「ダークトライアド」という概念に出会って考え込んでいます。

 「ダークトライアド」とは人の邪悪な性質を表す3つのパーソナリティー。ナルシシズム、マキャベリズム、サイコパシーを総称して言います。

 このブログでは過去にナルシシズムに凝っていたりサディズムについても少し調べたりしました。
 「承認」という、明らかに善人の武器であるものを掲げて売るなかで、否応なしにそれにはまりきらない人格の人びとにも出会いました。

 「悪」が少しずつ現代心理学の力で明らかになっていきます。研究によればこうした邪悪な性質の持ち主は前世紀後半から今世紀初めにかけて少しずつ増えているそうです。若い人たちに増え、とりわけ女性の伸び率が高いそうです。
 (でも、犯罪発生率は減っているんですけどね。)
 「悪」は否応なくあります。またわたしたちの中にも「悪」を賛美し、魅力的だと感じる感性がたしかにあります。
 
 わたし自身は正直、「悪」については苦手意識をもっていました。できればお近づきになりたくないほうです。
ですが今は、「悪の性質」についてもっと知りたいと願います。
「悪」について理解することは、ひょっとしたら究極の「赦し」につながるのかも?と思いました。もちろん自分自身の欲得も希望も度外視することができれば、ですけれど。

 「ダークトライアド」については和文Wiki はいささか情報不足なので、英文Wikiを全訳してみました。(「続き」参照)
 元の記事が印刷して本文だけで10Pになる長文ですので、訳文も長文になります。誤訳等ありましたらご指摘いただければ嬉しく思います。
******************************************
以下、英文Wikipedia "Dark Triad"より。下線、太字は筆者。またところどころ行間にツッコミが入っています

ダークトライアド(Dark Triad)


 ダークトライアドは3つの人格特性に焦点を当てた心理学の概念である。その3つとは:ナルシシズム、マキャベリズム(英文ではmachiavellianismマキャベリアニズム)、サイコパシーである。「ダーク(暗い、暗黒の)」という語を用いるのは、これらの特性をもつ人々は邪悪な性質をもっているという含意がある。

 ダークトライアドに関する研究は応用心理学とりわけ法の執行の分野、また臨床心理学、ビジネスマネジメントで用いられる。これらの特性で高スコアになったものは犯罪を犯したり、社会的苦痛をもたらしたりする可能性が高い。またとりわけ組織のリーダー的立場にあれば、組織に重大な問題を発生させたりする可能性が高い(詳しくは職場でのサイコパシー、ナルシシズム、マキャベリズムを参照)。

 3つのダークトライアド特性はいずれも概念上は別々のものである。ただし経験的エビデンスによれば、これらは重複して現れる。これらは無慈悲で操作的な人間関係スタイルと関連する。

・ナルシシズムの特徴:尊大さ、プライドの高さ、利己主義、それに共感の欠如。
・マキャベリズムの特徴:他人を操作・搾取する、道徳規範への嘲笑と無視、自己の利益と人を欺く行為への熱中。
・サイコパシーの特徴:反社会的行為、衝動性、身勝手さ、思いやりのなさ、残忍さの継続的出現。


―マキャベリズムの人は人を搾取するのだ。「搾取する性格」って本当にあるんですね。日常生活のなかで、「それは搾取だ!」という言葉が被害者のあなたにひらめいたとしても、あなたが左翼的なわけではありません。
―心理学で「操作はいけない」「いや、よい操作と悪い操作がある」と時折論争になりますが、マネジメントという作業は操作のかたまりなので、そんなことを言っていられない。でもその人の性格に起因する悪質な操作というのはあるのかもしれない。たとえば自殺した角田美代子被告のような――


歴史
 グラスゴー・カレドニアン大学で行われた因子分析によれば、5つの人格特性(ビッグ・ファイブ)の中の「協調性」が低いことは、ダークトライアドと最も強い関連がある。また「神経症傾向」と「誠実性」の欠如はダークトライアドの一部の特性と関連した。

 1998年、McHoskey、Worzel、Szyartoは、正常なサンプルでのナルシシズム、マキャベリズム、サイコパシーは程度の差こそあれ取り換え可能だと主張し、論議をよんだ。Delroy L.Paulhus とMcHoskeyはその後のアメリカ心理学会(APA)会議でこの見方について論争し、科学文献の中で高まり続ける研究の熱気と質をさらに鼓舞した。Paulhus とWiliamsは、3つの特性の間に十分な行動上、性格上、認知上の違いがあることを発見した。これらは別々の構成物であることを示唆した。彼らは、これらがなぜ、どのように重複して現れるのかを解明するにはさらなる研究が必要だと結論づけた。


起源

  「氏か、育ちか(nature versus nurture)」という長い論争のたねになっていたテーマがダークトライアドに応用された。ダークトライアド特性の起源は何かを解明する研究が開始された。「ビッグ・ファイブ」の研究と似た方法で、ダークトライアド特性の成長に生物学(氏)と環境因子(育ち)の相対貢献度を調べるため、実証研究が行われた。
 研究者たちが性格に対する遺伝因子と環境因子の相対的影響度(加えてより一般的な個体差)を詳細に調査した試みの1つに、「ふたご研究」の名の大まかにグループ分けされた広汎な研究手法がある。例えば、あるふたご研究のアプローチでは、研究者らは一緒に育てられた一卵性(MZ)のそっくりのふたごを、一緒に育てられた二卵性(DZ)の、すなわち普通のきょうだいと同様のふたごと比較した。このデザインではどちらのタイプのふたごも一緒に育てられたので、どのふたごの組も100%共通の環境にあったとみなされた。一方、一卵性のふたごは100%共通の遺伝子をもっており、それに対して二卵性のふたごは50%しか遺伝子を共有していないわけである。このため、どの性格特性をとっても、一卵性のペアでの相関(環境と遺伝子いずれも100%共通する)を得たあと、そこから二卵性のふたごでの相関(環境を100%、遺伝子を50%共有する)を差し引けば遺伝子の影響度を得られるわけである。この差は遺伝子の影響度の50%を示すものであり、2倍にすれば、100%の遺伝子の影響度を示す数字となる。これは遺伝率(遺伝率係数とも呼ばれ、h2と表記する)の指標を得る1つの道筋である。同様に、MZ-h2は、共通の環境が及ぼす影響の推定値とみなすことができる。最終的に、個体差と環境は行動の総量の主原因であると考えられるため、h2の和および共通の環境の影響度を1から差し引くと、その答えは特異な、あるいはなんの共通性もない環境の影響度と同等になる。


生物学

 ダークトライアドの特性はいずれも、実質的な遺伝学的構成要素をもっていることがわかった。これまでに観察されたダークトライアド間の関連性およびダークトライアドとビッグ・ファイブ間の関連性は、遺伝子的な個体差に強く決定される。このうちサイコパシー(h2=.64)とナルシシズム(h2=.59)はいずれも相対的に大きな遺伝的構成要素をもち、マキャベリズム(h2=.31)の遺伝性はそれほど大きくない。


環境
 生物学的因子と比べ、環境因子の影響度は微妙であり、ダークトライアド特性の発達に関して個体差の原因をつくる程度は小さい。ただし有意な差をつくりだしてはいる。共通点のないあるいは特異な環境因子(上記「起源」の項の末尾に定義と数学的微分)の影響は、3つのダークトライアド特性における有意な分散値(ナルシシズム=.41、マキャベリズム=.30、サイコパシー=.32)をもたらす要因となっており、このうちマキャベリズム(r=.39)のみが、共通の環境因子に有意に関連することがわかっている。いずれもより具体的な研究が必要だが、一部の学者は後者の知見について、この特性(マキャベリズム)が前章でみたように比較的遺伝性の低い特性であることも併せ考えると、マキャベリズムは経験の影響をもっとも受けやすいダークトライアド特性であるということを示すと解釈している。マキャベリズムの可塑性という考えは少なくとも、遺伝因子に起因する相違が少なければ少ないほど他の因子に帰すべき相違が多いこととして理解できなくもない。ここで「他の」因子とは伝統的に環境因子または事実上、経験因子とよばれるものとされてきた。

―マキャベリズムは遺伝より環境由来なんだそうです。周囲にそういう人格の人が多くいてお手本を示しているとそうなる、ということですかね。「コン・ゲーム」とかね。


進化論

 ダークトライアド特性の発達の道具とよばれ、生物学的因子と環境因子の双方に影響を与えてきた可能性のある第3の説がある。それは進化説である。進化論的な行動はダークトライアド人格の発達の予測因子となるだけではなく、そうした性格の開花をも予測する。確かに、ダークトライアド人格を呈する人は社会できわめて大きな成功を収める。しかしこの成功は多くの場合短命に終わる。ダークトライアド特性をめぐる進化論上の議論の主なものは、交配(mating)戦略に重きを置く。この議論の焦点は生活史戦略(life history strategy)である。生活史戦略は、個体により繁殖戦略が異なると提起する。交配に重きを置いた戦略は「速い(放縦な)人生」戦略と呼ばれ、養育(parenting)に重きを置いた戦略は「遅い繁殖」戦略と呼ばれる。ダークトライアド特性は速い生活史戦略に関連することを示す証拠はいくらか存在するが、中には矛盾した結果もみられ、3つのダークトライアド特性のすべてがこの戦略に関連するわけではない。3つの特性をより詳細にきめ細かいレベルで分析することによってこれらの矛盾した結果を説明しようと試みる詳細な研究アプローチが行われている。研究者たちは、ダークトライアドの一部の構成要素は「速い人生」戦略に関連するが、他の構成要素は「遅い」繁殖戦略に関連しているとみる。

―速い繁殖と遅い繁殖。企業や野球チームにもありますね。育てないでよそからとってくるだけ、あるいは育てるのが得意。優秀な人をどんどん採用しては離職させる人材戦略というのもありますね。
―承認をするリーダーは明らかに「遅い繁殖戦略」のほうです。
―ただし彼らの中に二枚舌のマキャベリアンが紛れていないとも限らないと思います。IQが高くて長期的にはそのほうが繁栄するのだと理解でき、自分の不誠実に振る舞いたい衝動を抑えることができる人なら、承認と言う美徳を実践できるかも。


無症候性次元と(人格)障害

 一般に、臨床医はこれらの人格特性を病的なものとみなし、治療を必要とするものとして、また本質的に望ましくないものとして取り扱う。例:社会的に非難されるものとして、あるいは個人的に非生産的なものとして。しかしながら、適応的特性が非適応的特性を伴って現れることもあると議論する者もいる。上記に見たような進化論説では、ダークトライアドを異なる交配戦略を示すものとみなしているわけである。これらの特性の遺伝子プールの中での発生頻度から考えて、少なくとも局所的な適応ができるとみたほうがよさそうだ。

 これらの特性の日常的なバージョンは学生とコミュニティのサンプルでもみられる。日常生活を何とか送っている人々の中にも高いレベルのダークトライアド特性の持ち主がいる。研究によればこれらのサンプルは、社会的嫌悪行動の中でも攻撃性、人種差別やいじめとの相関があった。

 ナルシシズムはシグムンド・フロイドの著作の中で論じられている。またサイコパシーは、Hervey Cleckleyの1941年の著作The Mask of Sanityの中に臨床診断名として出てくる。一般集団として適切な自己評価アセスメントで記入してもらったナルシシズムとサイコパシーの1次元モデルがある現在、これらのダークトライアド特性は無症状のレベルまで研究が進んでいる。一般集団では、無症候性および臨床的なレベルのサイコパシーはそれぞれ約1%と0.2%と推定される。残念ながら、一般集団における無症候性および臨床的なレベルのナルシシズムの信頼できる推計値は存在しない。

―サイコパシーの人口比率。中野美代子氏は「日本人で約百万人はいるだろう」と見積もってましたっけ。ナルシシズムやマキャベリズムの人口比率も知りたいですね。


 実証研究という点では、サイコパシーは1970年代にロバート・ヘアおよびヘアの「サイコパシーチェックリスト(PCL)」とその改訂版(PCL-R)が登場するまで正式には研究されていなかった。ヘアはその著書’Without Conscience’の中で、サイコパスに自己申告方式で心理学的に重要な事柄を質問しても、正確な、バイアスのないデータは必ずしも得られないと述べている。しかし、最近はLevenson Primary and Secondary Psychopathy ScalesやPsychopathis Personality Inventory、自己申告式サイコパシースケールなど自己申告方式のツールを用いてサイコパシーを次元的領域まで研究する試みがなされている。

 同様に、ナルシシズムの評価は臨床面接が必要だったが、1979年にRaskinとHallの「ナルシシズム人格インベントリー(NPI)」が作られた。NPI以降、自己申告式の人格障害評価を試みるツールはいくつか登場した。加えて、「尊大な」ナルシシズムに対して「病的な」ナルシシズムを調べるツールが開発されたが、これはNPI式質問票を多くの点で支持する内容となっている。

 マキャベリズムはこれまで「精神疾患の診断と統計マニュアル(DSM)」のいずれの版にも精神疾患として掲載されず、完全に人格の構成概念として扱われてきた。(マキャベリズムの診断テストである)Mach-IVの初版は今も実証研究に最も広く使われている。


構成要素
 上記にみたように、ダークトライアド特性同士は概念的にも、また経験的にも重複する部分が多い。例えば、研究者たちによれば3つの特性はいずれも共感の欠如、対人関係における敵意、対人関係における攻撃性などの特徴が共通する。おそらく部分的にはこの重複のために、最近3つのダークトライアド特性を同時に調べようと試みるツール――Dirty Dozenやショート・ダークトライアド(SD3)――が多数開発されたのであろう。

 これらのツールの大半は質問票形式で、自己回答式または観察者回答式(たとえば上位者や同僚による評価)である。どちらの方式も、社会的に嫌悪される特性を測ろうと思うと、問題があることがわかっている。自己回答のさいに本人が嘘をつくよう動機づけられる可能性があるからである。ダークトライアド特性の評価、とりわけマキャベリズムについては、より特有の混乱が存在する可能性がある。人をだましたり操作したりすることに長けた人びとは、人からだます能力も操作する能力も低いと思われやすく、そのため不正確な評価を受ける可能性があるのである。

 こうした批判があり、かつダークトライアド特性間の共通点があることが認識されているのにもかかわらず、これらの構成要素は関連し、かつ別々のものであることが証拠で示されている。


マキャベリズム
 ニコロ・マキャベリの『君主論』が信奉する哲学にちなんで名づけられた特性である。この特性で高得点になった人は、皮肉屋で(疑い深いとか懐疑主義という意味ではなく、非道徳的な利己主義の感覚という意味で)、節操がなく、対人的な操作を人生の成功のカギだと考えており、状況に応じて(結果オーライで)動く(behave accordingly)。マキャベリズムのスコアは(ビッグ・ファイブの)協調性と負の相関をする(r=-.47)。また誠実性とも負の相関がある(r=-.34)。マキャベリズムはサイコパシーと有意に相関する。


ナルシシズム
 ナルシシズムが高得点になった人は、尊大で特権意識が強く、支配志向、優越志向を顕著に示す。ナルシシズムは外向性(r=.42)および開放性(r=.38)と正の相関があり、協調性と負の相関がある(r=-.36)ことがわかっている。ナルシシズムはサイコパシーと有意に相関することがわかっている。


サイコパシー
 サイコパシーはダークトライアドの中でも最も邪悪な特性である。サイコパシーが高得点になった人は、共感性の低さとともに、高いレベルの衝動性とスリルを求める行動を示す。一部の研究者はサイコパシーと反社会性人格障害の類似性に着目している。サイコパシーはすべてのビッグ・ファイブ性格因子との相関が認められている:外向性(r=.34)、協調性(r=-.25)、誠実性(r=-.24)、神経症傾向(r=-.34)、開放性(r=.24)。


集団差
 もっとも顕著な集団差は性である。多数の研究で、男性はナルシシズム、マキャベリズム、サイコパシーの点数が女性よりハイスコアになる傾向があった。ただし特性間および使用されたツール間で差の大きさは異なった。ナルシシズムに関連して興味深い知見の一つに――代表的でないサンプルに拠った知見であるが――こういうものがあった。男性は依然として女性よりハイスコアだが、1992年と2006年でコホートデータを比較したとき、性差が相当に縮小したというものである。上述の知見が示すことはより具体的には、大学生の男性女性ともにナルシシズムの全般的な増大がみられるものの、比較の上で、女性の平均的なナルシシズムの水準が男性のそれよりも大きく増大したということである。

―これは、元の論文を見てみたいですね。14年間で女性はどの程度ナルシスティックになったのだろうか。またそれはどういう面で主に発揮されたのだろうか。こちらでアブストラクトだけ読めます。『自己愛過剰社会』のトウェンギらの研究なので、本をよく読めば載ってるかも?なおこちらに『自己愛過剰社会』の読書日記がありますが、この論文のことはメモしておかなかったみたいです


 ダークトライアド特性の人種間差についての情報ははるかに少ない。現存するデータは全体的な母集団の代表ではない。例えば、2008年に大学生を対象に行われた研究では、白人はアジア人種と比べ相対的にナルシシズムの度合いが高かったという。同様に、やはり2008年に大学生参加者について行われた研究では、白人は非白人よりもマキャベリズムのスコアがやや高かった。サイコパシーについて民族間差があるか否かを調べるに当たっては、研究者らは異なる評価ツールを用いた(例:自己申告サイコパシースケール、サイコパシー人格インベントリー)が、どのツールでも人種間差は認められなかった。加えて、矯正施設入所者、薬物乱用者、精神疾患患者――サイコパシーの比率が概して高い群――における白人とアフリカ系アメリカ人のサンプルでは、サイコパシーの有意な差は見いだせなかった。要約すると、白人がナルシシズムとマキャベリズムの測定においてハイスコアになる傾向があるという証拠はわずかに存在するが、サイコパシーについて人種間差が存在するという証拠はない。

―白人のほうが平均してややナルシでマキャベリアン気味という結果になりました。


 ダークトライアド特性の世代的またはコホート間の差を分析するうえで焦点となった変数はこれまでナルシシズムだった。これはいわゆる「ジェネレーション・ミー」つまり「権利意識の高い世代」が、上の世代より高いナルシシズムの度合いを示すだろうとの仮説に基づくものである。確かに、1979年から2006年の間に16,000人以上の米国の大学生から集められた自己愛人格インベントリーの回答の分析に基づき、ナルシシズムの平均レベルは時間につれ上昇していることが結論づけられた。各大学キャンパスにおける変遷を分析したフォローアップ研究でも同様の結果が得られた。TrzesniewskiとDonnellan(2010年)はこれと矛盾する証拠を提示した。それによれば気質または行動の戦略に世代間で大きな変化はないと論じた。ただし、かれらも現在の世代はより信頼性が低くより皮肉屋であると述べており、ふたつの変化はマキャベリズムのレベルの上昇を示しているとみられる。

―『自己愛過剰社会』では現代の若者のほうがはっきり自己愛の度合いが高いと言っていますね。どちらが本当かな。またマキャベリズムのレベルが上昇というのは、デジタルネイティブ世代にはありそうなことに思えます。こちらの記事など参照
>>『信頼はなぜ裏切られるのか』をよむ◆宗修金のせいでウソをつく、ネットのせいでウソをつく、信頼を損なう4つのしぐさ

諸相

職場
 オリバー・ジェームスは、ダークトライアド人格特性のそれぞれが概して職場に広くみられることを明らかにした(職場におけるマキャベリズム職場におけるナルシシズム職場におけるサイコパシーも参照)。Furnham(2010年)はダークトライアドはリーダー的立場や対人的影響力の獲得に関連があることを示した。ダークトライアドと職場のアウトプットに関するメタアナリシスでは、ジョナソンとその同僚らは(2012年)、ダークトライアドの各特性は職場での操作に関連するが、それぞれに異なるメカニズムでそうなることを発見した。具体的には、マキャベリズムは操作における過度な魅力の使用と関連した。ナルシシズムは身体的な外見の使用と関連した。サイコパシーは身体的な脅しと関連した。ジョナソンと同僚らはこれに加え、ダークトライアド特性は異性関係と職場の操作をフルに仲介することを見出した。ダークトライアド特性は上級管理職やCEOにかなり多数みられた。

―自分の性的魅力を武器にときには権力者の愛人になりながらのし上がっていく人、というのはダークトライアドの人と思っていいんでしょうか…人と話すと各職場で思いのほかそういう人が多いようなのでびっくりします


インターネットの荒らし行為
 最近の研究によれば、荒らし行為の主とされた人々はダークトライアド人格特性をもつ傾向があり、サディズム、反社会行為、サイコパシーおよびマキャベリズムの兆候を示した。2013年のケーススタディーによれば、反社会行為とネット上の炎上荒らし行為の間には多数の類似点がある。また2014年の調査では、荒らしとはインターネット上の日常的なサディズムの発現である。いずれの研究でも、荒らしは青年か成人かを問わずいじめと関連していた。

―たしかにその種の行為にうつつを抜かす人はいてますね


交配戦略として
 ダークトライアド人格特性を呈する人々は性急な交配戦略をもち、一般人より多くのセックスパートナーをもち、不特定多数の人とのセックスに対して肯定的な姿勢をみせ、短期的なパートナーに求める基準が低く、他人のパートナーを盗んだり横取りしたりする傾向があり、薬物使用はよりリスクの高い方法で行い、後でもらう大金よりすぐにもらえる少額のお金のほうを好む傾向があり、セルフコントロール能力が限られておりADHDの出現頻度が高く、割り切ったゲーム感覚の恋愛スタイルをもつ。これらの特性は「速い生活史戦略」の一部とみなされている。「速い生活史戦略」とはすなわち人生全般にたいする、また仕事における搾取的、機会主義的、変幻自在のアプローチとして成立したものと考えられる。


外見
 いくつかの学術研究によれば、ダークトライアド人格をもつ人々は、一見して平均よりも少し良い外見だと判断されるという証拠がある。うち2つの研究では、その原因はダークトライアド特性をもつ人々は自分の外見により多くの努力を投下するためであり、かれらがブランド服を脱ぎメイクを落として「ドレスダウン」すれば、魅力の差は消えると述べた。別の2つの研究では、ナルシスティックな被験者は「見た目がよい」と判定されたが、他の2つのダークトライアド特性、マキャベリズムとサイコパシーは外見との相関はなかった。

―うーんそうかなあ。けっこう経験的には、うまれつきの見た目がよい人はナルシシストになりやすく、ドレスダウンしても見られる外見なんじゃないかと思ったりしますが、、、一方でそうでない外見のナルシシストの方もたしかにいらっしゃいます

関連する概念
ビッグ・ファイブ
 人格の5大因子モデルは、ダークトライアド全体および各ダークトライアド特性と有意な関連がある。ダークトライアド全体は、「協調性」と「誠実性」の両方に負の相関がある。より具体的には、マキャベリズムは人間性について懐疑対信頼の見方をもつことがうかがわれ、この特性は協調性特性の副尺度である「信頼」の項目からも捕捉できる。「外向性」は、主張性、支配性、自己重要感といったナルシシズムと類似した面をもっている。ナルシシズムは「誠実性」の達成努力および有能性の側面と正の関連がある。サイコパシーは「誠実性」の中の項目である忠実性や慎重さの低さに最も強く相関する。


正直さ‐謙虚さ
 HEXACO人格モデルの「正直さ‐謙虚さ」因子は真摯さ、公正さ、貪欲回避、奥ゆかしさを測るのに用いられる。「正直さ‐謙虚さ」はその最低レベルのところでは反社会行為を、また対照的に最高レベルのところでは向社会行為を表し、これらは理論的にも強くダークトライアド特性に関連づけられる。同様に、すべてのダークトライアド特性は「正直―謙虚」と負の相関をする。個人的な利益のために他人を操作したり搾取したりする傾向をはじめとする3つの特性の概念的な重なりは「正直さ‐謙虚さ」因子の負の極を描く。ダークトライアドや「正直―謙虚」が低得点であることの好ましい効果はおおむね個人的なレベルで起こる――いいかえれば利益はその特性の持ち主にのみ返ってくる(例、交配戦略の成功、リーダー的立場の獲得)のであり、広く他人や社会には返ってこない。しかし、「正直さ‐謙虚さ」が低得点であることの1つの正の転帰は、その個人に利益をもたらしているのではあるが、間接的に社会にも恩恵をもたらすことである。すなわち社会の創造性にである。Silviaと同僚ら(2011年)は、「正直さ‐謙虚さ」の得点が低い人びとは創造性が比較的高いことを見出した。

―創造性と「正直さ‐謙虚さ」は両立し得ないトレード・オフ関係なのか。なんだか正直でいることがばからしくなってしまいますね。しかし創造性が評価されて成功を収めるのはほんの一握りですからね・・・


ダークテトラアド
 ダークトライアドの定義を拡張して第4のダークな特性を含めようと示唆する研究者もいる。日常的なサディズム――残虐性を楽しむ形質と定義される――は最も一般的な追加項目の候補だ。サディズムはダークトライアドとの相関が高いが、研究者らによるとサディズムはダークトライアド以上に反社会行為の予測因子になるという。このほか境界性人格障害と高い地位からくる危険追求的態度も追加項目の候補に挙げられている。

―普通に考えたらやっぱりサディズムが関わる犯罪は多いですよね。またパワハラも、加害者は理性より自分の性向を優先しちゃうんだと思いますね


脆弱なダークトライアド
 「脆弱なダークトライアド(VDT)」は3つの関連しあい類似しあう要素からなる:脆弱なナルシシズム、サイコパシー第2
因子(注:サイコパシーの第1因子は共感性・良心の呵責・罪悪感の欠如、利己的といった情動的障害を表し、第2因子とは衝動性、長期的な展望の欠如、非行歴などの社会的逸脱といった行動障害を表す)、それに境界性人格障害である。これら3つの要素は互い同士が有意に関連し、同様の法則的ネットワークを呈する。VDTをもつ人びとは負の情動性と敵対的な対人関係スタイルをもつが、さらに内向性と脱抑制にも関連づけられる。

―「弱者版ダークトライアド」というか内向的陰々滅々の人というか。従来存在することはわかっていたけれど名前のついていなかったカテゴリです。新しい集団に名前がつくとちょっとうれしくなりますね(!?)


*******************************************

 「ダークトライアド」英文Wikipediaの全訳(注釈部分を除く)は以上です。

 マキャベリズムについてかねて考察しなければと思っていました。
 マキャベリズムで成功体験をもってきている人は、「承認」などという馬鹿正直なものを習得したくなくなるだろうと思います。市販のリーダーシップの本にも、「マキャベリズムのすすめ」的なものが少なくありません。

 しかし、いくら乱世でも虚々実々の駆け引き「だけ」で部下を率いてやっていけるわけではありません。むしろより多くの場面で、「承認」的であることが求められるだろうと思います。「承認、時々マキャベリズム」ぐらいの比でよいはずです。
 真性マキャベリアンも聡明な人ならそのことに気づくと思うのですが、残念ながら「マキャベリズムのすすめ」のほうがかっこいいですし、気づくのにどれぐらい時間がかかりますかねえ。。。