教育者インタビューシリーズ 第三弾は、神戸市立渦が森小学校教頭・吉森 道保(よしもり・みちやす)先生(49)です。


 連休明けの小学校で、お話をうかがいました。


「息子がお世話になりました。吉森先生に2年間教わったことは、彼の大切な財産になっていると思います」


 吉森先生は、わが家の問題児(今でも)末っ子の長男の小学校5・6年当時の担任でした。

 高2の現在でも寝坊による遅刻やら風邪だか昼夜逆転だかによる欠席の多い、ちゃらんぽらん息子。積極的にすごく悪いことをするわけでもないが、吉森先生の担任当時はまだ、人を傷つける言葉を言ってしまうなど、自分を抑えられないところが目立ちました。


 吉森先生はそんなアホ息子に、時にはさとし時には叱り、しながら、やはり良いところを見つけて褒め、仕事を任せてやらせる中で自信をつけてくださいました。(その結果すばらしい人になりました、とはまだ言えないところが悲しい。)吉森先生の担任の2年間の終わりごろには見違えるように自信をつけ、クラスの友達に声をかけてまとめるような面もみせるようになっていました。(その後残念ながら紆余曲折ありそうした面は消失)


 さて、吉森先生のお話です:


「今いる渦が森小学校(神戸市東灘区北部)にはこの4月に赴任してきたばかりですが、教育熱心な地域ですね。歴史がありますので、保護者もここの(小学校の)出身という方がいらっしゃる。地域の自治会がしっかりしていて、地域の力というものがある。

 基本的生活習慣が良くできているなと感じます。言葉づかい、礼儀作法が1年生のうちからできている。職員室から出るときでも、

『お忙しいところ失礼しました』

という言葉が出るんですよ。子どもなのに。

 あとは町中で会ってもあいさつがしっかりできる、とかですね。家庭での教育なのかな。だからここでは、あまり危機感というものは抱かないんです。



 ぼくの教育ですが、ここに登場させてもらうような立派な教育とか理論は持っていないんですよ。

 基本的には1人1人を『個』として尊重する、というのは持ち続けていると思います。頭ごなしに押し付けるんではなく、納得して皆、動いてくれるように。

 人を傷つけるとか、いけないことをした時にはビシッと叱るんですけど。

 そうではないときは、『こうしたらええんちがうかな』と穏やかに話し、自分の口から『こうしよう』という言葉が出せるように。」


「吉森先生というと、うちの息子によく仕事を任せてくださったな、自信をつけてやってくださったなというのが思い出深いんですが」と私。


「はい、1人1人に存在感を持たせてやりたいなと思っています。自分の存在意義、自分がいるからこのクラスは成り立ってるんだ、という感覚。


 問題行動を起こす子は、自分を大切にしてないんですよね。

 そうじゃないんだよ、あなたは必要なんだよ、と伝えてあげる。人のために何かができたということが、満足感になる。

 高学年になると学校内の仕事としてやることは一杯あるんです。音楽会の準備、体育祭の準備。仕事というのは合体して全体の仕事になる。

『ここは任せるね。頼むね』と。

そうしてみてみると、意外と、任せられることはたくさんある。

これはキャリア教育の一環なんです。

ええ、もう小学校教育にもキャリア教育が入ってきて3−4年になります。もう本格導入されています。これは文科省だけでなく内閣から出ている方針なんで。

 
 中学にトライやるウィークがありますが、それの素地を小学校でつくりトライやるにつなげる。さらに高校では職業訓練につなげる。

 働くってどういうことか。人に喜んでもらう、額に汗する。ということを学んでもらう。


 
 以前ある学校の5年生で、非常に手のかかる子がいました。教室の掃除当番などの仕事を、その子は全然やらなかった。

 その子に、音楽会前の準備で、体育館前のガラス板を4枚分、

『これは君の仕事やと胸を張って言えるような仕事をしなさい。』

と言って、任せた。そのあとぼくは体育館の会場設営をみるので忙しく彼のことを見に行けなかったけれど、見に行くと、息をはーっと吐きかけて拭いていた。ガラスがそこにないかのように綺麗になっていた。


 心の底から凄いと思い、お世辞でもなんでもなくそれを伝えました。相手の子も満足そうでした。


 それ以来、彼は教室での普段の掃除もちゃんとやるようになりました。仕事を通じての満足感は色々なところに波及します。彼の子ども間のトラブルも減っていきました。


 普通はそういう行事の準備をグループ単位でするわけですが、グループの中で話し合いで仕事を割り振らせたらその子はしなかったと思います。それはぼくがさせた。彼の領分をほかの子がやってしまっても困る、と思ったし。


