ハンドルネーム「前田さん」から、部下部門に素敵なご応募をいただきました!

 福祉施設の管理職の立場になって悩んでいた「前田さん」に、上司がかけてくれた言葉とは・・・。

------------------------------------------------------------- 

■あなたとの関係 = 直属の上司、男性。長く福祉に携わってきた第一人者。
知識・経験・決断力に加え、広い人脈を持たれた方。ほめるのは決してうまくない。

■状況 =
福祉施設で障害者支援の仕事をしています。長く現場での利用者さんへの直接支援をしてきたのですが、部署を取りまとめる管理の職を任されることとなりました。日々、課題やトラブルが起きるたびに、自分の力不足を感じ、不安と自信のなさに悩んでいました。
そんな折、施設関係者の会議に上司と出席し、そのまま夜の飲み会にも声をかけてもらいました。


■言われた言葉 = 他の施設の所長さんらもおられたその場で、私のことを
「利用者のことを誰よりも見ることの出来る職員だ。」とさりげなく紹介してくれました。


■あなたの反応 = 普段は忙しくてなかなか話もできない中でも、私のことを見てくれていたことに感激しました。

■後日談 =
うれしさとともに、自分のしてきたことにあらためて自信をもつことができ、また、管理の職にもより自覚をもつことができたように感じます。
上司は数年前に退任しましたが、今でもそのときの言葉を励みにがんばることが出来ています。


■あなたの気づき等 = 自分の尊敬している人が見ててくれたこと、認めてもらったことに感激しました。人前でさりげなく賞賛してくれたことがうれしかったです。その後の意欲につながりました。


(前田さん 福祉施設勤務 30代)


----------------------------------------------------------------------

 嬉しいですよね。これはよくわかります。

「見てくれていた」

 繰り返し出てきますが、これは何から来ているかというと、当協会の用語でいう「行動承認」というのを使っていることによるものでしょう。


「利用者のことを誰よりも見ることの出来る職員だ」

 そう、これですね。


「確かに自分のことを言ってくれている」

「みてくれている」

この感覚に最も高い確率でつながるのが、行動承認であります。

 それは、

「彼は心優しい職員だ」(人格)

「彼はピカイチの優秀な職員だ」(能力)

などというよりも、言われた人のこころに「ひびく」のです。


 管理職になるということは誰にとっても、社会人になって以来の人生の一大事。よほど出世欲の塊のような人は別として、まじめに取り組めば苦悩の連続になることでしょう。

 
 そんな「前田さん」にとって「みてくれている」と実感できる上司の言葉は、かけがえのない支えになったことでしょうね。

 それも人一倍有能で尊敬できる上司の方からの眼差しであれば・・・。


 「前田さん」、素晴らしいご応募をありがとうございました!



100年後に誇れる人材育成をしよう。
NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp

「第3回承認大賞」募集ページはこちら!あなたのエピソードを教えてください

http://www.shounintaishou.jp

「承認大賞ハンドブック2013」ご紹介ページはこちらです

http://blog.livedoor.jp/officesherpa/archives/51861106.html