正田佐与の 愛するこの世界

神戸の1位マネジャー育成の研修講師・正田佐与が、「承認と職場」、「よのなかカフェ」などの日常を通じて日本人と仕事の幸福な関係を語ります。現役リーダーたちが「このブログを読んでいればマネジメントがわかる」と絶賛。 現在、心ならずも「アドラー心理学批判」と「『「学力」の経済学』批判」でアクセス急増中。コメントは承認制です

カテゴリ:コーチング関西 > CK2006

友人と会食。

先日の「コーチング関西」での正田のしゃべりかたについて、きびしいご意見をいただきました。

・・といっても、ホンワカ受容的なスタンスの中に

「どうしてもこれは伝えたい」

というかんじで、意見を言っていただいた、ということですけど。

よっぽど、正田のしゃべり方というのは、友人をはらはらさせてしまったみたいです。続きを読む

「チーム・CK2006」は、今年も優秀なスタッフに恵まれました。

どなたからお話ししたらいいでしょうか・・。やはりこの人たちでしょう。カウンセラーの田村繁樹さんと、ITインストラクターの岩川弥生さん師弟。

田村さんが、スペル・デルフィンさん出講の発案者であり、橋渡しに大きく尽力されたことは1つ前の日記で触れました。


それだけでなく、今年はイベントで一番大変な「集客」についても、大きな働きをされました。続きを読む

大詰めで資料作成をしています。

何って、21日にやるCOACHING KANSAI 2006(コーチング関西)のことです。


予定入場者はスタッフを含め96名と、「100」の大台がみえてきたところです。

3桁になると、ちょっと格好がつくかな。(こらこら)続きを読む

きのうは、螢咫璽競狢緝充萃役、中本渉先生主催の「ほっとゼミナール」へ。

梅田ハローワークの方が講師で、就職市場の現状や採用になる履歴書の書き方などをお話され、たいへんためになりました。

最後にまたミニプレゼンをさせていただき、そこで「マーケティング失敗談」を披露しました。


このブログではまだ書いてなかったので、書きます。

続きを読む

朝6時、ひさびさにウォーキング。

向こうから歩いてきた、いつも挨拶する老婦人が

「ごらんなさい、虹が出てますよ」

と教えてくれた。
会話したのは、初めて。

最近はウォーキングのときに、
「できるだけ自分から会う人に挨拶する」
というのをしているのでした。

そういう自分との約束を決めてしばらくして、
ビジネスマナーの講座で「自分から挨拶する」ということを
言われたので、
「共時性」
というやつだなあ、と思いました。続きを読む

こんどは経営者団体の<播磨>の代表世話人のかたに了解をとって、FAXがけをする。

優しい方で、

「私の了解を得てFAXしています、と書いていいですよ」

と言ってくださった。

うえ〜ん。←条件反射でなけそうになります続きを読む

目が覚めると、

「COACHING KANSAI 2006」のイベントページができていました。

http://www.coachingkansai.com

紙のチラシのデザインをベースに、(有)ファブリーの村岡正司さんがデザインしてくれました。

チラシには間に合わなかった、スペル・デルフィンさん出演のお知らせもばっちり。


ネット経由でお申し込みがいっぱい来るといいな。続きを読む

気持ちが、ほんわか、ほんわか、しています。

「チーム・CK2006」のメンバーさんに、

「スペル・デルフィンさん出演決定おめでとう!!」

って、言ってもらったから。

一緒に喜んでくれる仲間がいるって、うれしいこと。
続きを読む

むちゃくちゃ暑いです。

むかし、
学校を出て初めて就職した先は、
報道をする会社、マスコミだった。

3年半の在社中にはけっこう色んな取材先を経験させてもらい、
今から考えると恵まれていたと思う。

時間の順序でいうと

外信部(内勤)、警視庁、環境庁、広島市役所、大学・病院(主に臓器移植)、広島県警、司法(裁判所・検察・弁護士)

そんななか、
どんどん違和感がつのっていったのは、続きを読む

「関西には、いいコーチ型リーダーは少ないなあ〜」

・・と、思っていたことを、お詫びしなければなりません。


ホテル・トアロード 支配人の永末春美さん。

「大学では保育を学んだ一OL」が、30歳からホテルビジネスに入り、従業員のモチベーションアップと業績のV字回復に貢献しました。

その模様は、「情熱と感動の仕事術」「組織再生はモチベーションから」に詳しいです。


その永末さんが、「COACHING KANSAI 2006」に午後のパネリストとして出席してくださることになりました。続きを読む

日曜の朝、CLSフェロー会議をした。

私からは「COACHING KANSAI 2006」の準備状況を報告、

それについてフェローの皆さんが具体的なアイデアを出してくださり、やることをどんどんメモしていった。

続きを読む

このページのトップヘ