正田佐与の 愛するこの世界

神戸の1位マネジャー育成の研修講師・正田佐与が、「承認と職場」、「よのなかカフェ」などの日常を通じて日本人と仕事の幸福な関係を語ります。現役リーダーたちが「このブログを読んでいればマネジメントがわかる」と絶賛。 現在、心ならずも「アドラー心理学批判」と「『「学力」の経済学』批判」でアクセス急増中。コメントは承認制です

タグ:感情


 このところ小著『認めるミドルが会社を変える』の話ばかりしていたのだけれど、今日は別の話題です。


 正田は、コーチングの他流派と「ご一緒」するのを嫌うので、「新興宗教みたい」と言われることもあります。


 ふだん社会の中の良識ある方々に支援していただいているにも関わらず、一方でこうした批判も浴びることに申し訳なく思ってきたのですが、


 他流派とご一緒することを嫌う背景には、こういうものがあります。


1)「エスリンでうまれたものと日本」
http://blog.livedoor.jp/officesherpa/archives/51344385.html


2)「続・エスリン研究所―実験と成功と失敗の歴史」
http://blog.livedoor.jp/officesherpa/archives/51344817.html


 正田が色々とコーチングの諸流派に足を運んで実際に学んでみた結果、
「たもとを分かちたい」と思った理由は、
1)にあるように、
それらの流派がこの「エスリン研究所」やそれに近い系統の心理学、
あるいは60年代的ヒッピー文化の中のワークショップ文化、
の流れを汲む匂いがしたからであります。


 著書には、そういったきなくさい話は書いておりません。

 ただ、私が「この人は正しい」と思った先達の方々について書いているだけであります。


 そして、じゃあ考え方が違っても「ご一緒」ぐらいしたっていいじゃないか、と思われるかと思いますが、


 それができない理由が2)であります。


 理性と感情の両方を重んじるマズローが自分のワークショップで話をすると、感情中心主義のフリッツ・パールズがマズローをあざけり、獣のように床を這いまわる。
 マズローは話を続けられなくなる。

・・・

 このエピソードは、端的に、「理性と感情」の流派の人と「感情中心」の流派の人が出会ったときに起こりがちなトラブルを表していまして、


 実は私自身も、これにちかい現象になんどか遭遇してきました。

 スマートで世間の規範を超越しているようにみえる「感情重視」の流派の方々は、些細なきっかけから不作法になり、「感情も理性も大事」「倫理も大事」という無骨な正田をあざけるようになります。


 …というのは、少し長くこのブログを読まれた方はお気づきでしょう。


 このエピソードに私自身をなぞらえることは、「私はマズローね」と言っているようなもので、面映ゆいのですが。


 これは、薬の飲み合わせ といいますか、異なる(とはいってもほんとうは差異はそれほど大きくなく、隣接するというか近親憎悪的なものです)流派が同席したときに起こりやすいトラブルです。


 実際にこれが起こり始めると、おさめるのはたやすいことではありません。


 …というのも、このブログを読まれた方はご覧になっていると思います。正田も、こういうライブの局面では何度もみっともなく「ヘタを打って」います。

 
 簡単に言えば、異種格闘技で禁じ手のないタイプの競技のほうが、禁じ手の多い競技より有利なのです。


 別に正田がみっともないのはそれほど問題ではないんですが、問題はそれが受講生様の不利益につながる、ということであります。


 「理性と感情の両方」を重んじる人をあざ笑う場に身を置き、そのマジョリティの空気に暴露すれば、当然その人たちはその後の人生において、にどと「理性と感情の両方」を重んじることなどできないでしょう。それは、大きな損失につながります。



 なので、事前にわかっていればできるだけ回避するのが一番。

 「ご一緒しない」のが一番なのであります。


私の考えでは、「頭だけでものを考える」ことに偏っている人に対しては「感情」の重要性を言うことは大事。
 MBA的な教育をどこかで受けてきて、論理一本やりの(そして周囲に対して説得力のない)話をする人には、とくに大事かもしれません。


 でも、「感情」が重要なのはあくまで「程度問題」であります。



 たとえば私たちの人間社会がいろいろ問題はありながらもそこそこきちんと運営されているのは、そこにルールがあり規範意識があり、また幼いころから「倫理」を教えられそれが「職業倫理」にもつながっているからで(マックス・ウェーバーですね)、

 それらは「感情」の側だけからロジックを組みあげていったのでは到底間に合わない深みのあるもので、「文化」そのものです。



 もし「感情」を過度に強調する教育をしてしまい、
 それが高学歴のもっともらしい(そして人格の良さそうな)インストラクターによって伝えられたために、
 受講生様が金科玉条としてしまい、
 それによって道を誤ってしまうなら、
 それは罪深い教育と言わねばならないでしょう。
 



 このブログでも何度も「感情だけを重視するのは危険」と警鐘を鳴らしていますし、そういった考え方の人がご覧になったら反発されるかもしれませんけれども、その方々は私のやる講座に参加することを断念していただいたら結構なのです。

 地域貢献のため料金設定を他より安くしているので、

「なんでもいいからコーチングの資格を手に入れたい」

という人が、本来「感情重視一辺倒」の考え方なのによく考えずに受講されるのを回避したい。


 また、基礎Aを受講されたあとの方々が、

 ―なにしろ「正田コーチング」は、わかりやすく実践しやすいのが売りなので―

 正田コーチングについて「わかった」つもりになり、勢いづいて他流派のコーチングにどんどん触れ、「感情重視一辺倒流派」にはまりこんでいくのも回避したい。


 残念ながら過去、そういうことが繰り返されてきました。

 どうやってそれをうまく回避できるのか、答えをご存知の方がいらしたらご教示いただきたいものです。


 とにかく、長く読まれている方は「またか」と思われるかもしれませんが、
「感情重視一辺倒流派」の方々は、ご遠慮願いたいものです。その方々はどのみち、「よい企業内コーチ」には、なれません。





 …関連で、これまで封印していたエピソード。


 数年前、あるキャリア論の大学の先生が、ある研修機関(仮に機関Aとしましょう)をしきりに推奨していました。


 私はその先生に手紙を書き、

「『機関A』を受講された方は私の知っている限り、高い確率で会社不適応を起こして会社を辞められています。

 そういう研修機関を推奨されることは、先生の社会的責任からみていかがなものでしょうか」


 決して「うちの団体」とお付き合いしてください、という趣旨ではなく、ただ「ご近所」だったので気になったのであります。


 その先生はそれ以降、「機関A」を推奨するのをやめられていました。


 そして昨年は「機関B」と提携し、年末に「機関C」の人と本を出し、そして今年度は「機関D」と提携されるようであります。


 なんとも忙しい。まあそれは本題ではないからいいんですけど、

(あと「機関D」は私も正しいと思いますけど、いつまでお付き合い続くんだか。。「機関D」の親玉がもし来日したら、セミナーに行こうっと^^v)

何が言いたかったのかというと、
 ある研修が「有益」か「有害」かは、素人の人には(たとえ大学の先生でも)わからないものだ、というお話であります。そうとう賢い人でないと。


 「賢い」というのは、「小利口」ぐらいではだめであります。



 (ちなみにうちの団体は、「さわやかで硬派」と言っていただいております。コップの中の嵐的な話ですね。はい)





神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp 


 12,13日と、コーチング講座Cコース 「ケーススタディー・感情・価値観」を開講。


 実はこれが当協会設立以来、第1期となります。



 「感情」「価値観」と、スキルよりも「内面」の比重が大きいこの講座。

 基礎コースA・Bで扱った「傾聴」「承認」「質問」「フィードバック」などのスキルのさらに奥にあるものを見て、スキルも改めて見直す機会になります。



 「感情」に触れるワークをすると、経営者さんの言葉に重みが出てきます。明らかに発声も話し方も違ってきます。


 また、「価値観」を見つめることで、社内の改善提案をするときの「言い方」を見直そう、というきっかけになった方もいらっしゃいました。


 …なんでそうつながるのかさっぱりわからない、という方もいらっしゃると思いますが、そこは現場で体験していただかないといけません…



「感情とか価値観とか、抽象的だと思われたかもしれませんけど、この講座がマネジメントに役立つものだということ、わかっていただけましたでしょうか?」


 うん、とうなずいてくださった受講生さんたちでした。


 「感情」はものすごく脳のメモリを食うもの。皆さんお疲れ様でした。



 これで、1人の方が基礎コースA、B、Cを初めて「全クリ」されました。
 


 修了証をお出ししないと。また、ちょっと嬉しい正田です。



神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp


 先日、このブログで『職場は感情で変わる』(高橋克徳著)のことを取り上げていて

(「内省にぐっと来る」の記事参照)


 そのとき書きもらしたことに気がつきました。



 この本は沢山の知見を盛り込んで、いい本です。

 ただ、「感情は大事だ」ということを強調すると、それもまた色々弊害のもとになる、ということも見てきましたので、言わなければなりません。



 脳は「感情系優位」になると、だらしなくなる、という現象であります。



 この「感情系優位」という用語は、『脳が冴える15の習慣』などの著者、築山節氏がつかっているので、どれくらい普遍性があるのかわかりませんが、


 『フリーズする脳』でかなり言及されていました。ご興味のある方はご参照ください。


 感情は、たしかに動物である人間のすべての行動のもとで、それを無視するわけにはゆかない。ただし、1人1人が感情本位で動くと、組織というか2人以上の人はすべて「ばらばら」になります。


 人には、面倒なことは回避したい、規則は束縛だと感じる、きらいな人とは話したくない、といった、原始的な欲求があります。


 「感情は大事だ」というとき、残念ながら立派な感情ばかりでなく、それらが出てきてしまいます。

 必要な行動をとらずに、言い訳ばかりする、そしてリーダーには「ぼくのモチベーションを上げてよ」と過大な期待をする、

 そんな厄介な人をつくってしまいかねない。



 …私は仕事柄、というか旧コーチング・リーダーズ・スクエア(CLS)を主宰しながら、

「感情は大事だ」と強調するタイプの研修を受けてきた人がその後どんな行動パターンになったか、人一倍多くみてきてしまったので…



 「モチベーション低下」というと、リーダーシップとか職場環境の問題のようにこれまでは考えられていましたが、


 そういった奇妙な教育研修由来の、いわば自業自得型のモチベーション低下もあるようなのです。


 
 そうした人は、いわば社会人としての基礎が根底から崩れてしまった人です。

 だれに対してもへだてなく挨拶する、必要な行動は「すぐやる」、相手がだれであれ報・連・相をちゃんとする、といったことは、好むと好まざるとにかかわらずやるように、社会人のはじめに教育されたものです。


 それらは、会社組織が成り立つために、あるいはその個人が最低限の社会人として周囲から認められるように、絶対必要なことなのですが、


 そこが崩れてしまった人は、もういちど新人教育と同じ手間をかけて再教育しないといけない。


 それを受け入れられない人は、残念ながらどこの会社でも通用せず、ジプシーになっていくでしょう。


 教育の責任ということを痛感せざるを得ません。




 
 先日パーティーで会った友人から言われた嬉しい言葉。

 忘れたくなかったので、書いておきましょう。


「正田さんが言うと、『承認』はきれいごとでなく真実にきこえる。僕は正田さんから『承認』を教わって、良かった。」




神戸のコーチング講座 NPO法人企業内コーチ育成協会
http://c-c-a.jp
 

このページのトップヘ