当者に回答させましょう」


と言ってくださる。


 軽い気持ちでお問い合わせしたのに真摯に対応いただいて恐縮しながら、お言葉に甘えて質問紙を作って広報の方に送った。


 4月のイケア神戸さんの対応もそうだが、スウェーデン企業の電話口の女性(日本人だけど)の対応は気持ちがよい。その場でぱっぱっと自分で判断し、どうするか決める。ので物事の進行が速い。


 うちのNPOは、今のところ事務所に常駐しているのは私1人なので、そういうふうに従業員教育ができるかどうか、試したことはない・・・


 そしてなんと、先ほど宮城県の工場の社長さんより回答が届いてしまったのでした。名古屋の広報の方に質問紙を送ってから、帰り道も広報の方を介して、約3時間の早業でした。


 感謝の念とともに。



神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp