また夜7時半ごろ、(株)パブラボの白岩さんからお電話がかかってきました。

「今、タイトル案をメールで送りました」

 どれどれと開けてみると・・・、


-------------------------

正田さま
(CC:菊池社長)

この度は、お世話になります。
大変お待たせしました。
表紙のタイトル案を決めました。

タイトル:行動承認
サブタイトル:組織の能力を最大化する「認める力」
帯:12年間「1位マネジャー」輩出
  現場から管理職まで使えて、業績が好転する新手法

社内で何度となく話し合いを行いましたが、
やはり「行動承認」を凌駕するタイトルは無く、
「行動承認」をもっともっと世に広めなくてはと、
改めて決意した次第です。

-------------------------

 え〜〜。

 なんですかこれ。何もヒネリないじゃないですか。

 と可愛げのないツッコミを心の中で入れながら嬉しさを抑えられませんでした。

「もっと、『なぜ○○なのか』みたいな案もあったんですがねえ。
やっぱり社内で話し合って、これだろうと。
『行動承認』をわれわれも普及させたい、と。津々浦々まで。
日本で生まれたもので日本人に一番あったものですしね」

と白岩さん。


「ありがとうございます。
会員や受講生たちもきっと喜びます。
『行動承認』に誇りをもって実践してくれてますから」

「はい、ぜひこれからも誇りをもって実践してください」

 
 承認カルト教団、ちょっとカルトじゃなくなったかも(*^_^*)




 全くの新ジャンルを開拓するタイトルを打ち出すのは出版社さん冒険なのだろうと思います。

 そのご期待にお応えせねば といってももう全部書いてるけど。

 というわけで、みなさまタイトルは『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』になりました。まさかの、です。

しばらく放心状態になったあとやっとブログアップできたわたしです(>_<)



100年後に誇れる人材育成をしよう。
NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp