あの日


 小保方晴子さんの手記『あの日』(講談社、2016年1月)の読書日記 第9弾です。

 今回は、また別の話題。

「人間的側面はいいから、STAP細胞って本当にあったの?そこが知りたいよ」
というお声も、主に男性諸氏からききました。

 そうした声にお応えして、今回は「STAP細胞はあったのか」そして「研究不正の全体像はなんだったのか」これをテーマにしたいと思います。そのなかで「誰がわるかったのか」の問題にも触れたいと思います。


1)「テラトーマができていない!」
2)マウス系統の謎:若山氏の”陰謀”を推理する!
3)仁さんレビュー(研究不正の全容の仮説とさらなる疑義)
4)STAP細胞とは、結局なんだったのか ⇒ 「多能性細胞」ではなく「自家蛍光細胞」

 それではまいりたいと思います―


1)「テラトーマができていない!」


 「ネイチャー」に掲載された2報のSTAP論文については、理研調査委員会の最終報告書「研究論文に関する調査報告書」(2014年12月25日)が公表されており、下記からみることができます。

>>http://www3.riken.jp/stap/j/c13document5.pdf  この報告書では結論で、
「本調査により、STAP 細胞が多能性を持つというこの論文の主な結論が否定され た問題である。その証拠となるべき STAP 幹細胞、FI 幹細胞、キメラ、テラトーマは、すべ て ES 細胞の混入に由来する、あるいはそれで説明できることが科学的な証拠で明らかにな った。」
と締めくくっています。すなわち、「すべてがES細胞混入によるものだった」いわば、「ES混入説」と呼べるものです。

 しかし、これでは今ひとつ説明しきれない部分があり、様々な陰謀論の種になってきました。「小保方さんはハメられた!」という方々は、例外なくこの理研報告書および「ES混入説」を根拠にしています。
ところが、小保方晴子さん自身の手記『あの日』を読み解くことで真相に迫ろうとした人々が、Amazonレビュアーの中にいらっしゃいました。

 STAP論文の「ネイチャー」投稿後、PubPeerや2ちゃんねるの匿名の投稿者が一斉に「ネット査読」を開始し、画像の不正や使い回しなどを洗い出しました。そこまでの規模とはいきませんが、『あの日』についてもちょっとした「ネット査読」のようなものがあったのです。
これらの作業を行った匿名のレビュアーさん方に敬意を表しつつ、そこで行われた発見をまとめたいと思います。

 (なお、匿名のAmazonレビューの中の議論を引用することが正しいか?というと、知人のある研究者の見解では、「例えばある論文の妥当性を議論するときにPubPeerでの議論を引用することはアカデミズムの世界でもあるので、問題ないのでは」ということでした)

 ここでの重要ポイントは「テラトーマができていない!」
 『あの日』から引用してみますと……。

 2008年、博士課程に進んでハーバード大・バカンティ研に留学することができた小保方さん。
バカンティ教授の提唱する「スポアライクステムセル」仮説を私が証明しよう!と勇んで実験を開始します。
スフェア細胞が、そのスポアライクステムセルだと見当をつけ、それが多能性を持つものだということを段階を踏んで立証しようとします。多能性を証明するためには、3つの条件をクリアしないといけません。

 小保方さん自身の記述によれば、

「現在、細胞の多能性を示すには、3つの方法がある。1つ目は培養系での分化培養実験で、三胚葉系の細胞に分化可能であることを示すこと。2つ目は免疫不全マウスの生体内への移植で、自発的な三胚葉由来すべての組織形成(テラトーマ形成)が観察されること。3つ目はキメラマウスの作製が可能であることを示すこと。この順に、細胞の多能性の証明の厳密さが増すが、同時に技術的な難易度も上がる。」(『あの日』p.54)

 すなわち、
幅広い細胞種に分化できることを証明する
テラトーマ(奇形種)を形成することを示す
キメラマウスの作製が可能であることを示す
ことが条件となります。

 そこで、小保方さんは,良広い細胞種に分化できることを同じバカンティ研の仲間と時間をかけて証明。
 次の段階、▲謄薀函璽泙侶狙に挑戦します。
 ところが……。

「ただ注入するだけではテラトーマを形成することはなかった。しかし、研究室が得意としていた組織工学の技術を使ってテラトーマに似た組織を作ることができた。」(p.55)
と、言っています。
ここはうっかりすると読みとばしますが、重要な記述です。何を言っているかお分かりになりますか。
まず、「ただ注入するだけではテラトーマを形成することはなかった。」テラトーマはできなかったのです。
ところが、
「しかし、研究室が得意としていた組織工学の技術を使ってテラトーマに似た組織を作ることができた。」

 これはどういうことか。つまり、本物のテラトーマができないのでまがい物を作ってお茶を濁した、ということです。この書き方でいうと、ES細胞由来のテラトーマを作ったのではないのだろうと思われます。そうだとしたら「テラトーマに似た組織」という言い方はしませんから。

「研究室が得意としていた組織工学の技術を使って」

 想像ですが恐らく、バカンティマウスを作ったバカンティ研のこと。「金型と軟骨組織で作った人間の耳の形をしたものを背中にくっつけたマウス」のような、科学的にはまったく意味のない肉の盛り上がりを作ったのだろうと思われます。このテラトーマが実際に何でできていたのかは、今となってはわかりません。

 このあと小保方さんはここまでの実験結果を基に「スフェア細胞は多能性を有する」ことを主張する論文を雑誌に投稿したが、あえなくリジェクト。その時の査読意見で、「掲載はキメラマウスを作製することが条件となる」と言われました。

 ということは、その論文では多能性の証明の´△泙任蓮△任たことにしていたと考えられます。「テラトーマに似た組織を作れた(テラトーマはできなかった)」では、多能性を主張する論文としては体をなしていないですね。査読意見も、キメラマウスより「まず、テラトーマを作製してください」ということになったと思われます。

 そして、この論文のリジェクトを契機に、「キメラマウスを作るしかない」とバカンティ研内の意見がまとまりました。しかしバカンティ研にはキメラマウス作製の設備はない。

 そこで、小保方さんは理研の若山研究室の門戸を叩くことになりました。世界で初めてクローンマウスを作製、世界一のキメラマウス作製の腕を持つ若山照彦氏にキメラマウス作製をお願いすることになったのです。このあたりの経緯が『あの日』p.54~62に載っています。

 この流れは、大事です。押さえておいてくださいね。

 小保方晴子さんを擁護する人は、このすぐあとの展開で、「キメラマウス作製するしかないよ、うんうん」と前のめりになっている若山氏の様子(小保方さん描写による)をみて、「若山氏こそがSTAP研究の主導者であり、論文不正の責任も本来若山氏にある」と、うっかり誤解されているようです。

 でも本来の経緯は、小保方晴子さんがSTAP細胞の多能性を証明する 銑の最後の段階を若山氏にお願いしに行った、若山氏はリレーの最後の走者を頼まれてやっただけ、ということです。そしてそのリレー全体の企画発案者は、小保方晴子さんです。ということで、小保方さんが論文の「ファースト・オーサー」になっているのです。

 このあと、「テラトーマ」は『あの日』の記述の中からきれいに消えます。

 これについて小保方さんは、恐らく「テラトーマができていない」ことに向き合いたくなかった。育児放棄したように、ぽーんと頭から抜けてしまったのだろう、という見方があります。

 しかしテラトーマができていない段階で若山氏がキメラマウス作りに応じるだろうか。想像してみてください。若山氏には、「テラトーマは『できています(バカンティ研では)』」とプレゼンした可能性のほうがありそうですね。
のちにこの「テラトーマ」が「STAP論文」のアキレス腱になります。論文に載せたテラトーマの画像は、小保方さんの博士論文、それもまったく関係ないテーマでの博士論文の画像の使い回しだったことがわかりました。これが致命的となり、共著者の若山氏による論文取り下げの呼びかけとなったのです。

 ではそれは、単なるケアレスミスだったのか。そうではない、そもそもテラトーマができたことは一度としてなかった、可能性が大なのです。だから画像が存在しないのです。

 そうしますと、この研究全体の仮説検証のストーリーを描いた責任者はやはり小保方さん。本当はできていないものを「できた」と言い、ほかの人をそのストーリーに沿って動かした立場の人です。



2) マウス系統の謎:若山氏の“陰謀”を推理する!

 実は、Amazonレビューでの“新説”にはもう少し続きがあります。それは、

「若山氏がマウス系統を秘密裏に変更したのではないか?」

というものです。


 これはまったく憶測、推論の域を出ません。しかし、この説を使えば、2014年の若山氏の言説の奇妙な変遷、そして「ES混入説」の不整合をきれいに説明できるのです。

 巷に流布する「若山氏主犯説」と比べても、こちらのほうがはるかに整合性があります。ここでは、あくまで推測の域を出ないのをお断りしたうえで、あえて「Amazonレビュー新説後半・若山氏の“陰謀”」をご紹介したいと思います。


(なお、この”説"については、現在「著作権者」を主張する方がいらっしゃいますが、Amazonレビューで最初に提起される1か月ほど前に別のブログコメントの中で提起した人物がおり、この人は「著作権者」を名乗る人とは別人であるらしいことが分かっています。このため、特定の誰かが「著作権者」と考えることが難しい状況にあります。現在主張されている方とは別の方が「自分こそが著作権者」と名乗り出てくる可能性もあります)



 この説のポイントは、

「若山氏が小保方さんに渡したマウスは、論文に載っていたOct4-GFPマウスではなく、Acr-GFP(アクロシンGFP)マウスだったのではないか。若山氏が秘密裏に変更していたのではないか」

ということです。

 これが、のちに「ES混入説」として誤って流布し理研報告書にも載ってしまった、というのです。
 ではなぜ、若山氏はそのような変更をしていたか?

 ここは本当に机上の想像でしかありません。しかしそれによれば、若山氏はマイクロマニピュレーターによる胚操作実験に倦んでいた。第六講でみますように、マイクロマニピュレーター操作は非常にハードな作業です。それに代わるより簡便な方法を考えた。それがすなわち、培養皿上で卵子に細胞核が自動的に入り、細胞分裂して細胞塊や仔や胎盤を形成するという方法です。そのために必要なのがアクロシン。

 アクロシンは精子の先体に存在するタンパク質分解酵素で、卵子の細胞壁を貫通する能力があります。そこでできたものは疑似精子といえます。

 『あの日』でいうこの部分、

 また、ジャームライントランスミッションを観察する実験の際には、マウスが自然交配するのに要する時間を節約するために、若山先生は幹細胞化した細胞からできたキメラマウスから「光る精子」を顕微鏡下で採取し、顕微授精させる実験を行っていた。(『あの日』p.106)

 この「光る精子」とは、「光る疑似精子」だ、とAmazonレビュー新説では指摘します。

 「Acr-GFPマウス」の体細胞(リンパ球など)をSTAP処理して光らせたもの。それを「CAG-GFPマウス」の卵子に受精させようとしたものだ、と。「時間を節約するため」というのは、小保方さん向けの方便だといいます。次世代シーケンサー使用を禁止していた(同p.128)のも、そのためだと。

 いかがでしょうか。

 若山氏にも、不誠実なところがあった。小保方さんは「テラトーマができていない」という研究の根幹を隠し通していたが、若山氏もマウスの系統変更を隠していたという罪があった。お互い隠し事をした同士の「同床異夢」がSTAP研究の実態だった。これがAmazonレビュー新説です。狐と狸の化かしあい、「囚人のジレンマ」とも呼べます。

 もちろんその場合でも、研究の根幹のアイデアを、必要な証明ができないまま掲げ続けた小保方さんの罪がもっとも重いことに変わりはありません。

 ここまで、推測に次ぐ推測を重ねてきました。当事者の発言がない以上、これ以上この説を確認することはできません。

 それにしても、ネット上に流布している「若山氏主犯説」こちらよりははるかに整合性のある説です。





 ここで、もうお1人のレビュアーさんにご登場いただきます。研究者の「仁」さんです。研究不正に関心があり、STAP事件についても関心を持っておられたそうです。上記のパルサさん説を強く支持したうえで、仁さんの言葉で再度、まとめてくださっています。
 こちらも、ご了承をいただきましたので引用させていただきましょう:



*********************************************

5つ星のうち 2.0
<改題>情報の「切り貼り」と「切り抜き」から見えてくる真相, 2016/2/22
投稿者 仁

>>http://www.amazon.co.jp/review/R2LY60901P9VNH/ref=cm_cr_rdp_perm(固定リンク)



