あの日


 今日は「国際女性デー」。
 『あの日』(小保方晴子、講談社、2016年1月)読書日記 第8弾です。

 今回は、社会学者千田有紀氏による、Yahoo!ニュース記事
「小保方晴子さんの『罠』 私たちはなぜ彼女に魅了されるのか」(2016年3月4日)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/sendayuki/20160304-00055024/ 

 この記事にかこつけて、いわば「本歌取り」をして、「小保方さんに惹きつけられる仕事の世界の人々」の心理をさぐってみたいと思います。

今回の骨子です:

●「キラキラ女子」が成り上がる「朝ドラ世界」とIT企業
● 現実化してきたヒロインたちの転落と不信、『嫌われる勇気』
● 女性版「ヒラメ型」は男性よりきつい?


 それではまいりたいと思います―

●「キラキラ女子」が成り上がる「朝ドラ世界」とIT企業


「小保方さんは、会社で働いたことのある若い女性の仕事上でぶつかる困難を投影するアイコンになったのである。そして仕事で成果をあげたようにみえても、失敗したときには一転して、ひとり批判されるのではないかという成功不安を投影する対象でもある。」(上記記事より)

 なるほど〜。
 『あの日』26万部、それを支えているのは20−30代女性なのですと。あと「自分の娘や孫がいじめられている気がする」というおとしより世代なのですと。

 あるTVでの解説によれば、『あの日』の前半は、「朝ドラヒロイン」そのままなのだそうです。良い先生に出会って、温かい言葉をかけてもらって、ちょっとドジな晴子ちゃんがチャンスを貰って次のステージに行く、と。ヒロインの目線でぐんぐん進み、プレゼンするたびに扉が向こうから開いていきます。
 
 また、後半では小保方さんの「論文の瑕疵」が明るみに出、叩かれ、内臓も破れる思いを何度もし(第5回の記事参照)、繰り返し泣く場面が出てきますが、それでも
「私は誰かを騙そうとして図表を作成したわけでは決してありません。一片の邪心もありませんでした」
と、心の正しさを語ります。それは、
「朝ドラヒロインの私が悪いわけがない!」
というメンタリティなのだそうです。
 
 これもまたなるほど〜〜。
 読者の皆様、いかがですか?

 わたしは小保方晴子さんというと、あまりこれまで結び付けられませんが、ここ数年ネットで流行っている言葉、「キラキラ女子」というのを思い浮かべます。

「容姿端麗でセンスもよく、明るくて性格もいい。もちろん頭もよく、仕事だってバリバリ」
「仕事だけでなく、おしゃれもプライベートも全方位で手を抜かない」
「ファッションもメイクも恋愛も仕事も楽しんでる」

 そういう、キレイで仕事もできる欲張りな若い女性のことを指します。

 IT企業のサイバー・エージェント(CA)が、「キラキラ女子」を採用し、業績躍進の原動力としたのは有名。
「僕、よく『顔採用』してるといわれるんですけれど、それは正直いって違うんです。美女を集めて業績悪かったら、僕はアホじゃないですか。ただ、社内の女性を見ると、すごくキラキラしている雰囲気はある。実際、女性としても輝いていて、かつ仕事も活躍しているし、頑張っている。できる女性が多い。みんな、公私が充実しているのは確かですね」
(CA社の藤田晋社長、2013年2月23日日経新聞)



●現実化してきたヒロインたちの転落と不信、『嫌われる勇気』との共通点


 しかし、そういう「キラキラ女子」はまた、「いつ切られるかわからない」不安も抱えています。
 以下は、今年1月26日「ダイヤモンド・オンライン」に載った、「キラキラ女子残酷物語」―。


*********************************************

――女性社員を「キラキラ女子」にすることは、採用戦略で大切ですか?

A氏 もちろんです。フェイスブックなどで、人事や広報の社員が自社の「キラキラ女子」をシェアしまくっていますね。ビジネスサイトなどで取材を受けると、一気に数千人にシェアして、「いいね!」と称え合う。20代後半までの女性社員も、「先輩、素敵です!」って……(笑)。
 あれは会社のPR戦略であり、採用戦略です。女性社員をいかにキラキラにするか。それが上手くいけば、男子学生のエントリーが確実に増えます。2000年前後から業績が上昇しているベンチャーのB社などは、そのあたりは実によくできていて、新卒採用の姿としてはもう、「上がり(ゴール)」です。社長が私生活を含め、目立つ人でしたからね。
(中略)
――先ほどのお話にも出ましたが、そうした「キラキラ女子」「体育会系女子」は、リストラ要員にされやすいのでしょうか。
A氏 会社からすると、辞めさせやすい存在です。「キラキラ女子」「体育会系女子」の多くが社内恋愛の末、結婚した相手の男性が今の会社に勤務しています。30代後半〜40代の女性でまとめ役の存在の社員が、こう言うわけです。当然、社長(グループCEO)の意向を踏まえ、発言をしています。
「うちの会社の経営状態は、芳しくない。人員を減らすことになるけど、あなたたちのご主人の雇用は(会社が)きちんと守るから……」
 暗に辞表を出すことを求めるのです。「キラキラ女子」「体育会系女子」のほとんどが、抵抗することなく辞めていくのです。ベンチャーのリストラでは、女性社員のまとめ役が社長の意向を受けて、退職勧奨の最前線に立ちます。女性社員との1対1の話し合いなどで、追い詰めます。ヒステリーには叱らない。クールに、ねちねちと接していきます。そのときはもう、目の前にいる「キラキラ女子」「体育会系女子」は部下ではないから……。追い詰められ、気を失った女性もいました。

(「一流企業のマネジャーが明かす、学歴重視の新卒採用をやめられない理由」ダイヤモンド・オンライン2016年1月26日)

*********************************************

 いかがでしょうか。
 花のいのちは短くて。わたしはここ数年持ち上げられていた「キラキラ女子」について、今年になって出たこの記事にちょっと暗澹となりました。

 そう、キレイだ、可愛い、とちやほやされる時期は短いのです。
 実は女性活躍推進などと言っても、女性を異性として消費するだけの存在とみている「男性目線」は全然変わっていない。どんなに美しく生まれついても短い賞味期限で消費される、労働力としてはひたすら不安定な存在です。

 今月7日付日本経済新聞には、「マタハラ隠し」の字が躍りました。
「妊娠などを職場に報告した女性が『能力不足』を理由に解雇される事例が目立つ。『妊娠したなら辞めて』という従来のパターンとは違い、妊娠に触れないのが最近の特徴という。」
 妊娠したら理由もはっきりせず切られる。女性の人生に対して企業社会はどこまでも理不尽です。


 そのように、女性たちにとってチヤホヤされ持ち上げられる時代から一転、会社というところは牙をむきます。上司たちは手のひらを返します。

 小保方晴子さんの手記『あの日』の後半は、牙をむき手のひら返す会社と男性上司たちの仕打ちを、ホラー小説ばりに描き出します。
 それは現役でお勤めする「キラキラ女子」たちにとってリアリティのある恐怖かもしれません。


 そういう風に、企業社会の中で不安定な若者〜中堅の心を掴んだ本としては、2年前に流行った『嫌われる勇気』もそうでした。
 他人からの評価に左右される必要はない、他人の期待に応える必要はない。理不尽な企業社会と上司たちに対して「精神的マッチョ」になって心を硬くしてやり過ごせ。そういう教えでした。
 『嫌われる勇気』が出た2014年は、研修でお出会いする30代若手リーダーたちと奇妙に話がかみ合わず、困った年でもありました。この世代の人にとって『嫌われる勇気』はバイブルのようなもので、下手をしたら、同じ会社の上司など彼らにとって嘲笑の対象だった可能性があります。

 若者を使い捨てにし、上司たちが自己保身に走る企業社会の閉塞感を背景に若者の心を取り込んだ『嫌われる勇気』が、そこへ取り込まれた若者たちの心をますます頑ななものにした、そういう現象をみました。



●女性版「ヒラメ型」は男性よりきつい?


 わたしは数年前に仕事でお会いしたある「キラキラ女子」のことを思い出していました。

 ある中堅食品メーカーの総務部の女性でした。31歳独身。ほっそりして、可愛くてファッショナブル。オープンセミナーの中に入って華やいだ空気を持ち込みました。だれかが言った言葉には間髪入れず合いの手を入れる、それも内容のきちんとかみ合った合いの手を入れる、その当意即妙の受け答えはお見事でした。


「仕事、楽しくてしょうがないんです。休日出勤もしょっちゅうです」
 彼女は目をキラキラさせて語りました。
 きっとこんな女の部下と一緒に仕事をしたら上司たちも会社に向かう足取りも軽くなるだろう。


「彼女は社長や役員からも一目置かれているんですよ」
 上司の次長は相好を崩しました。

 採用シーズンになると華のある彼女は企業説明会で引っ張りだこ。女性の少ない会社の中の「出世頭」である彼女、華やかな容姿と才気煥発な人柄で、「広告塔」として男女大学生を惹きつけます。

 セミナーの前に実施した360度調査では―、 
 彼女の上司は、惜しみなく彼女に承認を与えていることがわかります。彼女自身もモチベーション高く仕事をしていることがわかります。

 ところが。
彼女の1人だけいる女性部下は、上司である彼女に厳しい評価をつけました。「承認」を一切貰っていないようでした。モチベーションも惨憺たるものでした。どの項目も恐るべき低い数字でした。

 何が起こっていたのだろう。

 もうひとつ、「承認研修」では、研修後にかならず「承認の宿題」をやっていただきます。
 彼女から返ってきた宿題は、どうだったか。

 そこでは、彼女から行った「承認」は教科書通り完璧なものでした。それに対して部下の反応は。「研修で習ってきたのですか」と苦笑した、とのことでした。

 過去の経験では、こういう反応は、それまでの文脈とあまりにかけ離れた行動を上司がとった時に起こります。つまり、それまでは「承認」らしいことはまったく行っていなかった。むしろ真逆の行動をとっていた。
 ・・・と考えると、先ほどの360度調査の結果と符合します。


 あくまでわたしの想像ですが、ひょっとしたら、上司に可愛がられるために全神経を使っている人は、部下に対して気が回らなくなり、説明不足や、そのために起こる行き違いに対する理不尽な叱責を起こしているかもしれません。
 いわば、「ヒラメ型上司」の女性版です。それも自分の賞味期限が下手をするとすごく短いのかもしれない、上司が手のひらを返したとき守ってくれるものが誰もいないかもしれない、という恐怖感があればあるほど、上司のほうにだけ全神経を集中してしまうかもしれないですね。男性より「キラキラ女子型女性管理職」のほうが、ヒラメ型いわば二面性がきつく出るかもしれないですね。


 残念ながらこの会社とはその後ご縁がありませんでしたが、「彼女」が会社の大理石のフロアを歩くときの踊るような足取りと「どう?美しいでしょう。私、この会社のエントランスが大好きなんです」と手を広げたゼスチャー、それに襟ぐりの大きく開いたオレンジ色のフィット&フレアのワンピース姿が印象に残っています。
 今は、30代半ばになっているはず。あの彼女はどうしているやら。


 まとめです。

 
 今まさに「朝ドラヒロイン」として世界をつきすすむ、若く美しき女子たちには、このブログの言葉は耳に入らないかもしれません。彼女らにとって世界は扉を開けてくれるもの。そして教授や上司といった、自分にチャンスを与えてくれる”準主役級”のターゲットの人たちにに全神経を注ぎ、それ以外の人はサブキャラとしておざなりに扱うことが、あまりにも自然なのかもしれません。
 
 それでも、彼女たちに言いたい。
 この本はあなたがたが自分を投影する価値はないよ、と。

 小保方晴子さんはしてはならない研究不正をした。このことは今、Amazonレビューとコメント欄の中で過去の理研調査委員会の結論にもなかった新しい観点が生まれつつありますが、そこでも小保方さんの役割ははっきりしています。単純ミスでは済まされない、研究者としてしてはならないことをしたのです。自分のしたことの大きさのために処分されたのです。

 そこは、朝ドラには絶対「ない」展開ですが、この場合はそうなのです。

 そしてわたしが企業社会に望むことは、

 一部のお顔やお色気で成り上がろうとする野心高き女子たちは置いておいて、そうでない大多数の真摯な働き女子たちには、普通に働き手としての扱いをしてあげてください。

 可愛らしい異性としてチヤホヤすることも正しくないし、ちょっと歳をとったから、妊娠したからと切り捨てることも正しくありません。人としてしっかり見て、戦力として能力や実績で評価するとともに妊娠出産に関わらず、働く権利を保障してあげてください。
 わたしが関わらせていただく先ではそうなりますように。
 親御さんたちが心を込めて育てた大事なお嬢さん方が、お色気などに頼ることなく、しっかりと誇りをもってその人生を生きられますように。


 

これまでの記事:
●社会人のための「小保方手記」解読講座(1)―印象的な”ツカミ”のエピソードはこう読め!Vol.1
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935543.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(2)―印象的な”ツカミ”のエピソードはこう読め!Vol.2
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935599.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(3)―1位マネジャー製造講師・正田が読む・晴子さんのプロファイリングはVol.1
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935610.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(4)―正田が読む・晴子さんのプロファイリングVol.2 小保方さんの生育環境は
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935705.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(5)―プロファイリングVol.3 多彩な感情表現は人を被害者的にする!心理学セミナー、カウンセリングの副作用のお話
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935878.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(6)―「私の会社でも」読者からのお便り
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936058.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(7)―“惑わされる”理系男子:女性必見!もしもあなたの彼が「隠れ小保方ファン」だったら
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936162.html
 
●社会人のための「小保方手記」解読講座(8)―「キラキラ女子」の栄光と転落、「朝ドラヒロイン」が裁かれる日
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936340.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(9)―「STAP細胞はあります!」は本当か?Amazonレビュアーが読み解くプロジェクトの破綻
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936570.html

●社会人のための『小保方手記』解読講座(10 )―再度「STAP細胞はありません」―「ウソ」と真実・ネット世界と現実世界のギャップ、社会人の分断リスク
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936986.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(11)― 騙されないためのケーススタディー:小保方晴子さんが使った「ヒューリスティック(自動思考・錯覚)」の罠
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937126.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(12)情けないぞおじさんたち!!「ええかっこしい上司」「放置プレイ上司」そして「欲得・不正系上司」(前編)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937436.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(13)情けないぞおじさんたち!!「ええかっこしい上司」「放置プレイ上司」そして「欲得・不正系上司」(後編)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937542.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(14)(最終) まとめ:あなたの会社から「モンスター」を出さないために―女性活躍、発達凸凹対応、そして改めて「行動承認」
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937655.html


●エイプリルフール特別企画・シリーズ番外編:社会人のための「小保方情報」解読講座
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937719.html