 その子は黒板担当になった時も、

『あなたはこの黒板消しで、黒板を拭いてぴかぴかにしてな』

と言うと、本当にぴかぴかにする。

『こんな綺麗な黒板に字を書くのはもったいないくらいだよね』

とみんなに言ってやる。

 そんな積み重ねで、だんだんとグループでも仕事をしてくれるようになった。」


 1人の子が仕事を通じて変わっていく、素晴らしいエピソード。

私:「え〜と、うちのアホ息子にもひょっとしてそんなエピソードがありましたでしょうか」


先生:「彼は賢いから、どこまで許されるか、鎌をかけてくるところがあるんですよ。『ダメ』とガンと言うと、引っ込める。一線を超えたのを見逃してると、恐らくおおごとになる。

 大事なのは、ぼくらがブレないということでしょうね。

『あの時ああ言ったのに今度は・・・』となると、どこに基準があるのかなーとなりますから。多分、どの子もそういうのは見てると思うんですが。


 一線を超えたら、もちろんビシッと叱る。

『あかんもんはあかんのや』

 普通はたいていのことは理由づけできますけどね、なぜあかんか。人を傷つけるのは、『あかんもんはあかん』の領域でしょうね。」


 ブレない、あかんもんはあかん。ちょっとした呼吸で、子どもが大きく道をそれるかそうでないかが変わってきてしまうかもしれません。

 
「吉森先生というと、息子からきいた話では

『先生はいじめは大嫌いです。皆さんがいじめをしたら、先生は体を張ってでも怒りますよ』

とおっしゃったとか」


「そう、それは必ず言います。ぼくは学年初めの学級開きのときに言います。

『いじめは許しません』

『先生が怒るときは、こんな時怒りますよ』

これは3つぐらい例を挙げるんですが、いじめた時、傷つけた時、あと『この学年にはたらかそう』と思ったのにさぼった時…。


『いじめに第三者なし』というのも必ず教えます。

 いじめる子、いじめられる子のほかに、知ってるけど傍観してる子もいる。その子らもいじめてるうち。また、いじめがあることを知らない子も、同じクラスでそういうことが起こってることを知らないのが罪。

 
 いじめる子は2、3人とか3,4人。いじめられる子は1人。1人じゃつらいから、先生はこの子の味方をしますよ。」


「・・・そういうやり方、おっしゃり方は、先生独自のものですか」

 れいの、「標準化、共有化してほしい」というやつであります。

 先生は過去のブログ記事もお読みになっていたので、予期したように言われました。


「『いじめに第三者なし』は、神戸市の標準の考え方ですよ。ぼくも先生に教わったし、若い先生にも『こんな方法ありますよ』と紹介したり。

 おっしゃるように、すべての先生が一律にされるようになったら、それは素晴らしいですけどね。

 どれだけ深刻に受け取るかは、教師としての成長かな。言葉の重みをどこまで持たせられるか。どれだけそれを話できるかは、個性の違いや年齢の違い、経験の違い。それなりの年齢になると、指導ができるんだろうし。

 (吉森先生はなぜ話せるのか?と問われて)ぼく自身は、深い意味はないですがなんか嫌なんですよね、こそこそっとしてるのが。」


私:「いじめに関しては、先生のような(いじめられる子は1人ぼっちだからぼくはこの子の味方をする、という)考え方をする先生ばかりとは限らなくて、多数決の考え方を持ってきてしまう場合もありますね。」

先生:「それはどういう?」

私:「えーと具体例で言うと、うちの娘が別室登校になったあと教室に戻れるか、となったとき、特別措置をとってもらう必要があった。具体的には、一番後ろの席にしてもらう必要があったんですが、ほかのお子さん方から『不公平や』という声が上がる。するとうちの娘は永遠に教室には戻れない、という」


先生:「あ、その例でしたら、ぼくのやり方は基本的には不公平やと思います。子どもは1人1人違う。跳び箱で背の低い子が4段跳んだ、意味が違うでしょ?

 人によって何かが違うんだから、違うのは当然。これは常日頃言ってるかな。

 勉強できる子が100点とるのと、できない子が50点とるのとでは、こっちの方が偉いとかね。

 不満の声が出るときもありますが、出たときに潰している。小さい声が出た時に。『違いがあって当たり前』と。


 3年生の国語の教科書に、『私と小鳥と鈴と』っていう金子みすずの詩があります。『みんな違って、みんないい』と。あれだよね、と言って納得させます。」


 一番印象的だったエピソードは?と問われて、


「ある小学校では『単級』つまり、1学年1クラスで、そのクラスも18人しかいなかったんです。6年になるまでの間に38人までなりましたが。

 何するにもクラス1つ。音楽会も運動会も一生懸命やり、卒業式の予行もピタッと決まった。しかし卒業式の本番、1人が泣き始めたら伝染し、全員泣いていた。仰げば尊しの伴奏がかかってもだれも歌えなかった。

 その子たちは30超えてよく同窓会をやってくれます。結構沢山きてくれて。

 同窓会をやってくれると、良かったなと思いますね。普通に担任してると毎日、闘いのようなものですが。


 大人になった時、『先生こんなこと言ってたな』と、振り返ってくれたら嬉しいですね」




神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp