『日本軍と日本兵―米軍報告書は語る』(一ノ瀬俊也、講談社現代新書、2014年1月)を読みました。

 「風立ちぬ」や「永遠の0」大人気、ともすればあの時代を美化しそうな風潮の時代にタイムリーな本なのではないかと思います。

 アメリカ兵や将校からみたわが日本軍は、悲惨ではあるが同時につっこみどころ満載の人達であります。

 わたしはここ数年「日本人の遺伝子的特性」など「日本人とは」に言及することが多いですが、日本人が嫌いなわけではありません。「世界で一番好きな民族は?」ときかれたら、やっぱり「日本人」と答えるでしょう。結婚以来住んでいる神戸・兵庫の風土が好きなようにそれは理屈ではないものです。


 ただわたしにはおそらく「面子」の感覚があまりないので、日本人の劣った部分を考えたり言及したりすることに抵抗がありません。興味は、そうしたもろもろの特性をもった日本人をいかに教育の力で向上させ優秀たらしめるか、にあります。そういう考え方が不遜なのか、しかしそういう考え方をする女のもとで受講生様が引き続き成果を挙げてくださるのだからしょうがないです。


 で、本書はある意味現代に通じる「日本人」をあぶり出す気がするので、ガダルカナルとかレイテとか硫黄島とか戦地の名前には相変わらず興味がもてないまま、本書の記述をなぞってみよう、と思うのであります。半藤一利さんの本とか頭に入らなくて投げ出しちゃったんだよね。


 ここでは交戦中に発行された、「IB」―Intelligence Bulletin―という、アメリカ軍の軍内報のようなものの記事から大量に引用しています。


●(日本軍の)訓練はたぶんどの国の陸軍よりも厳しいものだ。・・・体罰はひどいものだ。兵は上官に殴られ、蹴られている間直立していなくてはならない。もしビンタを受け損なえば立ち上がって直立し、再び罰を受けねばならない。…上級の者はそれがささいな怒りによるものでも、いつでも罰を加える権限を持っている。


●軍隊内から暴力がけっしてなくならないのは、殴られている者もやがて下級者が来たら彼らを殴れる立場になるからだ。


―去年の初めマスコミを賑わした「体罰」。漫画「柔道部物語」で、こうした先輩から後輩へ引き継がれる体罰を肯定的に描いてましたが・・・。



●日本軍は口頭、文書上の指示において「軍紀」「士気の改善」「軍の改革」「戦闘力の改善」「天皇のための死」「兄弟のごときチームワーク」を個人、集団、多様な部隊、軍に対し非常に強調しているものの、「軍指導者の望むような士気、戦闘能力の状態は達成されないことが多い。

●日本兵の個人的長所は、肉体的には頑健である。準備された防御では死ぬまで戦う。特に戦友が周囲にいたり、地の利を得ている時には大胆かつ勇敢である。規律(特に射撃規律)はおおむね良好である(すなわち上官の命令による一斉射撃は良好)


●日本兵の短所は、予想していなかったことに直面するとパニックに陥る、戦闘のあいだ常に決然としているわけではない、多くは射撃が下手である、時に自分で物を考えず『自分で』となると何も考えられなくなる。


●日本兵は銃剣戦において一対一の対決を避け、「直突」すなわち「突き」ばかりを用い、「剣術」ができなかったり銃床で殴るという技を知らなかったりで、そこを米兵に衝かれていたというのである。


●(敵の)火線へ飛び込む意志はあるものの、将校に続いて突撃するのをためらっている兵たちをみたことがある。あるときなどは、将校が突撃と絶叫して何百ヤードか進んだところで誰もついてこないことに気付いた。彼は舞い戻って兵たちを殴りつけ、そして突撃した。

―マンガチックだが今もこういう勇猛果敢な上司と臆病な部下の乖離はありそうだ…。


●日本の下級将校は下士官よりいいものは食べていない。食べ物は兵と同じもので、若干品数が違うだけだ。上級将校は王侯のような食生活をしている。日本陸軍の組織の擬似的平等性。同じ物を食べていたことが、将校と下士官、兵を心情的に結びつける効果を発揮していた。宴会では中隊長も兵も一緒に酒を飲んでいた。

●1943年に私が出会った日本兵は完全に戦争に飽いていた。彼らは熱帯を呪い、日本に帰りたいと願っていた。都会の日本兵は映画のおかげで親米(pro-American)である。対米戦争当初の日本にはアメリカ人に対する蔑称らしいものがなく「鬼畜米英」が盛んに叫ばれるのは44年に入ってから、つまり実際には対米戦意が高いとはけっしていえなかったという。


●日本人は決して天皇・ヤスクニ大事で戦っていたわけではなく、味方の暴力を怖れて戦っていた。思考能力は米兵からみて三流。

―わたしは今も「日本人ビビり」説をとっているが、恐怖心の強く働きやすい人を動かすのに暴力という、より身近な恐怖を与えることが有効と軍の上官は考えていたようだ。それはもちろん思考力の低下を招き、指示待ち人間をつくる。

