お世話になっている皆様

 おはようございます。正田佐与です。
 急な寒波の襲来となりました。今日はきっと皆様もしっかり防寒対策をされて出勤されたことと思います。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方・イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。ご不要の方は、メール末尾にありますURLより解除ください。
(解除方法が変わりました!詳細はメール末尾をご覧ください)


 本日の話題は:

■「子供さんは大いにほめてください。そして叱ってください」
 ―「ほめる、叱る」をめぐる詭弁と混乱の時代に思う―

■あなたは知っていますか?ベストセラー『「学力」の経済学』が提起する“恐ろしい未来”

■現代の若者にとっての「最後のセーフティーネット」とは。
 ―ベーカリーチェーン・リヨンセレブ牧様を再訪しました―

■読書日記『資本主義から市民主義へ』
 ―学者さんの職業倫理に思う―
 
------------------------------------------------------------

■「子供さんは大いにほめてください。そして叱ってください」
 ―「ほめる、叱る」をめぐる詭弁と混乱の時代に思う―


 読者の皆様、ご自身のお子様にご家庭でどんなふうに接していらっしゃいますか。
 前回のメルマガでも、『ほめると子どもはダメになる』という本の“詭弁”について、取り上げさせていただきました。
 前回のメルマガ記事をご参照されるならこちら
◆「数字と論理に強い」あなたに贈ります。頭の体操3題
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51932957.html 

 そして一方、「叱ってはいけない、ほめてはいけない」を教義とする「アドラー心理学」という、“思想”がこのところ大流行です。
 わたくし正田は一昨日和歌山まで、アドラー心理学のセミナーを聴きに行ってまいりました。
 そこで、たまりかねてあるイレギュラーな行動をとってしまいました。
 以前からわたくしを知っていてくださる方なら、きっとその延長線上でお許しいただけるでしょう。
 このメルマガを読まれている方々にも、わたしからありったけの愛と誠意をこめて、お伝えします。
「子供さんは大いにほめてください。そして叱ってください」
 当日起こったことの全体像はこちらです

◆「子どもさんは大いにほめてください。そして叱ってください」―正田、アドラー心理学セミナーで吠えるの記
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51933511.html 

 このメルマガでは昨年以来、「承認欲求」をバッシングするおかしな言説を批判してきました。「ほめる」批判、「承認欲求」批判、いずれも誤りです。そして、教育やご家庭、ひいてはマネジメントの世界までを一気に不幸にしてしまいます。とりわけ、こうした話題の被害者になるのは、子供さん、若手部下、女性の働き手など、「社会的弱者」の人たちです。
 そういうことを売るための「ネタ」「つかみ」に使う出版界の悪しき風潮を真剣に憂えます。どんな業界でも、社会に害毒をまきちらすことは許されることではありません。出版界は真摯に自粛を考えていただきますように。
 「承認欲求バッシングを批判する」シリーズ記事はこちらです
http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50056406.html 

------------------------------------------------------------
■あなたは知っていますか?ベストセラー『「学力」の経済学』が提起する“恐ろしい未来”

 さて、昨年のベストセラー『「学力」の経済学』(中室牧子、ディスカヴァー・トゥエンティワン)。
 読めば読むほど、何故この本がこれほど多くの読者に支持されたのかわからなくなってきます。著者の「慶応大学准教授」「コロンビア大学博士号」という肩書にダマされた人が多かったのではないでしょうか。内容をよく読んでいなかったのではないでしょうか。
 前回のメルマガでもこの本に対するシリーズの批判記事をご紹介しましたが、その後さらに、この本の第4章・5章の教育界・文科省に向けた「提言部分」とみられる部分を読解し、これに基づいた「批判記事」をブログに掲載しました。現在、Googleで「学力の経済学 批判」と入力すると、これらの記事がトップページに来るようになっています。(Googleは一応記事を「審査」しており、内容の信憑性、情報量の豊富さなどに照らして検索順を決めているそうです)
 もしお時間が許す方は、どうかご覧ください。そしてあなたの身近にいる、『「学力」の経済学』に影響されている人に教えてあげてください:

◆本当は恐ろしい、『「学力」の経済学』がもたらす未来(1)ー”中室提言”をよく読むと―シリーズ『「学力」の経済学』批判
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51933016.html 

◆本当は恐ろしい、『「学力」の経済学』のもたらす未来(2)―正田回答編:先生方は「経済人」ではない!―シリーズ『「学力」の経済学』批判
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51933034.html 
 ↑
 お時間がない方は2番目の記事だけ読んでいただいても大丈夫です

------------------------------------------------------------
■現代の若者にとっての「最後のセーフティーネット」とは。
 ―ベーカリーチェーン・リヨンセレブ牧様を再訪しました―

「現場から学ぶ」
 大事なことですね。
 きっと、読者の皆様も現場訪問は欠かさずおやりになっていることと思います。
 わたくし正田も、久しぶりにお客様の「現場」をお訪ねさせていただきました。そして受講生の店長さん方から学ばせていただきました。
 フェイスブックのお友達の皆様(現役社会人が多いです)からも沢山の賞賛と「シェア」をいただいた記事をご紹介します。「今どきの若い人」との関係に頭を悩ませている、多くの管理職の皆様にはきっと共感していただけることと思います。

◆若い人と格闘する仕事の現場―牧・リヨンセレブ再訪記
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51933228.html 

------------------------------------------------------------
■読書日記『資本主義から市民主義へ』
 ―学者さんの職業倫理に思う―

 これも、フェイスブックのお友達から大変「好感」していただきました。
 経済学者・岩井克人氏(東京大学名誉教授、国際基督教大学客員教授)の対談本『資本主義から市民主義へ』(ちくま学芸文庫、2014年4月)。
 昨年、『経済学の宇宙』がエコノミストが選ぶビジネス書1位に選ばれた同氏。こちらの本は経済学の巨人たちが登場する、岩井氏の自叙伝でもあり生きた経済学史でもあり、というスケールの大きな本でしたが、経済学のわかっていないわたくしには到底レビューなどできません。代わりに、辛うじてわたしにわかる表題の本を取り上げさせていただきました。
 もしお時間があれば、ご覧ください:

◆大きな知性に触れる楽しみ、「経済学」と「倫理」の関係を考える―『資本主義から市民主義へ』をよむ
 http://c-c-a.blog.jp/archives/51933360.html 

 なお、この記事の末尾部分でも触れましたが、このところ相次ぐ「学者の肩書をもった人がエビデンスを使いながら一般人を惑わすような間違ったことを言う」という現象に思いをいたします。
 岩井氏の著作からは、同氏の学者としての職業倫理が素直に心に沁みるように伝わってきます。有難いことにアカデミズムの中には他にも、そうしたものを感じさせる知己の方がいらっしゃいます。
 わたしの友人の1人は最近、
「学者やオピニオンリーダーについて『この人の言っていることはおかしいのではないか』と気づくようになった。正田さんの周りにいる学者さんは、正しいのだと思える」
と、言ってくれました。

------------------------------------------------------------

★次号から、本メルマガはデザインを一新させていただく予定です。どうぞお楽しみに!

※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方・イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

解除される場合は、下記の解除フォームから受信していただいたメールアドレス入力して下さい。
メールアドレスを入力していただいた後、解除専用の確認メールをお送りさせていただきますので解除専用のURLをクリックして下さい。
http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?mid=1044 

いたずら防止のため解除の確認メールをお送りさせていただいておりますのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。


※このメールの過去アーカイブはこちらです
http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html 


※このメールは転送歓迎です。
もしこのメールを新たに購読ご希望のかたがいらっしゃいましたら、
info@c-c-a.jp まで、「メールニュース希望と書いて
お申込みください。


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
100年後に誇れる教育事業をしよう。
正田 佐与(正田佐与承認マネジメント事務所)
----------------------------------------
Email:info@c-c-a.jp
TEL: 078-857-7055 FAX: 078-857-6875
Post:〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中1-4-124-205

ツイッターアカウント: @sayoshoda

フェイスブックページ: http://www.facebook.com/sayo.shoda

ブログ「正田佐与の 愛するこの世界」
http://c-c-a.blog.jp/

近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4434198572 


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*