正田佐与の 愛するこの世界

神戸の1位マネジャー育成の研修講師・正田佐与が、「承認と職場」、「よのなかカフェ」などの日常を通じて日本人と仕事の幸福な関係を語ります。現役リーダーたちが「このブログを読んでいればマネジメントがわかる」と絶賛。 現在、心ならずも「アドラー心理学批判」と「『「学力」の経済学』批判」でアクセス急増中。コメントは承認制です

タグ:企業内コーチ


今月17日に予定している「企業内コーチ事例セミナー」について、スピーカーの1人大前さんと打ち合わせ。


http://c-c-a.jp/koza/caseseminar0417.html 


 会社が売上4億の時から、20億になった現在まで、大前さんの率いる経理部は同じ人数でやっている、という。


 1人当たり生産性としては、2倍という数字も出ています。


 これは、著書『認めるミドルが会社を変える』にありましたように、こまめに改善提案を上げさせていることの積み重ねだという。


 間接部門のコスト減を考えたい企業様には、お勧めしたいところです。


 大前さん個人に対しては、これは当協会の「基礎コースB」と「応用コース」で恒例のフィードバックシートに書かれたことですが、

 
「部下の意見を尊重して採用してくれる」

「自分で考えることの重要性を認識させてくれる」


 と、部下からのコメントがあります。


(一方で「机を片付けろ」という声もあり…同病相憐れむ…^^;)



 今回新しくきいた大前さんの話としては、


「部下の能力アップとはどういうことだろう、と考えたとき、ヒューマンスキル(対話力とか対人能力とか)とテクニカルスキル(仕事の遂行能力とか)の両面があって、そのバランスを欠いた成長はぼくは評価しない。両方バランスよく成長したときに成長として評価する」


「ミスは起こる。これまでクライアントのところに頭を下げにいったことも何回かあるが、致命傷にはなっていない。ミスが起きたら、『あ、原因と対策考えてメールして』という。それが部下が自分で考えることに役立っている」



 こういう話も、字にすると当り前のことを言っているようだけど、生身の人間が肉声で言う、その空気を分かち合うことに価値がある、と私は思うんです。



 当方からの要望として、


「『モチベーション』とか『コミュニケーション』といったカタカナ語をできるだけ使わないでほしい。『やる気』もダメ。きいた人が思考停止しちゃうから。

 もし使うときは、日本語での言い替えをし、そのあとの話では日本語のほうを使ってほしい」


 事例セミナー、さあ、どれだけの人が来てくれるでしょうか…。

 来た人全員がHappyになってくれますように。


 http://c-c-a.jp/koza/caseseminar0417.html



 
 
神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp


 とうとう。
 コーチング講座・応用コースも最終回です。


 講師はわたくし、正田であります。



 各界のリーダーについて振り返りながら、


「リーダーは残酷なぐらい、人から欠点をほじくられる職業だ!」


 ということで、「涙の?謝罪会見」をやらされるやら、



安藤氏会見1


安藤氏会見4





 自分の欠点をかかされるやら・・・、


 つらい目にあわせてしまったのだけれど、


 受講生さんからは


「おもしろかった」


と、いっていただき・・・、


 すばらしい受講生さんにめぐまれ、しあわせでした。


 皆さん本当にありがとうございました。




安藤氏授与


大前氏授与


和也氏授与


正木氏授与



横山氏授与



 受講生さんがたは、「ひきつづき学びたい」と、自主勉強会をたちあげられるそうです。


「期をこえて交流したりいっしょに学びたい」と、オオマエさんはいっています。


 がんばれ、がんばれ。



 これを言うとびっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、


 NPO法人企業内コーチ育成協会の前身の任意団体、企業内コーチ育成団体コーチング・リーダーズ・スクエア(CLS)の、初代の顧問は、故鬼塚喜八郎・(株)アシックス元会長でした。


 
 不思議なご縁で、当団体の意図していること、育成してきた人物像、成果などをお話すると、顧問就任を快諾してくださったのです。



 鬼塚会長は、2006年のCLS主催のイベント「コーチング関西」の午前の部に基調講演され、そのあと午後の部も残って企業内コーチたちによるパネルディスカッションまでご覧になり、


「コーチングはわれわれの若い頃にはなかったが、素晴らしいものですね。感動しました!」


 と、言っていただいたのでした。



 教え子がほめられ正田はまたウルウル〜♪



 その当時から、「コーチング」といってもアメリカ生まれの「コーチング」に少し違和感をもち、


 日本人本来の良さである誠実さや思いやりをベースにしたもの、また武士道精神のような倫理性を加味したものを志向していたのでした。


 武田建・関学名誉教授のいわば「古武術のようなコーチング」を講座プログラムに取り入れているのもそれがありますし、

 現顧問である太田肇・同志社大学教授の提唱される「承認論」も、太田教授のオリジナルで、「日本発の組織論」として各国語に翻訳されています。



 また、現実に企業内コーチたちはそれで「異常値」とも呼べるような成果を挙げてしまっているのでした。



 思い切って、自分たちのやっていることを「コーチング」と呼ぶのをやめ、「企業内コーチ育成」と、よぶことにしたいと思います。


(もちろん、中身のコア技術は「コーチング」というコミュニケーション手法で間違いないです。しかも「コーチング」としても非常に正統的な「コーチング」をやっています。検索で「コーチング」でもヒットするように工夫したいと思いますが…、)



 「企業内コーチ育成」にはどんな特徴があるかといいますと、
 

■日本人の標準的な人格モデルに合ったもの。具体的には「承認」のスキルが大きなウエートを占める

■自分に厳しく、他人に寛容に という、日本古来のリーダー像に合ったものである。リーダーは自制的でなければならない。

■ある程度しっかりしたスキル習得が必要。研修の時間数や継続性、期間がカギ



 高い要求をしているようですが、実際にはこのやり方で習得し、「企業内コーチ」になっていただいたとき、日々の現実の事象に効果的に働きかけをし、プラスの変化を起こすことができるので、ご本人も「楽しい」ようです。


 中途半端な研修で、

「なあんだ、コーチングなんてセミナーだけのもので、有効じゃないじゃないか」

と、がっかりさせるよりも、相手の人生を本当に思いやっているといえると思います。

 だってこれに代替する手法というのは残念ながらないですから…。


 先日は、受講生さんからのメールで

「部下から『あのとき涙が出そうになりました』と感謝されました。正田さんのエネルギー源はこれなんですね」


 とあり、ああ少し受講生さんも幸せになってもらった、とまた嬉しかった正田でした。



 当協会では1日研修はしていません。1日でコーチングの(当協会でいう基礎コースAの)傾聴・承認・質問といった基本スキルを伝えたとき、色々と好ましくないクレームや問題につながりやすいようです。


 非営利団体をしていますと、色んなことが耳に入ってきます。
 あまりネガティブなことは書きたくないので詳述はしません。


 
 せっかく非営利で教育事業をしている、なんのためにしているんだ、と問いなおしたとき、社会的責任としてお客様の利益になることをやっていきたいのです。



 
神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp 


 


永遠の学びの世界、というものの存在を、このブログの読者の皆様は信じていただけるでしょうか。


旧CLS副代表を務め、今もNPO法人企業内コーチ育成協会の理事に就任したO氏。


私にとっては気心知れた「盟友」なのですが、かれが先日、「コーチング講座基礎コースB」に参加しました。



コーチング学習歴6年以上のO氏にとって、傾聴・承認・質問の「基礎A」の内容は、ほぼ体に染みついたお手のもの。日々、部下とのやりとりで使いこなしています。


もっとも、専門は経理であり、経営診断のような分野の勉強もし、決してコーチング一筋というわけではない。朝10時からほぼ日付が変わるまでの間、人材派遣会社の役員・マネージャーとして過ごし、部下の相談に乗ったり自分で資料作りしたり証券会社や監査法人とつきあったり、会議に出たりということをしています。

そういう毎日なのですが、「自分のベースはコーチング」というかれの確信は不思議と揺るがず、こうしてNPOの理事に返り咲いたり講座に出たりしているわけですが…、


そのO氏、「アサーション・フィードバック・叱り・強み発見・その他」という、当協会の基礎コースBに出席して言ったのが、

「ああ、新しい勉強をしました。

また、自分ではできてると思っていたところが弱ってきているのもわかりました。改めて勉強して良かったです」


O氏はもともとポジティブで、「貢献」に価値を置く、ソーシャルスタイルでいうとPとFの複合かなという性格なのですが、

(そういう性格でもないと正田と長年歩調を合わせられない?)


「承認」を比較的得意とする代わり、ネガティブな指摘をする、「フィードバック」や「叱り」などはどちらかというと苦手。


今回「基礎B」の受講で、「自分はフィードバックが苦手なんだとわかりました」と発言。

ただし、部下でこのところ成長に足踏みして十合目のうち二合目あたりで止まっていた女性には、

「まだ二合目だよ」

というフィードバックを最近かなり強くやり、

その後彼女は再度、十合目を目指すイメージを持つようになってきた、といいます。



そのあたりのもろもろの感覚について、O氏いわく

「今もコーチングは日々使っている。

この瞬間はこのスキル、次の瞬間はあのスキル、と無意識に使っている部分があるし、

うまくいかなかったケースをふりかえると、『あ、あのスキルを使ってなかったからだよな』と気づいたりする。

今回久しぶりの講座でまだ知らない、できてないスキルがあることがわかった。

また、できてると思っていたスキルも弱っている部分があった。

ずっと続く学びですね、これは」




たぶんそれは正直な言葉なのでしょう。


脅したいわけではないけれど、

コーチングをやめてしまうといきなり業績も下がるのも経験ずみ。

スポーツのようなもので、常に磨きつづけていないと落ちてしまうのでした。


O氏は、コーチングの専門家でなく、現場密着で、
「自分の最優先は(役員の)仕事」と言い切りながら、
6年にわたって地道にコーチングをやり続けるといううえにおいて、

私にとっては尊敬する友人なのでした。


そして今回また、

褒める・認める・叱る が人を伸ばすうえで有効とわかったうえで、

それを一つの人格に集約してやり続ける企業内コーチってどうよ、

と思いはまたそこに行くのでした。


「脳にいい人の育て方」などは、ハウツーとして出回っています。

でもそれを現実にやり続けることができるのはどんな人格の持ち主なのか。


ハウツーを切り売りして、「さあ、やれ」というのは本当に人道的なのか

…なんていう書き方をすると、また正田は戦闘的で、とお叱りを受けそうなのですが。


 きのうこのブログで話題にしたC・イーストウッドの「グラン・トリノ」について、再度。


 イーストウッド作品には「師弟関係」というテーマが繰り返し出てきます。比較的最近のでは、老トレーナーが女ボクサーを育てる「ミリオンダラー・ベビー」という映画には、親子ともども号泣しました。


 「グラン・トリノ」でも、隣に越してきたモン族の、しつけの良い、でも何をしたらいいかわからない、父親と死に別れた少年に、元フォードの自動車工の老人が、家の修繕の仕方を教え、工具の使い方を教え、少年の目が輝きだします。

 仕事がない、セールスでもしようかなという少年に、


「建設現場で働いてみるか?俺の友人のところを紹介してやるぞ」

「え〜、建設?」

 このとき少年は決して乗り気そうではありません。どうやら本当にやりたいことはほかにあったのかなと思わされるのですが、


 老人にあいさつの仕方を教えられ、建設現場の主任に紹介され、そして工具店でヘルメットや工具を見繕ってもらうと、


 背筋が「しゃん」と伸びます。街を歩いていても、腰回りにつけた工具がガンマンの拳銃のようです。


 内容はどんなものでも、仕事をするということが一人前の人として認められることであり、そのことの前には本人の願望として何をやりたい、ということはさして大きな問題ではない、と言っているかのようです。


 あるいは、セールスという「虚業」よりはウソのない「ものづくり」を、という、イーストウッドの価値観の反映だったかもしれませんが。


(営業職の読者のかた、もし気をわるくされたらごめんなさい。誠実なやりかたでの営業職もあることはよく知っています)
 続きを読む

このページのトップヘ