【旧レビュー】
理研が、問題発覚から一ヶ月以上(2014年3月まで)「STAP細胞論文の結論に揺るぎはない」と表明し、組織に守られ、不正認定を最小限に留めようと温情を示されていたにも関わらず、その事実に言及せず、「高圧的」や「嘲笑」という表現(147ページ)で、理研の調査委員会のせいで不正が結論づけられたかのように読者を誘導しています。なお、理研の予備調査は、2014年2月13日~17日にかけて行われました。小保方氏がこの本で指摘するようなバッシングが加熱する以前で、当時の理研は、小保方氏やSTAP細胞論文を守ろうとしていました。(その結果、理研自身が、批判にさらされることになったのは周知の通りです。)
この本では、そもそも論文の核心部分の説明に用いている図について、なぜSTAPと直接関係のない博士論文から転用したのかについて、一切説明がありません。記者会見の時に強弁したように、本当に実験結果を示す正しい図があるのなら、この本に掲載すれば良いのに…と思いました。
また、早稲田大学に提出した博士論文について、「最終ではないバージョンのものをまちがえて製本所へ持って行ってしまった」(73ページ)と言うのであれば、やはりこの本に、最終稿を掲載すれば良いのに…とも思いました。(もっとも製本して大学図書館と国会図書館に提供する博士論文を草稿と最終稿を取り違え、チェックもせずに提出するというのは考え難いのですが…)実際、昨年11月の博士号取消しの際に代理人を通じて出したコメントでは、「年度内に公表」ということでしたが、結局はそれも果たされていません。
気になったのは、話しの流れと無関係なのに実名を出されている登場人物(セレナ:34ページ、バネッサ:35ページなど)が複数いる一方で、真相に迫る部分で実名を出さない(ある先輩:99ページ、2人のテクニカルスタッフ:131ページ、シーケンス解析専門の研究者:150ページ、情報を教えてくれた共著者の一人:151ページ、理研の理事:213ページなど)実在確認が取れない登場人物が多数いる点に、意図的なものを感じ、違和感を覚えました。
これでは本の内容について、事実認定ができません。

【追補】
事実確認できる情報と合わせて読むことをお勧めします。
小保方氏が行っている事実の「切り貼り」にもまた、重要な意味があると思います。

【再追補:小保方氏による「切り取り」情報と「切り貼り」情報から見るSTAP問題の本質】

STAP細胞研究の根底を揺るがせた「テラトーマ」の架空性について

小保方氏が極力言及を避けている、博士論文から転用したテラトーマ画像こそ、STAP細胞の架空性を物語る物的証拠です。
『あの日』の記述(切り貼り情報)を信じるならば、p.56に「テラトーマを形成することはなかった」、「テラトーマに似た組織を作ることができた」とあり、小保方氏はSTAP細胞(スフェア細胞)からはテラトーマができなかった、ことが告白されています。
ところで、小保方氏が公開していながら、『あの日』では詳細が触れられていない(切り取り)情報は、STAP細胞由来とされるテラトーマに関する実験ノートです。
この実験ノートは、小保方氏の代理人弁護士により公開され、毎日新聞(2014年5月24日:4枚の写真のうち、1枚目と3枚目がテラトーマに関するもの:検索ワード「STAP細胞+小保方氏+実験ノート+公表」)に写しが掲載されています。
この実験ノートよれば、年代は不明ながら、12月27日に、テラトーマ形成を目的としたSTAP細胞の移植が行われたことが確認できます。
『あの日』の記述(切り貼り情報)を信じるならば、p.206に「テラトーマに関しては、私がアメリカ出張の間にできてきたサンプルだった。そして調査の結果それらは、すべてて既存のES細胞由来だったと結論付けられた。」とあり、このアメリカ出張は、p.113に「日本が正月休暇の間、アメリカで実験をしたいと思っていた」とあることから、『あの日』の前後の記述と照合すると、2012年末~2103年始であることがわかります。
これで、小保方氏の代理人弁護士により公開された実験ノートの日付が、2012年12月27日と確定しました。そして、この実験で形成されたテラトーマは、STAP細胞論文不正問題を契機とした調査委員会によって、ES細胞由来であったことが判明しています。
2012年12月は、笹井氏が小保方氏のユニットリーダー採用面接に立ち会うとともに、STAP細胞論文作成に参画したタイミングになります。
テラトーマができていないことがわかってしまうと、STAP細胞の実在性の根幹が揺らいでしまいます。そこで、慌ててテラトーマを作ろうとしたのが、2012年12月27日の移植実験です。しかし、STAP細胞由来のテラトーマは、調査委員会の解析結果からも、存在していないことは明らかで、STAP細胞論文のテラトーマは、実は架空のものであった可能性が高いと思います。
問題は、一体なぜES細胞由来のテラトーマが見つかったのか?

次の3つの可能性がありますが、私には詰め切れません。
1)誰とも知れない第三者が作成した。
2)若山研の誰かが作成した。
3)小保方研の誰かが作成した。

※この時点で☆3つ

【再々追補:切り取り情報に潜む真実】

小保方氏が理研CDBに採用される際に示したであろう論文における疑義-真臨氏への回答-

少なくとも次の3報に、図の使い回しや利益相反の未申告などの問題があります。

1)Tissue Eng Part A. 2011 Mar;17(5-6):607-15. doi: 10.1089/ten.TEA.2010.0385. Epub 2011 Jan 10.
"The potential of stem cells in adult tissues representative of the three germ layers"
<問題点1>Fig.2のFgf5の画像とFig.3のNat1の画像が同じ。
<問題点2、3>Fig.3のKlf4の画像を上下反転させるとFig.3のCriptoの画像が同じ。これらの画像の一部はFig.4のNat1と同じ。
<問題点4>Fig.2のKlf4の画像の一部が、Fig.3のSox2の画像の一部と同じ。
<問題点5>Fig.1は、博士論文のFig.6を上下反転したものと同じ。

2)Tissue Eng Part A. 2011 Jun;17(11-12):1507-15. doi: 10.1089/ten.TEA.2010.0470. Epub 2011 Apr 12.
"Development of osteogenic cell sheets for bone tissue engineering applications"
<問題点>「Disclosure Statement」に「No competing financial interests exist.」とセルシード社との利益相反を申告せず。

3)Nature Protocols 6, 1053?1059 (2011) doi:10.1038/nprot.2011.356 Published online 30 June 2011
"Reproducible subcutaneous transplantation of cell sheets into recipient mice"
<問題点1>Fig.5aのNumber of B cellsとFig.5bのNumber of neutrophilsが同じ。
<問題点2>マウスの株を記載していない。また、免疫不全マウスを使っているのにT細胞がある。
<問題点3>「Competing financial interests」に「The authors declare no competing financial interests.」とセルシード社との利益相反を申告せず。

本著では、これらを含む過去の不正についても、正直に認め、背景や理由を説明していただきたかった…というのが、私の率直な気持ちです。
なぜなら、小保方氏が戻る『あの日』は、大学院に入学する時点だと、私は思うから。良き師にさえ恵まれれば、違った人生を歩めたのかも知れません。
比較的短期間で、一人で一冊書き上げる集中力があることは、十分に理解できました。研究者の素養はあると思います。

小保方氏は、とうとうかつての恩師にも梯子を外されてしまいました。小保方氏の同意を得ることなく、Nature Protocolsの論文が、取り下げられてしまうとは、恩師とは思えない酷い仕打ちです。

真臨氏から、問われたので、小保方氏の過去の論文を精査し、再々追補することになりました。
その結果、意図的な改竄等を指摘せざるを得ないため、☆2つに下げることとします。

小保方氏には、ぜひ『あの日』の続編を執筆され、不正の全貌を明らかにしていただきたいです。博士課程時代・留学時代の不正の実態を、余すことなく告白されたときは、☆5つです。

*********************************************




●STAP細胞とは、結局なんだったのか ⇒ 「多能性細胞」ではなく「自家蛍光細胞」



もうひとつ仁さんのコメントから、「若山氏の責任」に言及されたところを抜き出します。

*********************************************
(仁さんコメント 3月12日)

若山氏についてですが、私としては、キメラマウスが一体何によって作成されたのか(若山氏がどんな手品?を使ったのか)は、追求すべきだと思っています。
でもこれは、小保方氏の既に認定された問題とは、別件として区別した方がわかりやすい、と思います。
STAP問題の全体像としては、一プロジェクトに異なる2つの問題があるとすると、小保方氏が『あの日』で訴えたかったことが理解できるように思います。

ちなみに、小保方氏が作ったのは、正確には、多能性(Pluripotency)のあるSTAPではなく、自家蛍光(Autofluorescence)するSTAA(Stimulus-Triggered Acquisition of Autofluorescence)細胞とでもいうべきもので、STAP細胞で作ったテラトーマは存在しません。
だから、テラトーマの画像は、全く別の研究、別の実験の画像を、博士論文から転用せざるを得なかった、と考えるなら、しっくりきます。
つまり、小保方氏は、論文不正(捏造)の背景として、研究不正(できていないことをできたように振る舞った)も行っています。

いずれにせよ、若山氏も悪いし、小保方氏も悪い、ということかとは思います。
で、どっちがより悪いかというと、テラトーマを捏造した方が、より悪いと思います。
なぜなら、そもそも多能性がない細胞ということがわかっていたら、わざわざ、それを使ってキメラマウスを作るまでもないので。

*********************************************


 ・・・ここまで、いかがでしたか?
 パルサさん、仁さん(どちらもパルサ説の人とみなせる)文体の異なるお二人のレビュー内容は、今の時点ではAmazonレビューにしか出ていないものです。
(今回、初めて引用させていただきましたが)
 大人の皆様が読まれて、納得いただけましたでしょうか?

 理研のES混入説は、STAPの存在が疑われた当初から、ありそうな仮説に当てはめた説であり、細かくみると辻褄の合わないところがあるのです。パルサ説、仁説では、そのあたりがクリアになっているかと思います。

 また「論文不正」ではなく「研究不正」、
 これも、仁さんのこのすぐ上のコメントに出ていますね。
 そのようにこの問題を捉えないといけません。
 うっかりミスで論文に瑕疵をつくったわけではない、そもそもの出発点でできていないものをできたと言い、研究をすすめたことの結果が論文不正なのです。

 だから、小保方晴子さんが今、研究界から追放された状態になっているのも、身から出た錆、仕方のないことなのです。
 
 
 このブログではお二人のご了承を得て本日時点でのレビューを引用させていただくにとどめました。
 また、お二人ご自身でまとめなおして世に出される機会がきっとあると思いますので、その日を楽しみにお待ちしたいと思います。


これまでの記事:
●社会人のための「小保方手記」解読講座(1)―印象的な”ツカミ”のエピソードはこう読め!Vol.1
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935543.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(2)―印象的な”ツカミ”のエピソードはこう読め!Vol.2
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935599.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(3)―1位マネジャー製造講師・正田が読む・晴子さんのプロファイリングはVol.1
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935610.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(4)―正田が読む・晴子さんのプロファイリングVol.2 小保方さんの生育環境は
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935705.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(5)―プロファイリングVol.3 多彩な感情表現は人を被害者的にする!心理学セミナー、カウンセリングの副作用のお話
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51935878.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(6)―「私の会社でも」読者からのお便り
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936058.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(7)―“惑わされる”理系男子:女性必見!もしもあなたの彼が「隠れ小保方ファン」だったら
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936162.html
 
●社会人のための「小保方手記」解読講座(8)―「キラキラ女子」の栄光と転落、「朝ドラヒロイン」が裁かれる日
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936340.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(9)―「STAP細胞はあります!」は本当か?Amazonレビュアーが読み解くプロジェクトの破綻
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936570.html

●社会人のための『小保方手記』解読講座(10 )―再度「STAP細胞はありません」―「ウソ」と真実・ネット世界と現実世界のギャップ、社会人の分断リスク
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51936986.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(11)― 騙されないためのケーススタディー:小保方晴子さんが使った「ヒューリスティック(自動思考・錯覚)」の罠
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937126.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(12)情けないぞおじさんたち!!「ええかっこしい上司」「放置プレイ上司」そして「欲得・不正系上司」(前編)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937436.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(13)情けないぞおじさんたち!!「ええかっこしい上司」「放置プレイ上司」そして「欲得・不正系上司」(後編)
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937542.html

●社会人のための「小保方手記」解読講座(14)(最終) まとめ:あなたの会社から「モンスター」を出さないために―女性活躍、発達凸凹対応、そして改めて「行動承認」
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937655.html


●エイプリルフール特別企画・シリーズ番外編:社会人のための「小保方情報」解読講座
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51937719.html