お世話になっている皆様


 おはようございます。
 企業内コーチ育成協会の正田です。

 W杯で試合前の練習で激突・転倒し、流血のケガを負いながら本番を滑りきった羽生結弦選手。彼の圧倒的な精神力に拍手を送りたいとともに、ケガのこともつい心配になります。しっかり休んで治療して、またあの華麗な舞いをみせてほしいですね。


※このメールは、NPO法人企業内コーチ育成協会のスタッフ及び代表理事・正田が、過去にお名刺を交換させていただいた方・当協会のイベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。ご不要の方は、メール末尾にありますURLより解除ください。
(解除方法が変わりました!詳細はメール末尾をご覧ください)


 本日の話題は:

■嬉しかった反響
 「よい本を読みましたので、ご紹介します」

■職場マネジメントと発達障害
 ―空白を埋めるインタビュー 掲載と同時に大好評です!

■「あの登場人物」が神戸に結集しました!
 「承認マネジメント事例セミナー」白熱の開催。

■改めて「女性活躍推進」考えてみませんか?
 第41回よのなかカフェ「女性が輝く社会には何が必要?」(12.4)募集開始しました

------------------------------------------------------------

■嬉しかった反響
 「よい本を読みましたので、ご紹介します」

 きのう嬉しかったこと。
 フェイスブックで親しくさせていただいている、ある出版社の女性社長さんが、ご自分のタイムラインに「よい本を読みましたので、ご紹介します」と、わたくしの近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』のAmazonページのリンクをつけてご紹介くださいました。
 他社の出版物だというのに。
 社長さんが書かれた文章をこちらに引用させていただきます。
「職場の雰囲気をよくするために、毎日奮闘努力中のみなさんへ。
しばらく前に堀場製作所の社是が「おもしろ、おかしく」だと聞いて、さすがにイノベーション命の企業は違うなあ、と思いました。
厳しく辛い環境では、仕事のパフォーマンスは低下しますもんね。
それで、うちでもそういうスタンスで仕事するのもいいかなと思うようになっています。
『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』(正田佐与、発行:パブラボ)
 いやー、私も色んなスタッフさんと働いてきました。全員のパフォーマンスを上げるために、さまざまな態度をとってきましたよ。権威主義的だったり、平等主義的だったり、友達的であったり。あれこれ試したものですが、この本で正田さんが論じられている「行動承認」は、いい効果を生むことが大いに期待できます。何よりも過剰な努力を強いないのがいいです。ほめるのもほめられるのも苦手という、日本人気質に合った方法ですね。よいスパイラルで物事がすすんでいきそうです。
 子育てにも応用できそうですし、自分を励ますにも使えそう。」

 いかがですか?嬉しかったですねえ…。色んな意味で。
 大企業と小さな企業では人の質も異なり、マネジメントの風景も異なるので「ここに書かれているようなことはできない!」と思われる向きもあるかもしれません。でもこの社長さんは、大企業中小企業の区別なく普遍的に通用する真理を、本書から読み取ってくださったのです。女性リーダーとして男性の場合にはないようなご苦労もされながら。
 そして、他社のもの自社のものと区別せず、良いものを「良い」と言ってくださることは、本来どれだけ偉大な無私の行為だろう、と思うのでした。
 ともあれ、『行動承認』まだ読まれていないあなた!是非手にとってみてください。
 なお、Amazonではこのところ品切れ⇒入荷⇒残り1点 とめまぐるしく「動いて」いるようです。できるだけお近くの書店でお買い求めください。

------------------------------------------------------------

■職場マネジメントと発達障害
 ―空白を埋めるインタビュー 掲載と同時に大好評です!

 去る10月6日、NPO法人発達障害をもつ大人の会(DDAC)代表・広野ゆいさんにインタビューさせていただきました!

 発達障害については今世紀に入り急速に研究がすすみ、それにつれて想像をはるかに上回る出現率があることがわかってきました。気をつけてみればあなたの職場のここにもあそこにも、発達障害/発達凸凹の人がいるのに気がつくことでしょう。しかし、「発達障害の人に対するマネジメント」はまだ手つかずのままです。

 広野さんは当事者側でADHDとアスペルガー両方の傾向をもち、診断を受けたあと自覚が進まれたので、お話していて一方的だとかかみ合わないとかの印象はまったくなく、むしろ非常に公正にオープンに語ってくださいました。詳細に現実をみられていて、沢山の共通認識を持てることに安堵の念をもちました。

 8日インタビューを公開させていただいたところ、フェイスブックのお友達が次々シェアしてくださり、また「今回も一気読みしました!」「診断のことや仕事のことなど、これまでわからなかった微妙なところがよくわかりました!」「正田さんのここ数年の地道な発達障害に関する取り組みが内容の濃いインタビューになりましたね!」と、嬉しいお褒めの言葉をくださいました。
 公開と同時に大きな反響を呼んだ、そのインタビューはこちらからお読みください:

広野ゆい氏にきく「凸凹の部下と凸凹の上司、どうつきあう?」

1.発達凸凹があっても職場でうまくやっていくには
http://c-c-a.blog.jp/archives/51901745.html 
■凸凹の概念で発達を説明する
■アポを忘れる営業マン―カギはメインの仕事ができるかどうか
■製造から介護へ、凸凹社会人の流入現象
■新しい枠が必要、正社員でも障碍者枠でも非正規雇用でもなく
■会社でうまくやっていくには自覚がポイント
■「私も仕事できない人だった」(広野)

