きょうは52歳の誕生日。
 先日来、52歳52歳と自称していましたが、誕生日の少し前から自称してしまう癖があるのです。まあこの歳になると変わらないですよね。
 
 親しい友人(女性)からいただいたメールをご紹介します。聡明な、やさしい言葉遣いの方です。

****

正田さま

お誕生日おめでとうございます!
これからもたくさんのしあわせが
正田さまのもとにやってきますように・・・!
゜ヽ(*´∀`)ノ゜♪


その後、お元気でいらっしゃいますか。
財団解散の手続き、大変でいらしただろうと思います。
(略)
本当にお疲れ様でした。

ブログ、毎日拝見させていただいております。
とても濃密で今の私の心にずんと響く大切な内容を、
いつもありがとうございます。

私の職場では、以前お話ししておりました
担当の長時間残業のトンネルは、やっと抜けることができました。
まだまだ新しい仕組みは頼りないところも多く気を抜くことはできませんが、
一番過酷な時期を彼らは乗り越えてくれました。

ともすればじっと見守るしかできない私が、
せめて、と心掛けていたのが、「行動承認」でした。
彼らの頑張りを、きちんと見て、認めて、
それをできるだけ周りにも伝える、
ひたすらそれだけを心掛けてきました。

その結果、ひとりも倒れたりすることなく、投げ出すことなく、
モチベーションを保って、なんとかここまでくることができました。
これからもしっかりひとりひとりをみつめていきたいと思います。

本当にありがとうございました。
ご多忙のことと思いますが、お体には十分お気をつけて。

今日が素敵なお誕生日でありますように。

****

 彼女の職場では、1万人余の組織はじまって以来のシステムを導入し、彼女はそのシステムを司る職場の発足直後から長の立場でした。

 若手担当者の長時間労働、それはWLBにうるさい昨今ではいささか「長」の決断力の要ることでした。その状態がもう2年以上にわたって続いていました。数か月に一度、そんな職場の様子を伺うことができました。

 
 よくこのブログでは「10何年1位マネジャー輩出」というような言い方をしますが、そういうのではない、長期にわたる地道なプロジェクトを1人も欠けず、倒れず完遂する、一番過酷な時期を乗り越える、という達成もあるのです。
 
 責任感の高い細身の彼女の頬に苦悩の色はあるのか?会うたび、毎回わたしにはよくわかりませんでした。ともかく時間のかかることを前提に耐えているようにみえました。

 その中に日々、ひっそりと「行動承認」があったことを、あらためて報告いただくと小さな感動をおぼえるのでした。


正田佐与