お世話になっている皆様


 おはようございます。
 正田です。
「自然は我々の必要としているすべての答えを持っている」
 今年のノーベル医学・生理学賞受賞者、大村智さんの受賞記念講演での言葉です。田んぼの土を採取し、分析し…、他の研究者がやらないようなどろくさい研究を続けてきた大村さんならではの、含蓄のある言葉ですね。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方・イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。ご不要の方は、メール末尾にありますURLより解除ください。
(解除方法が変わりました!詳細はメール末尾をご覧ください)


 本日の話題は:

■史上初、205いいね!14のシェアをいただきました
 ―「褒めない・叱らない」「反抗期はない」
 “妄想宗教”から子供たちを守ろう!アドラー心理学批判

■読書日記:再掲「承認欲求バッシングはこんなに変!」

■メンタルヘルス対策―マネジャーはカウンセラーであるべきか?
 ―「月刊人事マネジメント」連載記事を更新しました
 
------------------------------------------------------------

■史上最高、205いいね!14のシェアをいただきました
 ―「褒めない・叱らない」「反抗期はない」
“妄想宗教”から子供たちを守ろう!アドラー心理学批判

 先週12月3日はわたくし正田の52歳の誕生日でした。
 「知命」から2歳も歳をとっていまだにこんなことをやっていてお恥ずかしいのですが…、
 その前日に書いたブログ記事が、誕生日の間にフェイスブックで14名の方に「シェア」していただきました。その中には現役の学校の先生も4名いらっしゃいました。そして記事に「いいね!」を押してくださった方は205名となりました。もちろんわたしのブログ記事としては過去最高。長文記事の多いブログの中でもかなり長文のほうの記事ですから、大手メディアではない個人のブログとしてもかなり異例の数字でしょう。
 それは、今流行りの「アドラー心理学」の講演に関する批判記事でした。
 もしご興味のある方は、こちらをご覧ください:

◆褒めない・叱らないは正しくない!「逆張りロジック」に正しく反論する知性を磨こう―『嫌われる勇気』著者講演会
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51927076.html

 メルマガ読者の皆様も、もしこの内容をご覧になり、賛同していただける方は、フェイスブックのユーザーの方なら「いいね!」ボタン、そうでない方は「拍手」ボタンを押して、賛同の意を表してくださいね。

 本記事に賛同していただいた、佐賀県の研修業・宮崎照行さんからは、こんなご意見をいただきました:

◆「自己認識には事実のフィードバックが大事」「思考的盲目が心配」―宮崎照行さんのメッセージ
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51927143.html

 わたしも、宮崎さんにまったく同意見です。
 そして、本メルマガの読者の方の中には出版界や新聞などマスコミ関係の方もいらっしゃいますが、売れるからといってこうした「有害」な手法をチヤホヤもてはやすことには、猛省を促したいと思います。言論の自由とはいえ、お客様(読者)の心身の健康を害するようなものを売ることが職業人として正しいわけではありません。

 なお最初の記事「褒めない・叱らないは…」が、あまりにも長文なので、内容をギュッとコンパクトに縮めた「短縮バージョン」の記事がこちらです。お忙しい方や、ちょっと「笑い」が欲しい方にどうぞ:

◆増殖中!インフルエンザより怖い「妄想症・ナルシ症」リスク対策は
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51927207.html 

------------------------------------------------------------

■読書日記:再掲「承認欲求バッシングはこんなに変!」

 上の記事との関連で、「承認欲求バッシング」というものがいかに「変」か、ということを考察しました。
 アドラー心理学の昨年60万部のベストセラー『嫌われる勇気』では、「承認欲求」というものを否定し、罪悪視するようなフレーズが出てきますが、なぜ、わたしたち人間のきわめて基本的な欲求である承認欲求をそこまで敵視するのか。
 わが国特有の現象のようなのですが、この奇妙な系譜をつくったとみられる代表的な文献がいくつかあります。犯罪心理学者・土井隆義氏、社会学者・古市憲寿氏などは、それぞれの「出世作」の中で、「承認欲求叩き」を行っています。いわば、これらの人々が「のしあがる」「認められる」ために便利だったのです。
 それらの文献を取り上げた読書日記が、こちらです:

◆奇妙で不快な論理構築:承認欲求バッシングはこんなに変!―『友だち地獄』『希望難民ご一行様』
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51927340.html 

------------------------------------------------------------

■メンタルヘルス対策―マネジャーはカウンセラーであるべきか?
 ―「月刊人事マネジメント」連載記事を更新しました

 今年、全7回の連載をさせていただいている「月刊人事マネジメント」の「上司必携・『行動承認マネジメント読本』」。
 第5回は、「メンタルヘルス」に関する記事です。ストレスチェック義務化が始まり、本格的にメンタルヘルス対策をとるにはどうしたらいいか?
 こころの病気に「ならない」ことがまず肝心です。セルフケア、ラインケアとある中で、「未病段階」のラインケアとして有効な方法があります:

◆第五章「踏み込みすぎない」メンタルヘルス対策―月刊人事マネジメント11月号
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51927183.html 

------------------------------------------------------------

★今号のメルマガは、いつになく(?)厳しい批判記事を掲載しましたので、びっくりされた方も多いかと思います。
 でもフランクフルト学派の例をひくまでもなく、「承認」は「批判」とリンクしていなければなりません。心理学と哲学の大きな違いはそこですね。

★そんなで先週来殺伐としたわたしのブログでしたが、ある友人で読者の方からのメールをご紹介した記事が、これも多くの方のご支持をいただきました。現役の働く人にとっては、実感のこもった記事だったのではないかと思います:

◆「一番過酷な日々」の中にひっそりと、「行動承認」―友人からのメールより
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51927128.html 
★師走、読者の皆様も体調を崩されませんように。

※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方・当協会のイベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

解除される場合は、下記の解除フォームから受信していただいたメールアドレス入力して下さい。
メールアドレスを入力していただいた後、解除専用の確認メールをお送りさせていただきますので解除専用のURLをクリックして下さい。
いたずら防止のため解除の確認メールをお送りさせていただいておりますのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?mid=848


※このメールの過去アーカイブはこちらです
http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html 


※このメールは転送歓迎です。
もしこのメールを新たに購読ご希望のかたがいらっしゃいましたら、
info@c-c-a.jp まで、「メールニュース希望と書いて
お申込みください。


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
100年後に誇れる教育事業をしよう。
正田 佐与
----------------------------------------
Email:info@c-c-a.jp
TEL: 078-857-7055 FAX: 078-857-6875
Post:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中1-4-124-205

ツイッターアカウント: @sayoshoda

フェイスブックページ: http://www.facebook.com/sayo.shoda

ブログ「コーチ・正田の 愛するこの世界」
http://c-c-a.blog.jp/

近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4434198572 


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*