2.見過ごされる発達障害―メンタルヘルス、自己愛、虐待・過干渉、DV、引きこもり
http://c-c-a.blog.jp/archives/51901747.html 
■メンタルヘルス問題のかなりの部分が発達障害
■「できる部分」にしがみつく当事者
■当事者の集まりで初めて「ゆるむ」
■新型鬱と発達障害
■自己愛は発達障害なのか?
■「指摘されると切れる」敏感さから「出来ない」と認められる当事者コミュニティへ
■虐待、過干渉と発達障害
■DVと発達障害
■引きこもりと発達障害
■当事者の人生―趣味、コミュニティ、介護


3.凸凹部下と凸凹上司、どう付き合う?
http://c-c-a.blog.jp/archives/51901749.html 
■もし発達障害の部下をもってしまったら
■部下の発達障害に気づけないマネジャーたち
■「発達障害上司」は承認が難しい?
■「発達の問題」わかったら降格がベストか
■診断を受けてもらうことは役に立つか
■診断を受けてもらうトークとは


------------------------------------------------------------


■「あの登場人物」が神戸に結集しました!
 「承認マネジメント事例セミナー」白熱の開催。

 7日(金)、神戸・三宮の兵庫県経営者協会において、「夢物語みたいなこと、言うてもええんですか―承認マネジメント事例セミナー」を開催しました!

 近著『行動承認』の中で、「企業小説」のようにエピソードを紹介した登場人物たち。書き方は企業小説ふうですけれども、実在の人物、事実であり小説ではありません。

 今回は、35歳から56歳、中年期のマネジャーたちが挫折にみちたマネジメントの中からどうやって「承認」に出会い、華々しい成果を上げたかを語っていただきました。
 「ダブル1位」「2期連続表彰」「売上倍々ゲーム」「2年間不良ゼロ」「4年間離職ゼロ」と、当協会過去7回の事例発表でも、また国内のコンサルティング業界を見渡しても例のない強烈な成果ぞろいの発表になりました。
 
 こちらの記事にご紹介しましたので、ご覧ください:

「あの登場人物」が語りました。。ここにしかない奇跡 白熱した承認マネジメント事例セミナー
http://c-c-a.blog.jp/archives/51901726.html
 このメルマガを読んでくださっているあなたは、「歴史的な転換点にきているんだ」ということを、この記事から実感していただけますでしょうか…。

ご登壇くださったみなさま、またご来場くださったみなさま、改めて本当にありがとうございました。

 この事例セミナーの模様は、近日動画配信いたします。お楽しみに!!

------------------------------------------------------------

■改めて「女性活躍推進」考えてみませんか?
 第41回よのなかカフェ「女性が輝く社会には何が必要?」(12.4)募集開始しました

 よのなかカフェ今回のテーマは「女性活躍推進」。
 「うちは女性が少ないから―」なんて仰ってる企業様、人手不足の折「女性」をちゃんと使えなかったら経営の致命傷になってしまいます。
 ただやみくもに「女性を採用して、今いる女性を管理職に昇進させて」というのがいいわけでもなさそうですよね。
 この件について「語りたい!」「ほかの方のご意見を聴きたい!」という方、12月4日夜どうぞお集まりくださいませ。

 詳細とお申し込みはこちらのページから
  ↓ ↓ ↓
第41回よのなかカフェ「女性が輝く社会には何が必要?」
 http://c-c-a.jp/cafe/index.html

------------------------------------------------------------

  
◆ブログ「コーチ・正田の愛するこの世界」人気記事ランキング

1.発達障害者は注意するのが好き?『大人の発達障害ってそういうことだったのか』
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51884228.html

2.恐怖!イノシシに襲われましたの記
http://c-c-a.blog.jp/archives/51874063.html 

3.神戸は住みやすいのか住みにくいのか?よのなかカフェ「内から見た神戸、外から見た神戸」開催しました
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51833038.html

4.『行動承認』の本 まさかのタイトル決定。。
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51899158.html

5.調光器とLED騒動「工事」に行き着くまで
http://c-c-a.blog.jp/archives/51742296.html 
 

※このメールは、NPO法人企業内コーチ育成協会のスタッフ及び代表理事・正田が、過去にお名刺を交換させていただいた方・当協会のイベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

解除される場合は、下記の解除フォームから受信していただいたメールアドレス入力して下さい。
メールアドレスを入力していただいた後、解除専用の確認メールをお送りさせていただきますので
解除専用のURLをクリックして下さい。
いたずら防止のため解除の確認メールをお送りさせていただいておりますのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?mid=848



※このメールは転送歓迎です。
もしこのメールを新たに購読ご希望のかたがいらっしゃいましたら、
info@c-c-a.jp まで、「メールニュース希望と書いて
お申込みください。



ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様にとって素晴らしい1週間でありますよう。


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
100年後に誇れる人材育成をしよう。
特定非営利活動法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
代表理事 正田 佐与
----------------------------------------
Email:info@c-c-a.jp
TEL: 078-857-7055 FAX: 078-857-6875
Post:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中1-4-124-205

ツイッターアカウント: @sayoshoda

フェイスブックページ: http://www.facebook.com/sayo.shoda

ブログ「コーチ・正田の 愛するこの世界」
http://blog.livedoor.jp/officesherpa/

日本人の勇気と自信は、ここから生まれる
「第3回承認大賞」
http://shounintaishou.jp

「企業内コーチ育成のすすめ」
(株)帝国データバンク社『帝国ニュース兵庫県版』
2008年〜2012年 長期連載このほど完結
http://blog.livedoor.jp/officesherpa-column/

兵庫県中小企業団体中央会発行月刊「O!」連載コラム
「誌上コーチングセミナー」
http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50054961.html


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*