ーついでにいうと日本人は元々あんまり頭が良くないかもしれない。最も高いIQと関連づけられる遺伝子スニッブの持ち主はごくわずかで、国際比較でみても低率だ。これは、社会全体の抽象的思考能力の弱さと恐らく関連しそうだ。それでも一部には「知能遺伝子」を持った人がいるわけで、こうした人々の存在が、全体像を正しく把握することを阻んでいるという意味のことを岡田尊司氏が言っている。


●日本兵同士は互いに愛情がなく、他隊の手伝いをしない。親分子分関係によるセクショナリズム。


●米軍は日本兵を捕虜にとらえると手厚く遇した。それは日本人がその特有の面子の感覚で、好意を受けたらお返しをしなければならないと思っており、厚遇のお返しに自国の機密を教えることもやぶさかでなかったからである。


ー米軍内の呼びかけとして、「あなた(米兵)が捕虜に対して嫌悪や侮蔑の感情を持ったらいい情報はえられない。正しく扱え」というのがあるが、現代のマネジメントにも大いに通じそうな思想。当協会方式の「承認」に「リスペクト」という要素を入れて割とうるさく言うのは、「見下しの感情を持つな」と言うことだけど、結構な修練を要する難しいこと。当時のアメリカ兵には容易だったのだろうか。謎


●一方で日本軍が連合国軍兵を捕虜に捉えたばあいは、「腕力」に頼り「上から目線」で尋問することをよしとしていた。ここでも工夫のない日本軍。


●日本兵は遺体の回収は熱心で死者に対しては丁重だが生きて苦しむ傷病者にはそうではない。撤退時には自決を勧める。


―井坂昭彦なんかによると昔から日本人は死者にたたられるのを異様に恐れてそれが行動原理になっているようですが・・・、
過去に臓器移植の議論で感じた不毛さにも通じそうな気がするし現代の若者や子育てに優しくない社会にも通じそう。過去になったものが好きで未来は重要じゃない。だから私も死にたくなるのカナー。


 このあとは戦場で「医療」を軽視する日本軍の話が続きます。


●医療が戦の勝敗を決めるとはどういうことか。例えばガダルカナル作戦での勝敗の差は、日本兵がマラリア、脚気、腸炎で弱って敗北が明らかになるまではわずかであった。ガダルカナルには4万2000人の日本軍がいたとされるが、その半分以上が病気や飢餓で死亡し、負傷者の80パーセント以上が不適切な治療、医療材料の不足、後送する意思と能力の欠如により死亡したとみられる。

●日本軍の短期決戦思想に基づく補給の軽視はよく指摘されるが、医療もまた当事者の言葉によれば「金がないから」という実に官僚的な理由で軽視されていたのであった。
 上から一方的に”滅私”と称して苦痛への我慢を要求する日本軍のやり方が、結果的に兵士たちの精神力・体力―軍の戦力ダウンとなって跳ね返っていた。


―このくだりはわたしなどはつい、「医療」を「教育」と置き換えて読んでしまいました。短期決戦思想に基づく教育の軽視、という言い方もできる。その結果が今のパワハラメンヘル現象だ。教育でストップをかけないからとことん病んでしまう。そして警鐘を鳴らすタイプの研修だけが横行する。

 もうひとつ著者のコメントの入ったくだりをご紹介しますと、

●「患者に対する日本人の典型的な態度は西洋人には理解しがたいものがある。敵は明らかに個人をまったく尊重していない。患者は軍事作戦の妨げとしかみなされないし、治療を施せばやがて再起し戦えるという事実にもかかわらず、何の考慮も払われない」 患者を役立たずと切り捨てる精神的態度が「日本人」なり「東洋人」特有のものとは思えないが、個人とその生命を安易に見捨てた過去の姿勢を現代の日本社会がどこまで脱却できているかは、常に自省されるべきだろう。

―そういえば年齢相応の病気したらくそみそに言われたなー、某プライベートな組織で。遠い眼。


 このあとは「夜間攻撃」と「穴掘り」を繰り返した日本兵、といった戦術面の記述になりますが割愛。


 
 この著者はこれまでも日本軍史研究の著書があったのだ。知りませんでした。大変おもしろいですね。



 もう、昭和に戻るのはやめよう。どんな集団なのかをクールに見極めれば、暴力暴言に頼らない動かし方伸ばし方というのはわかってくる。見極めをしないまま工夫もなくギャーギャー怒鳴ってボコボコ殴っていた世代から学ぶのは止めよう。


 最近は私はしゃべりの仕事の中で日本人の短所を声高に言うことはしなくなりましたが、教育の根底のところにはそういう考え方があります。日本人は決してかっこいい民族ではない。知覧とかで観光して騙されないように。


リアリズムに徹し敵を知り己を知れば百戦危うからず。「昭和的なるもの」に代わる決定版のようなリーダー教育をつくろう。


 
100年後に誇れる人材育成をしよう。
NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp