━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ・・・……<<<エウダイモニア通信>>>……・・・
発行日 2017.3.27                 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※「エウダイモニア」は「幸福」、また「栄える」という意味のギリシア語
です。
 「業績1位」の山を築いてきた承認マネジメントの研修講師・正田佐与が、
経済的繁栄を含めたわたしたちの「幸せ」についてご一緒に考えるメルマガ
です。
 
※このメールは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、イベントや
セミナーに  ご来場いただいた方にお送りしています。
ご不要の方は、お手数ですがメール末尾にありますURLより解除ください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃本日の話題 ☆☆☆☆☆
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】 読書日記 А慄榲は間違っている心理学の話』

【2】 読書日記◆А愃眄から読みとく日本社会』

【3】 連載 ユリーの星に願いを・第14回「素直さを疑う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【1】読書日記 А慄榲は間違っている心理学の話』

 アメリカでも日本以上に「通俗心理学」がTVや雑誌を賑わしているよう。

 役に立つ知識もありますが、中には科学的根拠がなく、使った人が不幸になってしまうようなものもあります。

 『本当は間違っている心理学の話――50の俗説の正体を暴く』(スコット・O・リリエンフェルド他、化学同人、2014年3月)は、そんな状況に危機感をもった心理学者が、すべての「通俗心理学」を検証して書いた本です。

 根拠のない「通俗心理学」を信じることのデメリットは、たとえば「本当に必要な援助を受けられなくなること」また「ほかのこと全般にも、正しくものを考えることができなくなること」だと著者はいいます。

 読書日記に、著者が「心理学神話」だという50項目を抜き書きしてみました。さあ、あなたはこのうちどれくらいを信じていたでしょうか?

●「問題は、真に必要な援助が受けられなくなること」――『本当は間違っている心理学の話』をよむ
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51954524.html 

 なおこの中にはありませんが、わが国の「心理学神話」の最たるものは、「血液型性格診断」。東大のある心理学研究室では、1年生に「血液型診断はウソです」と告げると、「えーっ」と声が上がるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【2】読書日記◆愃眄から読みとく日本社会』

 気鋭の財政社会学者の新著『財政から読みとく日本社会――君たちの未来のために』(井手英策、岩波ジュニア新書、2017年3月)を読んでみました。

 大人にもわかりやすく、日本財政の「これまで」と「今」を解説してくれます。縁遠かった財政が身近に感じられますが、同時にその財政の背景にある日本社会のユニークさや危うさもみえてきます。

 行き詰まり感をみせる財政に著者の提言は…。ご関心のあるかたはこちらの読書日記をご覧ください。

●「必要」を分かち合う、人間の時代を財政で――『財政から読みとく日本社会』をよむ
>>http://c-c-a.blog.jp/archives/51954542.html 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【4】 連載 ユリーの星に願いを・第14回「素直さを疑う」
By ユリー
 ユリー:マーケティングコンサルタント。人と組織のメカニズムに高い関心
を持つ仏教学習者。40代女性。
***********************************
 こんにちは、ユリーです。
 2月から3月は決算やら来期の準備など目の前の事務処理に追われてしまい、この短い原稿を書くだけの思考も止まってしまいました。まだまだ文章修行が足りない私です。

 先日、ある知人の長所について考える機会がありました。知人を仮にA氏としますが、A氏を知る誰もが口を揃えて言うA氏の長所は「素直さ」でした。

 確かにA氏はとても素直です。例えば私が何かアドバイスをすると「はい、わかりました。そうですね。」ととても物わかりよく素直に聞いています。私のアドバイスはかなり具体的なことを伝える場合が多いのですが、それらのアドバイスはうまく活用している様子ですが、ときどきとんでもないトラブルをおこします。

 そんなことを振り返っているうちに、A氏が陥るトラブルパタンはいつも同じ原因だということがわかってきました。

 それは、A氏の「素直さ」が周囲の誤解をうみ、認識のズレをおこしているという現実です。A氏は、誰の話も素直に「はい、そうですね、わかりました。」という礼儀正しい態度で聞いています。その態度は好感度が高く、周囲はA氏に対し、素直で物わかりよい好人物という評価をします。

 しかし、A氏は「本当にわかった。」わけではなくて「承りました、持ち帰って上司に確認します。」レベルの「わかりました。」を言っているにすぎないということがみえてきました。しかし、残念ながら、今のA氏に上司はいません。起業して3年目の社長です。周囲は社長としてA氏をみていますが、A氏の中身はサラリーマン時代のままだったのです。

 実際、サラリーマン時代のA氏の主な仕事は「わかりました。承りましたことは、上司に確認してご連絡します。」と言うこと、つまり秘書でした。とても優秀な秘書でした。

 その秘書の当時と同じように礼儀正しく物わかりよく「わかりました。」と言ってしまえば、相手は社長であるA氏に自分の話が通ったと理解します。
しかし、実際には、A氏は秘書として身についてしまった習慣的な「承る」モードで相手の話を聞いているにすぎません。

 内容を詳細に理解し、判断力を働かせながら相手の話を聞いているわけではないのです。ここがトラブルの原因になっていると私は見立てています。

 素直さはA氏の長所であり大きな武器だと思いましたが、現状では、それこそがA氏の成長や会社の成功を妨げる足手まといになっているように思えます。

 A氏の抱えるこの問題をどうやって解決していくか?
 私も頭を抱えています。
 が、これこそ私の今年のテーマである「アンラーニング」の実践です。挑戦すべき課題ですので、経過をご報告させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃今日の一筆箋  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 大相撲春場所は負傷した稀勢の里が優勝決定戦で逆転優勝。心揺さぶられる幕切れでしたね。誠実な人柄の人の「ここ一番」の気力のすさまじさが印象的でした。負傷した左肩をゆっくり養生していただきたいものですね。

〈お詫びと訂正〉
 前回3月22日号では、「わが国の幸福度はOECD加盟国中最下位」としていましたが、これは「G7中最下位」の誤りでした。確認不足で、大変申し訳ありませんでした。お詫びして訂正いたします。

※このメルマガへのあなたのご意見、ご感想をお知らせください!
 誌上でのご紹介は匿名にいたします。このメールへのご返信で結構です。
┌─<<現役マネージャー必読!>>──────────────────>
│  近著『行動承認―組織の能力を最大化する「認める力」』
│  http://books.rakuten.co.jp/rb/12987941/?acd=812 
└──────────────────────────────────>


1位マネジャー続出の承認研修講師 正田佐与の発信するメディア

┏┓
┗■ ツイッターアカウント >> @sayoshoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ フェイスブックページ >> http://www.facebook.com/sayo.shoda
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┓
┗■ ブログ「正田佐与の愛するこの世界」 >> http://c-c-a.blog.jp
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■メールニュースのバックナンバーもこちらからお読みいただけます。
>> http://c-c-a.blog.jp/archives/cat_50052130.html

■新規購読の申し込みは、「メールニュース」希望と書いて、配信希望先のアド
レスとともにinfo@eudaimonia.jp 宛にメールでお申込みください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

皆様の職場でも業績向上につながる「承認」を取り入れてみませんか?
 研修のご相談、原稿のご依頼、「人」の問題について個別のご相談は以下まで
お気軽にご連絡ください。
 
 正田佐与承認マネジメント事務所
 Email info@eudaimonia.jp TEL: 078-857-7055  FAX: 078-857-6875

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

このメールニュースは、正田が過去にお名刺を交換させていただいた方、
イベントやセミナーにご来場いただいた方にお送りしています。

◎メールニュース解除方法
解除される場合は、下記の解除フォームに受信メールアドレスを入力してくだ
さい。ワンクリックで解除していただけます。
PC用:
https://www.itm-asp.com/member/pictmail/form_create2/confirmForm.php?u_id=225303&f_id=370
携帯用:
http://www.itm-asp.com/member/pictmail/form_create2/m-confirmForm.php?u_id=225303&f_id=370



◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇

100年後に誇れる教育事業をしよう。

 発行者 正田佐与承認マネジメント事務所代表 正田 佐与

◇―――――――――――――――――――――――――――――――――◇
このメールは転送歓迎です。