12日、兵庫県経営者協会の女性産業人懇話会(VAL21)様で「コーチングスキルセミナー〜「承認」による職場の活性化〜」と題してお話をさせていただきました。

9801


9805



 2時間の中で駆け足で「承認」の講義と演習。コーチングの中でも「承認」の話だけで今回と10月の2回、お話をさせていただくという念の入ったものです。神戸〜兵庫県東部の会員企業の女性ばかり経営者・管理者30名弱の方々が参加されました。


 コープこうべ顧問の有光毬子さんやひょうご仕事と生活センターの北尾真理子さん、それに夢工房の田中裕子さんなど女性の大先輩の方々が温かくうなずいて聴いてくださる中、そして30−40代の女性管理職の方々も真剣なまなざしを向けてくださる中―、

 
 駆け足ではしょり気味でしたが、そこは感度の良い女性のこと、非常によく吸収してくださり、最後の演習は盛り上がって止めに入るのが申し訳ないくらいでした。


 いつもの伝で「宿題」もお出ししましたがさあ、どれくらいの方が実際にトライしていただけるでしょうか。楽しみです。

 次回は10月10日(木)で、承認の組織論上の効果についてのお話です。




 このたびは、初のこころみとして「正田ストーリー 私がマネジャーのコーチになったわけ」というスライドもつくりました。
 イラストは「承認大賞ハンドブック」に続き、(有)ファブリーの村岡みきこさん。

「思い切り美人に設定してください」
と無茶苦茶なリクエストをふりました。村岡さんもさぞかし困られたと思いまがさすがそこはプロ。ひょいひょいと軽みを出してくださったり(軽さは、正田にはない持ち味なので補ってくださるのは非常にありがたい)、あるところは神々しい成熟した大人の味わいを出してくださったり。


 会場の反応はどんなかな?と恐る恐るでしたが、
「なんで正田さんがこの仕事をされているのか、よくわかりました」
とのお言葉をいただきました。


 よく「お嬢ちゃんにはわれわれの仕事はわからないよ」とか「男にとって仕事は戦いだ。女とは違う」など、「承認」に対して「女」をネタにした反論をされることも正田のばあい多いのですが、自分から「女」をネタにしつつこの教育で成果が挙がっていることをアピールしようとする試みでございます。


 温かく受け止めてくださったご参加の皆様、ご準備ご連絡でお骨折りいただいた北尾真理子さん、兵庫県経営者協会の出口さん、VAL21例会チームの皆様、ありがとうございました。


----------------------------------------------------


 その2日前の10日は、兵庫県介護老人保健施設協会様での10月に行う研修のお打合せでした。こちらは会員で今年、同協会の研修部会長になられた林義記さんからのご紹介。


 施設内ケアマネージャーさんへの1日研修で、タイトルは「チームケアの潤滑油〜お互いを思いやる心と認める心、今がんばっているあなたへ・・・〜」といいます。現在40名ほど、最終的にはその倍ほどの人数が参加されるそうです。
 
 お察しのとおり、「承認」のお話をするのでございます。


 施設内ケアマネさんですから、入所・通所している利用者さんの状態をみながらケアの方針を決め、各部門との橋渡しをする、いわば仕事を投げる立場です。そこで、「人を動かす」という課題に嫌でも出会うことになります。

 林義記さんのお口添えもあって5時間半の研修内容の打ち合わせもスムーズにすすみ、集まられた部会のケアマネさん方も大変、「承認」に期待してくださったご様子でした。


 このブログにも折にふれ登場する林さんは私の自慢の生徒さんのひとりです。福祉の仕事ですから売上云々の話題は出ませんが、部下・後輩が成長したこと、利用者さんに良いことが起こったことなどをいつもいきいきと報告してくださいます。林さんご本人も時にはつらい思い心折れる思いを味わいながらも着実に成長していかれているのが伝わるのでした。


 「ご回向する=徳を巡り巡らす ということを、『承認』ということを通じて出来るのではないかと思います」

 3年ほど前にそんな表現で、「承認」を「徳」の概念と初めてリンクしてとらえてくださった受講生さんも林さんでした。それまで私自身も薄々感じていた、「承認」は心理学より倫理道徳により近い概念なのではないか、という予感を言葉にしてくださったのでした。


-----------------------------------------------------------


「世界は生きるに値する場だ」

 先日の宮崎駿監督の引退会見での言葉が、私には別の意味で沁みたのでした。



100年後に誇れる人材育成をしよう。
NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp


「第3回承認大賞」募集ページはこちら!あなたのエピソードを教えてください

http://www.shounintaishou.jp

「承認大賞ハンドブック2013」ご紹介ページはこちらです

http://blog.livedoor.jp/officesherpa/archives/51861106.html . . .