元アドラー心理学会会長、現アドラー・ギルド代表の野田俊作氏から再度メールのご返信をいただき、公開をお許しいただいた。

 今回は、正田から『嫌われる勇気』の中のアドラーの言葉の”捏造疑惑”についてお問合せしたことへの回答として。

 余談だが野田氏は日本人として初めてアドラー心理学をアメリカで学び日本に持ち込まれた方。帰国の2年後に日本アドラー心理学会を設立、初代会長に就任されている。正田はカジュアルにメール差し上げているが…偉い方なのだ。

*******************************************

岸見氏は、私などよりははるかにアドラー自身の文献には詳しいので、彼が言う
ことは、探せばどこかに出典はあるのだろうと思います。また、出典があろうと
なかろうと、そこが問題ではないと思っております。むかし(1960年くらいまで
かな)のフロイト派は、「あなたの言葉はフロイト全集に出典がない」などと言
って他の学者を批判したりしていたようですが、アドラー派は、アドラー在世の
時代から、アドラーの言葉を引用しているかいないかを問題にしたことはありま
せん。それは現在もそうなので、岸見氏の書かれたものがすべてアドラーの言葉
の引用であっても、逆にすべて岸見氏のオリジナルであっても、どちらでも別に
かまわないのです。要は、彼が言っている言葉が、アドラー心理学の基本的な理
論や思想や技法と矛盾していないかどうかが問題です。

たとえば古典物理学は、アイザック・ニュートンやその後継者たちが作ったシス
テムですが、誰もニュートンやその他昔の学者の文献を引用して話をしません。
若いころに実際にニュートンの『自然における数学的原理』という著作を読んだ
ことがあるのですが、いまの物理学と違って数式はまったく使われておらず、幾
何学的な方法で説明がされています。それを、ある時代に、誰かが、すべて数式
に書き換えたわけです。だから、たとえば現在の高校の物理学の教科書には、た
だのひとこともニュートン自身の著作からの引用はありません。しかし、紛れも
なくニュートンの力学です。

アドラー心理学も同じことで、アドラー心理学の理論と思想と技法というものが
あって、それをわれわれは伝えています。ある主張がアドラー心理学であるかど
うかは、アドラーや他のアドレリアンの文献の言葉を引用しているかどうかでは
なくて、アドラー心理学の理論や思想や技法に矛盾していないかどうかで決まり
ます。

理論に関しては、ハインツ・アンスバッハーという人がアドラーの死後に、アド
ラーの理論を抽象的にまとめました。いまでは、私たちは、アドラーを引用する
代わりに、アンスバッハーがまとめた言い方(たとえば目的論)をもとに話をし
ています。では、岸見氏はアンスバッハーがまとめた理論について問題があるか
というと、詳細に検討したことがないので断言はできませんが、そんなに大きな
逸脱はないんじゃないかと思っています。つまり、理屈はわかっているんじゃな
いかということです。

思想に関しては、岸見氏の共同体感覚論は議論の余地があると思いますが、そも
そも共同体感覚論そのものが、理論のような科学的なものではなくて、だからさ
まざまの解釈の余地があると思います。岸見氏の解釈もありうるかもと思ってい
ます。私は好きではありませんが、許容範囲内かもしれません。共同体感覚論は
科学理論ではなくて思想ですので、そこで論争すると、宗教論争になってしまい
ますから、避けたいのです。

技法はルドルフ・ドライカースが大成しましたが、岸見氏に問題がもしあるとす
れば、技法論においてでしょうね。彼は、アドラー心理学の治療技法のごく初歩
しか学んでいないので(「カウンセラー」という資格はそういう意味です)、し
ょうがないのかもしれませんが、われわれ専門の治療者から見ると、「それじゃ
治療にならないでしょう」というようなものの言い方をしばしばされるように思
います。正田さまが引っかかっておられる部分も、多くはそれに関連していると
思います。

たとえば、岸見氏が、「不安だから、外に出られないのではなくて、外に出たく
ないから、不安という感情をつくり出している」という意味のことを言われるの
は、理論的にはそのとおりだと思います。しかし、治療現場で患者さんに向かっ
て、「あなたは外に出たくないから、不安という感情を作りだしているんです
よ」というようなことを言うのは、ほとんどの場合に反治療的だと思います。ア
ドラー心理学の目的は、「人間を知る」ことではなくて、「人間を援助する」こ
とです。「人間を知る」のは、あくまで「人間を援助する」ためです。ですから、
ものの言い方にはいつも敏感でなければなりません。たとえば私が、「あなたは
不安なのは、所属がうまくいっていないからだと思います。ですから、どうすれ
ば所属できるようになるか、一緒に考えていきませんか」というのは、岸見氏と
同じ意味のことを、治療的に言っているわけです。岸見氏は、私が知るかぎりで
は、この部分を習ったことがないと思います。まあ、私以外の治療者からどこか
で習ったかもしれませんので断言できませんが、そうであったとしても、まった
く勉強が足りないように感じます。つまり、岸見氏の問題点がもしあるとすれば、
治療の勉強をしていないのに、治療の話をするところではないかと思います。そ
の結果、しばしば反治療的な結末を作りだしているように思います。

大昔のことですが、郭麗月というお医者さんが、アドラーの本(たぶん "The
Science of Living" ではなかったかと思う)を訳して、『子どものおいたちと
心のなりたち』という本を出されました。その後書きに、当時、近畿大学医学部
精神医学教室の教授であった岡田幸夫先生が、「アドラーは人間を見るまなざし
がやさしいのがいい」と書いておられたことを、印象的に覚えています。私も本
当にそう思っていますし、その点が私がアドラー心理学を好きな最大の理由です。
岸見氏が現在説かれるアドラー心理学には、どうもそのあたりに問題があるよう
に思っています。

もっともこれは、岸見氏の人格的な問題ではなくて、治療理論と治療技法をきち
んと習わないままで、アドラー心理学の解説を始めたことによるのだと思ってい
ます。外科の実技を習ったことがない医学生が手術の話をしているようなもので、
「それでは手術じゃなくて解剖で、患者さんは死んでしまうよ」と思います。外
科手術のほとんどの手数は止血です。少し切っては出血部を糸でくくり、また少
し切ってはくくり、無限にそれを繰り返して、そうして最後に患部を切除します。
その途中の手数は、実際に手術場にいた人間しか知りません。ちなみに私は、若
いころに麻酔の研修医をしていたことがあって、2年あまり手術場をウロウロし
て暮らしていましたので、外科医がやっていることはよく知っています。心理療
法も外科手術に似ていて、すこしずつすこしずつ患者さんの納得をいただきなが
ら治療していきます。その手順の習得には、かなり長い期間の研修が必要です。

岸見氏と学術的な場で会えそうな感じになってきています。その際には、そのあ
たりの話をしようと思っています。テレビドラマは見ていないのですが、人々の
噂によると、「止血をしない外科手術」みたいなことが行なわれているようです
ね。そういうのは手術と言わないで、傷害事件と言います。それをみてアドラー
心理学だと思われると、本当に困ってしまいます。

野田俊作

*******************************************

 「所属がうまくいっていない」
この言葉は、とりようによっては「承認欲求を満たしてあげましょう」と同義のようにとれなくもない。
「承認欲求」の定義しだいだが、わたしなどはマズローのいう承認欲求と所属欲求をひっくるめて承認欲求と呼んでいる(ヘーゲル-ホネットの承認論から逆算して考えても、そうなる)。承認欲求とは、決して「悪目立ちしたい」とかいう意味ではない。

 もうひとつ、
 「治療理論と治療技法をきちんと習わないままで」というところがわたし的にはヒット。

 そう、岸見氏は学会認定カウンセラーではあるのだが、その語るカウンセリング場面には今ひとつ援助職の人の共通してもつありようが見えない。私ごときですら、武田建氏(関学大名誉教授)が口を酸っぱくして言われたこと、「共感」を叩き込まれたのに。

――ちなみに武田氏はロジャーズの孫弟子でありかつ、行動療法家でアサーションの始祖ジョゼフ・ウォルピの直弟子でもあるという稀な人で、そういう人から行動療法を学べたのは私にとって幸運だったと思う――


 「治療」としてのリアリティが見えない。これは、他の精神科医の方も言われたことだ。

「親から優秀な兄と比べられて育ったことがトラウマだったんです」
「トラウマは存在しません。アドラー心理学ではトラウマを否定します」

 非常にライトな文脈で「トラウマ」と軽々しく言い、そのライトなのを受けて「トラウマは存在しません」と大見得を切る。なんというリアリティの無さか。

 いや、そのままだともの知らずの人同士の会話だと聞き流しておけた。わたしも3年間聞き流していたが、大真面目に二次使用三次使用され講演でも堂々と言っているとなると、ね。


 岸見氏がアドラーの訳書を出したのは10冊以上になり、国内ではぶっちぎり最多。そういう独自の立ち位置があったので独特の解釈を打ち広げることができ、またほかの人も意見できなかったのかもしれない。

 
 このブログではスルーしていたが、日本アドラー心理学会は今月10日、フジテレビに対してドラマ『嫌われる勇気』への抗議文をホームページに載せた(抗議文は3日付)。それより前、野田氏、岸見氏らにそれぞれのアドラー心理学観をきくコラムがHPから消えていた。

 というわけでこの項まだまだ続きます…