久しぶりに「柔道有段者Nさん」とお話する。

「最近のブログえらい怖いなあと思ってみてたんですけど、何があったんですか」

と心優しいNさんは言い、

 それに対して実はこうこうで、と「予定稿」の内容も含め事情をお伝えした。このために身体の生命力が吸い取られていたんです、とも。

「なるほど、『塩漬けにされる恐怖』ですね。分かります。それは離れたほうがいい」

とNさん。


****


 「原因は100%自分にある」という教えのもとで「塩漬け」という現象が起こりやすいことも、ちょっと考えればわかるのだ。

 「手柄は全部自分のもの。自分に帰すことのできない手柄は『ない』ことにしちゃっていい」

ということにつながるもの。
 
 怖い宗教だなあ。


****


 このブログでは以前、

『独裁力―ビジネスパーソンのための権力学入門』という本の読書日記を載せました。

http://c-c-a.blog.jp/archives/51887844.html

(すみません、先ほどリンクが切れていたので直しました)


 ヒットラーも良くないしプレゼン上手で真実味の薄い首相も良くないけれど、いっぽうでわたしの恩師・故中嶋嶺雄氏は大学の教授会の不毛さを東京外大学長時代に知りぬいたすえ、自ら設立した国際教養大学では学長のトップダウン体制を実現してしまった人でした。


 そして上記の記事にもあるように、「お客様のため」に「副作用斬り」という汚れ仕事を誰も理解してくれないのにやり続けたわたしも、手痛い失敗を散々経験したすえに「トップダウン志向」になっています。

 「賢人政治」というのもひょっとしたら大事なのではないかな、と思ったりしますが票のとりにくい考え方ですね。


****


小包

マーマレードタルトから食べている
おいしい
無駄な金使うな
返事はいらん




100年後に誇れる人材育成をしよう。
NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp