正田佐与の 愛するこの世界

神戸の1位マネジャー育成の研修講師・正田佐与が、「承認と職場」、「よのなかカフェ」などの日常を通じて日本人と仕事の幸福な関係を語ります。現役リーダーたちが「このブログを読んでいればマネジメントがわかる」と絶賛。 現在、心ならずも「アドラー心理学批判」と「『「学力」の経済学』批判」でアクセス急増中。コメントは承認制です

タグ:フィードバック


永遠の学びの世界、というものの存在を、このブログの読者の皆様は信じていただけるでしょうか。


旧CLS副代表を務め、今もNPO法人企業内コーチ育成協会の理事に就任したO氏。


私にとっては気心知れた「盟友」なのですが、かれが先日、「コーチング講座基礎コースB」に参加しました。



コーチング学習歴6年以上のO氏にとって、傾聴・承認・質問の「基礎A」の内容は、ほぼ体に染みついたお手のもの。日々、部下とのやりとりで使いこなしています。


もっとも、専門は経理であり、経営診断のような分野の勉強もし、決してコーチング一筋というわけではない。朝10時からほぼ日付が変わるまでの間、人材派遣会社の役員・マネージャーとして過ごし、部下の相談に乗ったり自分で資料作りしたり証券会社や監査法人とつきあったり、会議に出たりということをしています。

そういう毎日なのですが、「自分のベースはコーチング」というかれの確信は不思議と揺るがず、こうしてNPOの理事に返り咲いたり講座に出たりしているわけですが…、


そのO氏、「アサーション・フィードバック・叱り・強み発見・その他」という、当協会の基礎コースBに出席して言ったのが、

「ああ、新しい勉強をしました。

また、自分ではできてると思っていたところが弱ってきているのもわかりました。改めて勉強して良かったです」


O氏はもともとポジティブで、「貢献」に価値を置く、ソーシャルスタイルでいうとPとFの複合かなという性格なのですが、

(そういう性格でもないと正田と長年歩調を合わせられない?)


「承認」を比較的得意とする代わり、ネガティブな指摘をする、「フィードバック」や「叱り」などはどちらかというと苦手。


今回「基礎B」の受講で、「自分はフィードバックが苦手なんだとわかりました」と発言。

ただし、部下でこのところ成長に足踏みして十合目のうち二合目あたりで止まっていた女性には、

「まだ二合目だよ」

というフィードバックを最近かなり強くやり、

その後彼女は再度、十合目を目指すイメージを持つようになってきた、といいます。



そのあたりのもろもろの感覚について、O氏いわく

「今もコーチングは日々使っている。

この瞬間はこのスキル、次の瞬間はあのスキル、と無意識に使っている部分があるし、

うまくいかなかったケースをふりかえると、『あ、あのスキルを使ってなかったからだよな』と気づいたりする。

今回久しぶりの講座でまだ知らない、できてないスキルがあることがわかった。

また、できてると思っていたスキルも弱っている部分があった。

ずっと続く学びですね、これは」




たぶんそれは正直な言葉なのでしょう。


脅したいわけではないけれど、

コーチングをやめてしまうといきなり業績も下がるのも経験ずみ。

スポーツのようなもので、常に磨きつづけていないと落ちてしまうのでした。


O氏は、コーチングの専門家でなく、現場密着で、
「自分の最優先は(役員の)仕事」と言い切りながら、
6年にわたって地道にコーチングをやり続けるといううえにおいて、

私にとっては尊敬する友人なのでした。


そして今回また、

褒める・認める・叱る が人を伸ばすうえで有効とわかったうえで、

それを一つの人格に集約してやり続ける企業内コーチってどうよ、

と思いはまたそこに行くのでした。


「脳にいい人の育て方」などは、ハウツーとして出回っています。

でもそれを現実にやり続けることができるのはどんな人格の持ち主なのか。


ハウツーを切り売りして、「さあ、やれ」というのは本当に人道的なのか

…なんていう書き方をすると、また正田は戦闘的で、とお叱りを受けそうなのですが。


おととい、きのうと2日間神戸国際会館で講座をし、

すっかり「へたっ」となっていました。


この土日は、いわば「叱り方」の講座でした。


コーチングの「承認」(ほめる、認める)を学ばれた方を対象に、

次の段階、「フィードバック(=厳しい指摘)」や「叱る」をするにはどうするか、

というのをお伝えしました。


直前まで、うんうん頭をなやませながら作りました。

本を書く人は、その点気が楽なんじゃないかな〜と思います。

受け取り手の顔が見えませんから。


講座でお伝えするのは、皆さん本気で学びにこられるので

翌日から、その内容をほんとに職場で実践されるかもしれない。

こんなふうに教えたら、現実にどんなことが起こってしまうだろう。

そういうことを考えると、心配しだしたらきりがなくて

テキストをああでもない、こうでもないと書きなおします。


受講生の皆さん

「疲れた」

と言いながら、

さいごは

「楽しかった」

と、帰っていただきました。


「強み発見」とか、楽しいコンテンツもいっぱいしたんだけど、

やっぱり「叱る」のところをそのあとどうされたか

すっっごく気にかかる。

皆さんにとってその部分が重〜くのしかかっているのが

伝わりました。



あ〜、今回は完全に写真をとり忘れた。


写真なしのブログになりました。




講座の1日目と2日目のあいだの時間、2日目日曜の朝に
三宮のおそうじボランティアに行ったら、
同仁広大の院長先生に会いました。

竹ぼうきをいっぱい持ってこられました。

このページのトップヘ