━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・・・……<<<エウダイモニア通信>>>……・・・
発行日 2016.3.9                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※「エウダイモニア」は「幸福」、また「栄える」という意味のギリシア語
です。
 「業績1位」の山を築いてきた承認マネジメントの研修講師・正田佐与が、
 経済的繁栄を含めたわたしたちの「幸せ」についてご一緒に考えるメルマガ
です。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、イベントや
セミナーに  ご来場いただいた方にお送りしています。
ご不要の方は、お手数ですがメール末尾にありますURLより解除ください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃本日の話題 ☆☆☆☆☆
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 キラキラ女子、理系男子・・「あの本」はこう読まれている
   〜「社会人のための『小保方手記』解読講座 読者編に突入!

【2】「頷く職員を何人もみることができました」
   〜受講生様からのお便り


【2】 連載「ユリーの星に願いを」第2回「KPIは何ですか?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1】  キラキラ女子、理系男子・・「あの本」はこう読まれている
〜「社会人のための『小保方手記』解読講座 読者編に突入!


 引き続き「社会人 小保方」のキーワードでトップ1〜3位を独走中の
大好評シリーズです。
 1月末に発売されたばかり、トーハン調べ2月期月間ベストセラー3位とな
った、小保方晴子さんの手記『あの日』(講談社、2016年1月)。
 今週は、読者の方々のお話などをもとに、社会現象としての「小保方現象」
を読み解きます。
 身近な「あるある」「いるいる」とうなずく、「疑似小保方さん」。そして
それに翻弄される人たち。
 あなたのお心当たりの人は、この中にいませんか?

●社会人のための「小保方手記」解読講座(6)―「私の会社でも」読者からの
お便り
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936058.html 「男性版・小保方さん」
のために会社が上を下への大騒ぎ。たった1人の人格
のために信じられないほどの損失を負います。

●社会人のための「小保方手記」解読講座(7)―“惑わされる”理系男子:女性
必見!もしもあなたの彼が「隠れ小保方ファン」だったら
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936162.html  これもよくある話題。仕事のできる、「理系」「論理的」を自認する男性が、
意外な罠に躓きます。それは・・・、あなたの周りの「論理的男子」に
是非読ませてあげてください!!

●社会人のための「小保方手記」解読講座(8)―「キラキラ女子」の栄光と
転落、「朝ドラヒロイン」が裁かれる日
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936340.html  実は「ミニ小保方さん」を量産し続けている日本の会社。現役の彼女たちは
 栄光の陰で強い不安にかられ続けます。26万部になった『あの日』を支える
 美女たちの心理を探ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2】「頷く職員を何人もみることができました」
   〜受講生様からのお便り

 先月行われた、地域のケアハウス施設長さんの研修に参加された、「I・Y」
さんから、嬉しいメールをいただきました。
 I・Yさんは、研修後に施設内でご自身の承認実践を発表されたとのこと。
 福祉施設に「承認」、研修をするたびに祈るような気持ちでお伝えしていま
す。
 研修というものの悲しさ、すべての方が実践者となっていただけるわけでは
ありません。でもI・Yさんはしっかり響いてくださったようです。
 ご了承をいただいて、その嬉しいお便りをご紹介いたします:

***********************************

正田佐与様

早々に宿題に対して、コメントを頂き有難うございます。
承認を実践することで、対人(職員)との「踏み込み方」で悩む事も減るよう
な気がします。

この間、全体会議で、承認マネジメントの研修発表を行いました。
研修内容を言うより、私の承認実践を発表させていただきました。

話している中で、頷く職員を何人か見る事が出来ました。
会議終了後、一人の職員より「良い発表でした。自分も難しいけど参考にした
いと思います。」との感想もいただきました。
言ってくれたことに対して感謝の言葉を述べました。

「エウダイモニア通信」を送信して頂き、有難うございます。
自分の生き方の参考にさせて頂きます。

正田様との御縁を大切にしたいと思います。
今後も宜しくお願い致します。


兵庫県 S園
ケアハウス施設長 I・Y

PS.ソーシャルスタイルですが、私は「F」タイプです。
  でも「笑顔」もソーシャルスタイルにしていきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【3】連載・「ユリーの星に願いを」第4回「福の神と貧乏神」
By ユリー
 ユリーのプロフィール:40代女性。インターネットベンチャーの創業、マー
ケティングやプランニング、プロジェクトマネジャー、コンサルティング、研
修講師などを行う。現在の仕事は起業家支援、新規事業開発や商品プロデュー
スなど。
***********************************

「福の神と貧乏神」

こんにちは、ユリーです。

先日、牛天神(※)にお参りしました。境内の紅梅もちょうど見頃。受験シー
ズン真っ最中で、合格祈願の絵馬もたくさんかかっておりました。
ところで、その日の私の目当ては天神様そのものではなく、同じ境内に祀られ
ている「黒闇天」でした。名前からして悪印象ですが、wikipediaの説明を見
ると“黒闇天はつねに姉の吉祥天と行動を共にするが、彼女の容姿は醜悪で性
格は姉と正反対で、災いや不幸をもたらす神と、設定されている。『涅槃経』
12には「姉を功徳天(=吉祥天)と云い人に福を授け、妹を黒闇女と云い人に
禍を授く。此二人、常に同行して離れず」とある。”でした。

この説明を読み、私はある知人のことを思い出しました。

 職場にどうしても反りの合わない上司がおり、上司の欠点短所ばかり気にな
り、信頼関係を築くことができず、トラブルが頻発し深刻に思い詰めていた管
理職の知人(40代前半女性)がいました。部下や取引先のことを思うと簡単
に辞めるわけにもいかず、彼女は悩みました。

 そのとき、彼女は上司の長所に目を向け、欠点には目をつぶり上司の美点だ
けを見て過ごすと決めました。

 知人がそうした途端、上司とのトラブルが劇的に減り、上関係が改善したと
いうのです。もちろん、総ての問題が解決できたわけではないけれども、仕事
は円滑に進むようになり、職場の雰囲気もよくなりました。結局、知人は今も
会社に残り優秀なマネージャーとして活躍しています。知人曰く、上司の長所
は、目をしっかり凝らさないと見えてこないくらい小さな長所だそうですが、
それでも上司の長所を認め焦点を合わせると、悪意的な言動は影を潜め「良い
上司」になるといいます。

 人には必ず優れた点や長所が1つや2つやある、1人の中に吉祥天と黒闇天
は常に同居する。知人の体験談にその教訓をみた思いがします。

 彼女の話を聞いて以来、私も反りが合わない、苦手と感じる人に対しては、
その人の良いところを見つけることを意識して、できるだけそれを言葉に出す
ようにしています。貧乏神だった牛天神の黒闇天は、ある言い伝えからいつの
間にか福の神として信仰を集めるようになったそうです。案外、自分が苦手と
思っている人、反りの合わない人が福を呼ぶのかもしれないなと、そんなこと
を思いました。

※ 牛天神 http://ushitenjin.jp

□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃今日の一筆箋  
□□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「福の神と貧乏神」いかがでしたか?
 欠点には目をつぶり、長所だけをみる。とても難しいことですけれど、
何かの拍子に、思い切って転換してみるとうまくいくことがありますね。
 わたし正田もよく忘れがちになります。
 

 先週号でちょっと恥ずかしい「間違い」をしてしまいました。
「…25万部売れたということは、日本人の400人に1人は読んでいるわけ。」
その前週に発表された2015年国勢調査結果では、日本の総人口は1億2,711
万人。「500人に1人」といわなければいけませんでした。
大変申し訳ありませんでした。お詫びをして訂正いたします。


┌─<<現役マネージャー必読!>>──────────────────>
│  近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
│  http://www.amazon.co.jp/gp/product/4434198572
└──────────────────────────────────>


1位マネジャー続出の承認研修講師 正田佐与の発信するメディア

┏┓
┗■ ツイッターアカウント >> @sayoshoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ フェイスブックページ >> http://www.facebook.com/sayo.shoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ ブログ「正田佐与の愛するこの世界」 >> http://c-c-a.blog.jp
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■メールニュースのバックナンバーもこちらからお読みいただけます。
>> http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html

■新規購読の申し込みは、「メールニュース」希望と書いて、配信希望先の
アドレスとともに
info@c-c-a.jp 宛にメールでお申込みください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

皆様の職場でも業績向上につながる「承認」を取り入れてみませんか?
 研修のご相談、原稿のご依頼、「人」の問題について個別のご相談は以下ま
でお気軽にご連絡ください。
 
 正田佐与承認マネジメント事務所
 Email info@c-c-a.jp TEL: 078-857-7055  FAX: 078-857-6875

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

このメールニュースは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、
イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

◎メールニュース解除方法
解除される場合は、下記の解除フォームに受信メールアドレスを入力してくだ
さい。ワンクリックで解除していただけます。

>> http://mag1.hyper-mail.jp/md/publish/quit.asp?act=1&mid=1044&mail=info@c-c-a.jp




◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

100年後に誇れる教育事業をしよう。

 発行者 正田佐与承認マネジメント事務所代表 正田 佐与

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
このメールは転送歓迎です。